このページの本文へ移動

富士通

富士通
FMWORLD[個人]
  1. パソコン・タブレット(Wi-Fi専用) >
  2. 製品のご理解のために

使用上のご注意

  • 製品のご理解のために

  • FMWORLD製品情報ページについてのご注意

    • FMWORLD製品情報ページで使用している製品および画面の写真は開発中のものとなっております。そのため、実際の製品、画面とはデザインなどにおいて異なることがあります。また、記載している仕様、価格、デザインならびにサービス内容などは予告なしに変更することがあります。
    • 画面はハメコミ合成です。
    • お使いのディスプレイにより、FMWORLD製品情報ページの製品写真と実物では色彩が異なる場合があります。
    • FMWORLD製品情報ページに記載しているURLには、フィーチャーフォンでは正しく表示できないサイトがあります。パソコン、タブレット、スマートフォンでご確認ください。
    • FMWORLD製品情報ページのディスク容量は、一般的に1MB=10002バイト、1GB=10003バイト、1TB=10004バイト換算です。1MB=10242バイト、1GB=10243バイト、1TB=10244バイト換算のものとは表記上同容量でも、実容量は少なくなりますのでご注意ください。
    • プレインストールおよび、添付ソフトウェアは、予告なしに変更されることがあります。また、それに伴い一部機能に制限が生じる場合があります。
    • プレインストールおよび、添付ソフトウェアは、市販のパッケージ製品と、添付品・マニュアルなどにおいて一部異なるものがあります。また、マニュアルなどの記載については、一部汎用的な表現を使用している場合があります。
    • プレインストールおよび、添付ソフトウェアの中には、ソフトへのヘルプ機能でマニュアルを代用しているものがあります。
    • FMWORLD製品情報ページに掲載された製品の中には、地域により品薄、品切れになるものがあります。ご購入の際は販売店などにご確認のうえ、お選びください。
  • 製品のご使用について

    • Windows 10、Windows 8.1では、Microsoftアカウント取得のため、インターネットに接続する必要があります。
    • Windows 10、Windows 8.1用などと表記されているソフトウェアおよび周辺機器の中にはパソコン・タブレットで使用できないものがあります。ご購入に際しては、各ソフトウェアおよび周辺機器の販売元にご確認ください。
    • Windows 10、Windows 8.1の一部機能には、追加のハードウェアが必要となる場合があります。詳細はマイクロソフト社のページ(Windows 10についてはこちら、Windows8.1についてはこちら)をご覧ください。
    • 周辺機器ご購入の際には、富士通製品情報ページの「システム構成図」を参照し、接続を確認したうえでお買い求めください。
    • 本製品は、VCCI協会の基準に基づくクラスB情報技術装置です。
    • 本製品および周辺機器は日本国内仕様であり、海外での動作保証は行っておりません。
    • 誤操作や故障などにより、パソコン・タブレットの記憶内容が失われたり、使用できなくなる場合がございますが、保証書に定められた保証サービスを除き、これによる損害などの責任を当社では一切負いかねますのでご了承ください。重要なデータなどはこまめにバックアップを取っておくことをおすすめします。
    • 「Corel® WinDVD®」で動画を再生しているとき、他のソフトウェアの動作状態によっては動画がスムーズに再生されない場合があります。
    • 本製品の内蔵ハードディスクなどの修理時にはインストール内容については保証されません。お客様ご自身で再インストールをしていただきますのでご了承ください。
    • My Cloudサービスは、富士通の裁量により、サービスの全部または一部が終了、変更される場合があります。
    • 液晶ディスプレイは、製造工程により、各製品で色合いが異なる場合があります。また、液晶ディスプレイの特質上、温度変化などで多少の色むらが発生する場合があります。
    • 本製品を台の上に置く場合は、本製品の底面よりも広く水平であること、本製品の質量に耐えられるものであることをあらかじめご確認ください。本製品の底面よりも小さい台に載せますと、転倒のおそれがあり危険です。
    • 本製品をひざの上など直接肌に触れた状態では、長時間使用しないでください。パソコンの底面が熱くなり、低温やけどを起こす可能性があります。
    • 動作時、非動作時にかかわらず、パソコン・タブレット本体が結露しないようにご注意ください。結露が発生したままパソコン・タブレットを使用すると故障の原因となります。
    • 液晶パネルは非常に精度の高い技術で作られておりますが、画面の一部に点灯しないドットや常時点灯するドットが存在する場合があります。これらは液晶パネルの特性によるものであり、故障ではありませんので、あらかじめご了承ください。(有効ドット数の割合は99.99%以上です。有効ドット数の割合とは「対応するディスプレイの表示しうる全ドット数のうち、表示可能なドットの割合」を示しています。)交換、返品はお受けいたしかねます。
    • 本製品には、有寿命部品(LCD、Blu-ray Disc / DVD / CDドライブ、HDD、SSDなど)が含まれています。有寿命部品の交換時期の目安は、使用頻度や使用環境などにより異なりますが、1日約8時間のご使用で約5年です。なお、長時間連続使用など、ご使用状態によっては早期に部品交換が必要となる場合があります。詳しくは、サポートページをご覧ください。
    • 本製品は、24時間以上の連続使用を前提とした設計にはなっておりません。
    • リチウムイオンバッテリ、リチウムポリマバッテリは消耗品です。
    • 本製品の保証期間は1年間です。
    • 本製品の補修用性能部品(製品の機能を維持するために必要な部品)の保有期間は、製造終了後6年間ですが一部の添付品・オプション・周辺機器につきましては異なる場合があります。詳しくは保証内容と修理をご覧ください。
    • Windows 10、Windows 8.1サポート機種については、USBメモリを使用する修理作業が発生する場合があります。
    • 本製品を海外に輸出する、または国外居住者に提供する際には、経済産業省の許可が必要となる場合がありますのでご注意ください。
    • ソフトウェアによっては、本体以外に周辺機器が必要となる場合があります。
    • 本製品を快適にご利用いただくためにはインターネット環境としてブロードバンド回線を推奨いたします。
    • FMWORLD製品情報ページに掲載されている周辺機器をご利用の際は、ドライバー、およびソフトウェアのアップグレードが必要になる場合があります。あらかじめご了承ください。
    • ユーザー登録の際にはお客様の氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどの個人情報を登録していただく必要があります。
  • 64 ビット版OS(Windows 10 home 64ビット版 / Windows 10 Pro 64ビット版 / Windows 8.1 64ビット版 / Windows 8.1 Pro 64ビット版)の使用上のご注意

    • ドライバーは64ビット版対応のものが必要です。32ビット互換モードでは動作しません。
    • 64ビット版に対応していないソフトウェアは、32ビット互換モードで動作します。ただし一部動作しないものもあります。
    • 64ビット版OSでは16ビット版用のソフトウェアは、動作しません。
    • 64ビット版OSのパフォーマンスを発揮するには、64ビット版に対応したソフトウェアとドライバー類が必要です。
    • ホームページを表示させるために必要な一部のプラグインが32ビット版向けのみの提供となっていますので、Windows 8.1 64ビット版 / Windows 8.1 Pro 64ビット版 に含まれているInternet Explorer(64ビット版)では表示されないページがあります。Internet Explorer(32ビット版)の使用を推奨します。
  • Blu-ray Disc に関するご注意(AH90/B1、AH77/B3、AH53/B3、AH45/B3、AH-MR/B3、FH90/B2、FH77/B3、WA3/B3(注1)、WA2/B3(注1)、WS1/B3(注1)、WF2/B2(注1)、WF1/B3(注1)、WD2/B2(注1)、WD1/B2(注1)、WA1/B2(注1)、WA1/A3(注1))

    • 市販されているBlu-ray Discや、デジタル放送を移動(ムーブ)/ ダビングしたコンテンツの再生には「Corel® WinDVD®」を使用してください。Blu-ray Discの再生には「Windows Media® Player」やその他の市販ソフトを使用できません。
    • 「Corel® WinDVD®」でBlu-ray Discを再生する際は、ご購入時の状態から最新状態に更新してください。「Corel® WinDVD®」を更新するには、サポートページから対応プログラム(随時更新)をダウンロードして、インストールしてください。
    • Blu-ray Discでは著作権保護されたコンテンツを録画・編集・再生するために著作権保護技術AACSを採用しています。Blu-ray Discを継続的にお楽しみいただくためには、定期的にAACSキーを更新することが必要です。AACSキーは「Corel® WinDVD®」または、「DigitalTVbox」が表示するメッセージに従いインターネットに接続することで更新することができます。更新されない場合には、著作権保護されたコンテンツの録画・編集・再生ができなくなる可能性があります。本製品にインストールされた「Corel® WinDVD®」または、「DigitalTVbox」は製品出荷開始後5年間はAACSキーの更新を行うことができます。それ以降の対応につきましては、「次世代DVD(Blu-ray Disc/HD DVD)に関するご注意」でご確認ください。
    • Blu-ray Disc再生機能はコンテンツ内蔵のプログラムに従って作動しますので、コンテンツによって、操作方法、操作時の画面、効果音、アイコンなどの機能・動作は、それぞれ異なる場合があります。これらの詳細は、コンテンツに添付されている取扱説明書を参照されるか、発売メーカーに直接お問い合わせください。
    • Blu-ray Discの再生にはCPUなどのハードウェア性能の関係で動画や音声をスムーズに再生できず、コマ落ちや音途切れが発生する場合があります。また、使用するBlu-ray Discのタイトルによってもコマ落ちや音途切れが発生するものや、再生できないタイトルがあります。
    • Blu-ray Discを再生する前に、他のアプリケーションを終了させてください。また、再生中に他のアプリケーションを起動させたり、他の操作は行わないでください。
    • 「DigitalTVbox」でテレビ番組を録画中は、Blu-ray Discを再生しないでください。Blu-ray Discの再生およびテレビ番組の録画が正しく動作しない場合があります。また、Blu-ray Disc再生中に、テレビ録画の予約番組が開始されると、Blu-ray Discの再生およびテレビ番組の録画が正しく動作しない場合がありますので、録画予約されていない時間帯にBlu-ray Discを再生してください。
    • Blu-ray Discの再生を開始するまでに、時間がかかる場合があります。
    • Blu-ray Audioの再生時には、ハイレゾ再生ができません。
    注1 カスタムメイドモデルで「Blu-ray Disc ドライブ」選択時のみ。
  • マウス、Blu-ray Disc/DVD/CDドライブ、スーパーマルチドライブユニット(オプション)について

    • 本製品に添付されているマウス、搭載されているBlu-ray Disc/DVD/CDドライブ、オプションのスーパーマルチドライブユニットはレーザーを使用しています。

    クラス1レーザー製品

  • 無線LAN / Bluetooth®対応製品使用上のご注意

    • 5.2 / 5.3GHzの周波数帯は屋内のみご使用できます。屋外での使用はできません。また、2.4GHzの周波数帯では、電子レンジなどの産業・科学・医療用機器のほか、他の無線LANシステム、工場の製造ラインなどで使用される免許を要する移動体識別用構内無線局、免許を必要としない特定小電力無線局、アマチュア無線局など(以下「他の無線局」と略す)が運用されています。
    • 本製品の使用前に、近くに医療機関や工場がないことを確認してください。
    • 万一、本製品と「他の無線局」との間に電波干渉が発生した場合には、速やかに本製品の使用チャンネルを変更するか、使用場所を変えるか、または本製品の運用を停止してください。
    • 無線LANの2.4GHz帯を使用している無線設備は、全帯域を使用し、かつ移動体識別装置の帯域を回避可能です。変調方式としてはDS-SS方式およびOFDM方式を採用しており、与干渉距離は40mです。
    • Bluetooth®対応製品は2.4GHz帯を使用する無線設備で、全帯域を使用し、かつ移動体識別装置の帯域が回避不可です。変調方式としてはFH-SS方式を採用しており、与干渉距離はAHシリーズ、FHシリーズは40m、UHシリーズ、SHシリーズ、RHシリーズは80mです。WA3/B3、WA2/B3、WA1/B2、WA1/A3、WF2/B2、WF1/B3は40m、WU2/B3、WS1/B3、WD2/B2(無線LANオプション選択時)、WD1/B2(無線LANオプション選択時)、WQ2/B1は80mです。
    • 無線LANでの通信とBluetooth®機能での通信を同時に利用できない場合があります。
    • ワイヤレス製品は日本仕様のため、日本国内以外ではご使用になれません。
    • 心臓ペースメーカーの装着部位から22cm以上離してください。電波によりペースメーカーの作動に影響を及ぼすことがあります。
    • 無線LANではセキュリティの設定をすることが非常に重要です。詳細については、「無線LAN製品ご使用時におけるセキュリティに関するご注意」をご覧ください。
    • すべての無線機器の動作を保証するものではありません。
  • NFCに関するご注意(AH90/B1)

    • NFC搭載製品は、すべてのデバイスの読み取りを保証するものではありません。
  • Windows Mixed Reality Headsetに関するご注意

    • 13歳未満のお子様は、本製品を使用しないでください。
    • 本製品は安全を確保できる状態でお使いください。
    • 本製品の使用中に不快を感じたり、体調不良になった場合は直ちに使用を中断してください。
  • 著作権に関するご注意

    • 音楽や画像などの著作物は、著作権法で保護されています。音楽の録音・複製(データ形式の変換を含む)などは、お客様個人、またはご家庭内で楽しむ目的でのみ行うことができます。音楽や画像をネットワーク上で配信するなど、上記目的を超える場合は、著作権者の許諾が必要です。
  • 指紋認証機能の特性とご注意(AH77/B3、AH-MR/B3、UH90/B3、UH75/B3、UH55/B3、SH90/B3、SH75/B3、WA3/B3(メタリックブルー選択時のみ)、WU2/B3、WS1/B3)

    • 本機能は画像に含まれる指紋の特徴をもとに照合を行うものです。このため、人によっては指紋の特徴情報が少なく、登録操作ができない場合があります。
    • 指の状態が以下のような場合は指紋の登録が困難になったり、認証率(正しく指をスライドまたはタッチさせた際に指紋が認証される割合)が低下することがあります。・濡れたり、汗をかいている場合 ・お風呂上がりなどで指がふやけている場合 ・指に汗や油が多く、指紋の間が埋まっている場合 ・手が荒れたり、指に損傷(切傷、ただれなど)を負っている場合 ・手が極端に乾燥していたり、乾燥肌の場合 ・指が泥や油などで汚れている場合 ・太ったり、やせたりして指紋が変化した場合 ・磨耗して指紋が薄くなった場合。
    • 指紋認証技術は完全な本人認証・照合を保証するものではありません。当社では本製品を使用されたこと、または使用できなかったことによって生じるいかなる損害に関しても、一切責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。
  • 顔認証機能のご注意(AH90/B1、FH90/B2、WF2/B2)

    • 直射日光の当たる窓際など、お使いの環境によっては正しく認証できない場合があります。
    • 顔認証技術は完全な本人認証・照合を保証するものではありません。当社では本製品を使用されたこと、または使用できなかったことによって生じるいかなる損害に関しても、一切責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。
  • デジタル放送対応モデルご購入前のご注意(FH90/B2、FH77/B3、WF2/B2(注2)、WF1/B3(注2))

    電波・受信・施設(アンテナなど)について

    • デジタル放送をご覧いただくためには、アンテナケーブル(別売)の他に、利用環境によっては分配器(別売)もしくは混合器(別売)などが必要となります。
    • 地上デジタル放送をご覧いただくには、地上デジタルの送信局に向けてアンテナを設置する必要があります。専用のUHFアンテナやデジタル放送対応のブースター(別売)やアッテネーター(別売)などが必要になる場合があります。放送エリア内であっても、地形やビルなどにより電波が遮られ、視聴できない場合があります。
    • 地上デジタル放送が送り届けられない地区にお住まいの方は、別途地デジ難視聴対策衛星放送の対応が必要になります。地上デジタル放送の放送エリアについては、一般社団法人デジタル放送推進協会のホームページでご確認ください。
    • BSデジタル・110度CSデジタル放送が地上デジタル放送と異なるケーブルで伝送されている場合は、混合器を使ってBSデジタル・110度CSデジタル放送と地上デジタル放送を一本のケーブルにまとめてから接続してください。BSデジタル・110度CSデジタル放送をご覧いただくには、BSデジタル・110度CSデジタル放送に対応した衛星アンテナが必要です。分配器やブースターなどをご利用の場合は2150MHz対応の伝送機器が必要です。また、チャンネルによっては加入契約が必要です。
    • BSデジタル・110度CSデジタル放送などの衛星放送は、雷雨や豪雨のような強い雨が降ったり雪がアンテナに付着すると電波が弱くなり、一時的に画面にノイズや音声に雑音が出たり、最悪の場合には全く受信できなくなることがあります。これは気象条件によるものです。また、衛星あるいは放送局側のトラブルにより放送がご覧になれない場合があります。
    • ケーブルテレビをご利用のお客様は、伝送方式によっては地上デジタル放送をご利用になることができません。あらかじめ、伝送方式について、ご利用のケーブルテレビ会社にご確認ください。なお、本製品は同一周波数パススルー(放送電波と同じチャンネルでUHF帯で送信される)方式、周波数変換パススルー(放送電波をVHF・MID・SHB帯に周波数変換して送信される)方式に対応しており、この場合ケーブルテレビの端子に本製品をそのまま接続することで地上デジタル放送をご利用いただくことが可能です。

    共聴施設・集合住宅施設におけるデジタル放送受信について

    • 難視聴対策、電波障害対策の共聴施設や、集合住宅における共同受信施設では、デジタル放送受信のために、アンテナやブースターなどの機器の再調整、追加、あるいは取り替えが必要になる場合があります。詳しくは施設管理者へお問い合わせください。

    デジタル放送のコピー制御について

    • 地上デジタル放送・BSデジタル放送の番組は、コピー制御信号を加えて放送されています。コピー制御に伴い、デジタル放送を視聴・録画するためには、受信機器に「miniB-CAS(ビーキャス)カード」を挿入することが必要になります。miniB-CASカードは、FH90/B2、FH77/B3、WF2/B2(注2)、WF1/B3(注2)に標準添付しています。
      コピー制御の仕組みに関する一般的なお問い合わせはコピー制御お問い合わせセンターTel:0570-000-288(受付時間:10時〜20時)へ

    視聴・録画について

    • デジタル放送を視聴・録画するためには、本製品に添付の「miniB-CASカード」をパソコンに挿入しておく必要があります。ただし、録画禁止信号が加えられた番組は録画することはできません。
    • テレビ機能のない他のパソコン・スマートフォン・タブレットでテレビを楽しむには、パソコン・スマートフォン・タブレットにピクセラ社製「StationTV」(無料)のインストールが必要です。さらに、外からテレビを楽しむ場合は、パソコン・スマートフォン・タブレットにピクセラ社製「StationTV」の「リモート視聴プラグイン」(有料)のインストールが必要です。「StationTV」はピクセラ社のサポートとなります。詳しくは「StationTV」をご覧ください。
    • ピクセラ社製「StationTV」を利用した宅内宅外視聴機能を利用する場合、テレビ機能のあるパソコンでもCPUがCeleronのモデルは非対応となります。
    • デジタル放送は、OSを起動後に対応するソフトウェアで視聴できます。
    • デジタル放送の視聴、デジタル放送の録画、ハードディスクに録画したデジタル放送の番組の再生は、「DigitalTVbox」のみ対応しています。
    • 「DigitalTVbox」での「受信レベル」が60以上であることがデジタル放送を見るための目安です。60未満の時は、アンテナ(別売)や、ブースター(別売)、アッテネーター(別売)、混合器(別売)などの追加や調整が必要になる場合があります。
    • 予約録画はサインインしているユーザーアカウントの種類が「管理者」または、「標準」ユーザーの場合のみ動作します。「Guest」ユーザーでサインインした状態では、視聴および予約録画が開始しませんのでご注意ください。
    • Windowsの「ユーザーの切り替え」に対応していないため、録画中に「ユーザーの切り替え」を行うと、録画が停止します。「ユーザーの切り替え」を行う際は、録画中でないことを確認してください。
    • 「DigitalTVbox」を起動中、WordやExcelなどの一部のソフトウェアによって、画像やグラフ、セルのコピーや切り取ったデータの貼り付けができない場合があります。その場合は一度「DigitalTVbox」を待機モードにするか、終了してください。
    • 外付けハードディスクなどにバックアップ(一時的にデータを退避)することは可能ですが、再生するためには録画した機器の録画したフォルダーに戻す必要があります。バックアップするためには録画データより大きい空き領域が必要ですのでご注意ください。なお、他のパソコン・タブレット・スマートフォン、録画 / 再生機器やBlu-ray DiscやDVD、外付けハードディスクにコピーまたは移動して再生することはできません。
    • 録画は本製品に内蔵のハードディスク、SSD、もしくは対応の外付けハードディスクの専用フォルダーにのみ可能です。Blu-ray DiscやDVDには録画できません。
    • 録画済み番組のデータのコピーはサポートしていません。
    • 外付けハードディスクは、USBハブを経由せずに、パソコン本体のUSBポートに直接接続してください。
    • 外付けハードディスクの性能やパソコンの利用状況によっては、コマ落ちなどが生じる場合があります。
    • 外付けハードディスクをご利用される際はNTFS形式でフォーマットしてからご利用ください。
    • 「DigitalTVbox」は、USB接続の音声機器への出力には対応していません。また、Bluetooth®音声機器への出力には対応していません。
    • 他のソフトウェアの動作状況などご利用環境によっては、コマ落ちなどが生じる場合がありますが、故障ではありません。CPUがIntel®Celeronプロセッサーの場合は、録画済み番組のダビング/ムーブ中の視聴画面にコマ落ちが発生する場合がありますが、故障ではありません。また、書き出した録画番組の再生には問題ありません。
    • Blu-ray DiscやDVDへの直接録画はできません。一度ハードディスク、SSDに録画してから媒体へ保存してください。

    保存について

    • ハードディスク、SSDに録画した「ダビング10」対応の番組は、Blu-ray DiscもしくはCPRM対応のDVDにコピー9回と移動(ムーブ)1回を行うことができます。10回目は移動(ムーブ)となり、ハードディスク、SSDの録画番組データは消去されます。
    • デジタル放送のすべての番組が「ダビング10」対応ではありません。「ダビング10」の対応状況については、各放送局にお問い合わせください。
    • 録画番組を保存したBlu-ray DiscやDVDを、パソコンやパソコン以外で再生する場合、CPRMやAACS、AVCRECに対応した「Corel® WinDVD®」やプレーヤー、レコーダーをご使用ください。
    • 1枚のDVDに書き出せる時間は可変ビットレート(VBR)のMPEG2に変換するため、録画番組により変動します。
    • DVDへの保存は、フォーマット変換処理を行うため、録画番組の再生時間よりも長い時間が必要になります。
    • 録画番組をダビングしたSeeQVaultメディアを、パソコンやパソコン以外で再生する場合、「CyberLink SeeQVault Player」や、SeeQVault対応し、かつ、DigitalTVboxが対応しているファイルシステム(NTFS、FAT32、exFAT)に対応したプレーヤー、レコーダーをご使用ください。
    • 録画した番組のBlu-ray Disc、DVD、SeeQVaultメディアへの保存中は、手動でスリープ状態に移行しようとしても、スリープ状態へは移行せずにアウェイモードへ移行します。
    • Blu-ray Disc、DVD、SeeQVaultメディアへの保存中は、録画番組の視聴はできません。
    • Blu-ray DiscもしくはDVDに保存した番組を、パソコンや他の機器・媒体に再度保存することはできません。
    • FH90/B2、WF2/B2(注2)(注3)、WF1/B3(注2)(注3)でBlu-ray Discに保存した場合は、字幕放送、データ放送、番組情報を保存しますが、データ放送、番組情報は「Corel® WinDVD®」では表示されません。
    • FH77/B3、WF2/B2(注2)、WF1/B3(注2)でDVDにAVCRECで保存した場合は、字幕放送、データ放送、番組情報を保存しますが、データ放送、番組情報は「Corel® WinDVD®」では表示されません。DVDにVR方式で保存した場合は、字幕放送、データ放送、番組情報が保存されません。SeeQVaultメディアに保存した場合は、字幕放送、データ放送、番組情報を保存しますが、データ放送、番組情報は「CyberLink SeeQVault Player」では表示されません。

    修理について

    • 本製品は高度な暗号化技術を使っているため、故障内容により、修理しても録画した番組が再生できなくなる場合があります。また、修理可能でも時間がかかる場合があります。あらかじめご了承ください。

    その他

    • 双方向サービスをご利用いただくには、有線LANによるインターネット接続が必要となり、別途通信料がかかることがあります。無線LANによる双方向サービスはサポートしていません。
    • BSデジタル放送、および110度CSデジタル放送の一部の番組で提供されている、電話回線を使った双方向サービスをご利用になる場合は、外付けモデムを別途ご用意ください。
    • 本製品のデジタル放送の録画については、ARIB規定に準拠した方式を採用しています。
    注2 カスタムメイドモデルで「内蔵TVチューナー」選択時
    注3 カスタムメイドモデルで「Blu-ray Disc ドライブ」選択時
  • 安全に関するご注意

    • ご使用の際は、マニュアルの「安全上のご注意」をよくお読みのうえ、正しくお使いください。水、湿気、ほこり、油煙、腐食性ガス(例えば温泉からでる硫黄ガス)などの多い場所に設置しないでください。
      火災、故障、感電などの原因となることがあります。表示された正しい電源・電圧でお使いください。
  • 商標について

    • Intel、インテル、Intelロゴ、Intel Inside、Intel Insideロゴ、Intel Atom、Intel Core、Core Inside、Celeronは、アメリカ合衆国および/またはその他の国におけるIntel Corporationの商標です。
    • AMD、AMD Arrowロゴ、Radeon、およびそれらの組み合わせは、Advanced Micro Devices, Inc.の商標です。
    • HDMI、High-Detinition Multimedia Interface、およびHDMIロゴは、米国およびその他の国におけるHDMI Licensing LCCの商標または登録商標です。
    • Bluetooth®のワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG,Inc.が所有する登録商標であり、富士通株式会社および富士通クライアントコンピューティング株式会社はこれらのマークをライセンスに基づいて使用しています。
    • “メモリースティック”および“FeliCa”はソニー株式会社の商標または登録商標です。FeliCaは、ソニー株式会社が開発した非接触ICカードの技術方式です。
    • SDXC ロゴは、SD-3C, LLC. の商標です。
    • 「i-フィルター」はデジタルアーツ株式会社の商標です。
    • Manufactured under license from DTS Licensing Limited. DTS, the Symbol, &DTS and the Symbol together are registered trademarks, and DTS UltraPC II Plus and DTS Boost are trademarks of DTS,Inc.
    • 「Sound by Pioneer」とそのロゴは、パイオニア株式会社の商標または登録商標です。
    • Blu-ray Disc™、Blu-ray™、BDXL™、およびその関連ロゴは、ブルーレイディスク アソシエーションの商標です。
    • Dragontrail®は、旭硝子株式会社の登録商標です。
    • IGZOロゴはシャープ株式会社の登録商標です。
    • 「楽天Edy(ラクテンエディ)」は、楽天グループのプリペイド型電子マネーサービスです。
    • McAfee、マカフィー、McAfeeのロゴ、LiveSafe、リブセーフ、True Key、True Keyのロゴは、米国法人 Intel Corporation またはMcAfee, Inc.、もしくは米国またはその他の国の関係会社における商標です。
    • StationTVは、日本国における株式会社ピクセラの登録商標です。
    • N-Markは米国およびその他の国におけるNFC Forum,Inc.の商標または登録商標です。
    • ODMDは、オンキヨー株式会社の登録商標です。
    • MaxxAudioは、Waves Audio Ltd. の米国およびその他の国における登録商標です。
    • SeeQVaultおよびSeeQVaultロゴはNSMInitiativesLLCの商標です。
    • DigiOn、CurioSoundは、株式会社デジオンの登録商標または商標です。
    • その他の記載されている製品名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。
    • その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。

    Fujitsu disclaims that the products under this catalog or peripheral devices of the products conform standards or requirements of countries or regions outside Japan nor are compatible with any products or devices other than expressly so stated by Fujitsu in writing.
    [ESPRIMO]Repair and technical support requests are accepted only in Japan.

表示 : スマートフォン | パソコン