このページの本文へ移動

富士通

法人のお客様はこちら

電池の持ちをよくするには、どうすればよいですか?

カテゴリ 電源・電池・充電関連
質問 電池の持ちをよくするには、どうすればよいですか?
回答

バッテリーセーバー(※)により自動的に電池の持ちを長くする設定に切り替えることが可能です。
ホーム画面から[設定]→[電池]→[バッテリーセーバー]によりバッテリーセーバーの起動条件(電池残量)の設定を行うことができます。

さらに以下を実施することで消費電流を減らすことが可能です。
<画面関連>
・画面の明るさを暗くする
・ディスプレイのスリープを短い時間(「15秒」等)に設定する
・持ってる間ON設定を「OFF」にする
・動画補正、および静止画補正を「OFF」にする
・壁紙にライブ壁紙を設定しない(写真等の静止画を設定する)

<通信関連>
・Wi-Fiを使用しない場合はWi-Fiを「OFF」にする
(使用可能なWi-Fiスポットがある場合はWi-Fiを「ON」にしてWi-Fiでデータ通信を行い、使用可能なWi-Fiスポットがない場合はWi-Fiを「OFF」にした方が電池持ちがよくなります。)
・テザリングを利用していない時はテザリングをOFFにする
・Bluetoothを使用しない場合はBluetoothを「OFF」にする
・GPSを使用しない場合はGPSを「OFF」にする
・「圏外」の場所では電源を切る
・アカウントの自動同期を「OFF」にする

<アプリケーション関連>
・各アプリケーションの自動更新を停止する
  ※アプリケーションの自動更新を停止することができます。Playストアから[設定]→「アプリの自動更新」で設定できます。ドコモアプリは「ドコモのサービス/クラウド」→「ドコモアプリ管理」→「通知/自動アップデート」→「自動アップデート」で設定できます。
・不要なアプリケーション、ウィジェットを削除する。
  アプリケーションによっては、バックグラウンドで動作しているものがあり、それが電池の消耗に結びついている場合があります。また、定期的に通信を行うウィジェット(ニュース等)/アプリケーション(株価情報等)が常駐していると電池持ちが悪くなります。ホーム画面から[設定]→[アプリと音・バイブ]→[アプリ情報]で不要なアプリを選択し、アプリケーションのアンインストールを実施してください。また、ホーム画面の不要なウィジェットは長押しを実施してホーム画面上から削除してください。
・アプリケーションの終了
  実行中のアプリケーションが多くなると、電池を消費します。履歴ボタン(□アイコン)を押して、使っていないアプリケーションを終了させてください。以下の手順でも実施可能です。


  ホーム画面から[設定]→[アプリと音・バイブ]→[アプリ情報]を選択→「強制停止」
(※)
エコモードは廃止となり、バッテリーセーバーにて対応となります。
[設定]→[電池]→[バッテリーセーバー]→
「ON」または「自動的にON(使用しない)(電池残量が5%)(電池残量が15%)」
・下記が設定されます。
1. 明るさのレベル
2. 画面切り替え時のアニメーション

質問

電池の持ちをよくするには、どうすればよいですか?

電源・電池・充電関連

バッテリーセーバー(※)により自動的に電池の持ちを長くする設定に切り替えることが可能です。
ホーム画面から[設定]→[電池]→[バッテリーセーバー]によりバッテリーセーバーの起動条件(電池残量)の設定を行うことができます。

さらに以下を実施することで消費電流を減らすことが可能です。
<画面関連>
・画面の明るさを暗くする
・ディスプレイのスリープを短い時間(「15秒」等)に設定する
・持ってる間ON設定を「OFF」にする
・動画補正、および静止画補正を「OFF」にする
・壁紙にライブ壁紙を設定しない(写真等の静止画を設定する)

<通信関連>
・Wi-Fiを使用しない場合はWi-Fiを「OFF」にする
(使用可能なWi-Fiスポットがある場合はWi-Fiを「ON」にしてWi-Fiでデータ通信を行い、使用可能なWi-Fiスポットがない場合はWi-Fiを「OFF」にした方が電池持ちがよくなります。)
・テザリングを利用していない時はテザリングをOFFにする
・Bluetoothを使用しない場合はBluetoothを「OFF」にする
・GPSを使用しない場合はGPSを「OFF」にする
・「圏外」の場所では電源を切る
・アカウントの自動同期を「OFF」にする

<アプリケーション関連>
・各アプリケーションの自動更新を停止する
  ※アプリケーションの自動更新を停止することができます。Playストアから[設定]→「アプリの自動更新」で設定できます。ドコモアプリは「ドコモのサービス/クラウド」→「ドコモアプリ管理」→「通知/自動アップデート」→「自動アップデート」で設定できます。
・不要なアプリケーション、ウィジェットを削除する。
  アプリケーションによっては、バックグラウンドで動作しているものがあり、それが電池の消耗に結びついている場合があります。また、定期的に通信を行うウィジェット(ニュース等)/アプリケーション(株価情報等)が常駐していると電池持ちが悪くなります。ホーム画面から[設定]→[アプリと音・バイブ]→[アプリ情報]で不要なアプリを選択し、アプリケーションのアンインストールを実施してください。また、ホーム画面の不要なウィジェットは長押しを実施してホーム画面上から削除してください。
・アプリケーションの終了
  実行中のアプリケーションが多くなると、電池を消費します。履歴ボタン(□アイコン)を押して、使っていないアプリケーションを終了させてください。以下の手順でも実施可能です。


  ホーム画面から[設定]→[アプリと音・バイブ]→[アプリ情報]を選択→「強制停止」
(※)
エコモードは廃止となり、バッテリーセーバーにて対応となります。
[設定]→[電池]→[バッテリーセーバー]→
「ON」または「自動的にON(使用しない)(電池残量が5%)(電池残量が15%)」
・下記が設定されます。
1. 明るさのレベル
2. 画面切り替え時のアニメーション