このページの本文へ移動

法人向けパソコン Windows 10 Creators Update動作確認情報 - 注意事項

注意事項

内容

「Windows Defender セキュリティーセンター」から「新たに開始」を実行すると、Windows 10 Creators Updateに標準搭載されていないすべてのアプリが削除されます。

詳細・対処方法

本機能を利用すると、Windows標準のアプリを除いた、OfficeなどのMicrosoftアプリやウイルス対策ソフトウェア、パソコンにインストールされたすべてのアプリが削除されます。
また、本機能を実行した後に、「設定」→「更新とセキュリティ」→「回復」→「このPCを初期状態に戻す」を行うと、ご購入時の初期設定が保持されず、プレインストールされている富士通のアプリを回復することはできません。

お使いのパソコンで本機能を利用される前に、必要なデータはバックアップしてください。
また、ご利用の環境をバックアップすることをお勧めします。

「回復ドライブ」作成手順

  • 32GB以上の容量を持つ、USBメモリをご用意ください。
  • USBメモリのデータはすべて削除されます。必要に応じてバックアップをとってください。
  • 一部の高機能な暗号化機能付きUSBメモリは、お使いいただけないことがあります。
  1. 「スタート」ボタンをクリックします。
  2. 「Windows システムツール」→「コントロールパネル」の順にクリックします。
  3. 右上の「コントロールパネルの検索」欄に「回復」と入力します。
  4. 表示された検索結果から「回復」をクリックします。
  5. 「高度な回復ツール」の「回復ドライブの作成」をクリックします。
    「ユーザーアカウント制御」が表示されたら、「はい」をクリックします。
  6. 「回復ドライブの作成」が表示されたら、「システムファイルを回復ドライブにバックアップします。」にチェックが入っていることを確認し、「次へ」をクリックします。
  7. 「USBフラッシュドライブの接続」が表示されたら、32GB以上の容量を持つUSBメモリを接続し、「次へ」をクリックします。
  8. 「USBフラッシュドライブの選択」で、「作成」をクリックします。
    「回復ドライブ」の作成が開始されます。
  9. 「回復ドライブの準備ができました」と表示されたら、「完了」をクリックし、USBメモリを取り外します。
    「回復ドライブ」の作成が完了しました。

削除されたアプリを元に戻すためには、事前に作成した回復ドライブ、リカバリディスク、または内蔵ディスクのリカバリデータよりリカバリを行い、パソコンの状態をご購入時の状態に戻してください。

パソコン購入時にインストールされていなかったアプリは復元されません。
パソコンの状態を回復またはリカバリ後に、アプリを再インストールしてください。