このページの本文へ移動

富士通富士通

法人のお客様はこちら

FMWORLD[個人]

90秒でわかるarrows

90秒でわかるarrows

スライドインランチャー

「スライドインランチャー」でパッとアプリを起動!

いろいろな機能やアプリを便利に活用できるのもスマートフォンの魅力ですよね。でも、できることが多彩なだけに、使いたいものを探すのがちょっともどかしい・・・。そんなときこそ、arrowsの「スライドインランチャー」の出番。使いたい機能やアプリを登録しておけば、スライドするだけで、すぐに起動できるのです。動画でも、アプリの使い方次第で明暗が分かれて・・・!

スライドインランチャーとは…?

設定やアプリのショートカットなどが配置できる機能です。
よく使うアプリや設定などのショートカットをスライドインランチャーに登録しておけば、左下注1からスライドするだけでどの画面でもすぐに起動できます。ホーム画面に戻る時間も手間も省略できるので、とても便利です。

注釈

  • 注1:スライド位置はデフォルトの場合です。場所は変更可能です。

こんなときにも便利!

  1. アプリが多すぎて、利用したいアプリが見つからないとき
  2. メールを入力している最中に、ブラウザで調べ物をするとき
  3. ブラウザで検索した情報をメールなどで送るとき

など

スライドインランチャー設定操作方法

スライドインランチャー起動操作

ランチャー スライドスポット設定操作

ランチャー 設定操作(1)

ランチャー 設定操作(2)

ランチャー 項目変更操作

注釈

  • 操作画面はF-02GのNX!ホームで紹介しています。

スライドインランチャー起動操作

スライドインランチャー起動操作

(1)
ランチャーを起動したい画面

左下からスライド。

(2)
ランチャーを起動したい画面

スライドインランチャーが表示。

ランチャー スライドスポット設定操作

ランチャー スライドスポット設定操作

(1)
例:ホーム画面

左下からスライド。

(2)
例:ホーム画面

」をタップ。

(3)
スライドイン機能画面

「スライドスポット」をタップ。

(4)
スライドスポット画面

設定するスポットの「未使用」をタップ。

(5)
スライドスポット画面

設定する機能をタップ。

ランチャー 設定操作(1)

ランチャー 設定操作(1)

(1)
例:ホーム画面

左下からスライド。

(2)
例:ホーム画面

」をタップ。

(3)
スライドイン機能画面

「ランチャー設定」をタップ。

(4)
ランチャー設定画面

ランチャーを選択。

(5)
ランチャー設定画面

登録する位置を選択(「+」をタップ)。

(6)
ランチャー設定画面

登録する「項目」をタップ。

(7)
ランチャー設定画面

アプリの場合、登録するアプリをタップ。

(8)
ランチャー設定画面

選択した位置に項目が表示。

ランチャー 設定操作(2)

ランチャー 設定操作(2)

(1)
例:メール作成画面

左下からスライド。

(2)
例:メール作成画面

「+」をタップ。

(3)
ランチャー設定画面

登録する「項目」をタップ。

(4)
ランチャー設定画面

アプリの場合、登録するアプリをタップ。

ランチャー 項目変更操作

ランチャー 項目変更操作

(1)
例:メール作成画面

左下からスライド。

(2)
例:メール作成画面

変更する項目をロングタッチ。

(3)
ランチャー設定画面

登録する「項目」をタップ。

(4)
ランチャー設定画面

アプリの場合、登録するアプリをタップ。



掲載の画像はすべてイメージです。