このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【0108-5879】更新日:2011年3月16日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

[DVDドライブ共有機能設定] USB接続でDVDドライブを共有する方法を教えてください。

対象機種とOS (全て表示) このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 2010年夏モデルLIFEBOOK MH380/1A、他・・・
対象OS
  • Windows 7 Starter

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

USBクライアントポートを利用したネットワーク経由で、DVDドライブ共有機能設定を使用する方法を教えてください。

回答

DVDドライブ共有機能設定は、2009年冬モデル〜2010年夏モデルの一部の機種に搭載されています。

USBクライアントポートを搭載した機種では、USBで接続した他のパソコンのCD/DVDドライブを、外付けCD/DVDドライブのように使用できます。

重要
本Q&Aは、USB接続でDVDドライブ共有機能設定を使用する方法です。
LAN接続で、DVDドライブ共有機能設定を使用する場合は、次のQ&Aをご覧ください。

Q&A[DVDドライブ共有機能設定] LAN接続でDVDドライブを共有する方法を教えてください。(新しいウィンドウで表示)

アドバイス
本Q&Aでは、DVDドライブを搭載しているパソコンと、DVDドライブをネットワーク経由で使用するパソコンを次のように示します。

  • DVDドライブを搭載しているパソコン: ホストPC

  • DVDドライブをネットワーク経由で使用するパソコン: クライアントPC


手順1DVDドライブ共有機能設定の機能を確認する

DVDドライブ共有機能設定を使用する前に、次の内容を確認してください。


DVDドライブ共有機能設定で「できること」と「できないこと」

DVDドライブ共有機能設定を使用して、クライアントPCの「できること」と「できないこと」は次のとおりです。

  • できること

    • CD/DVDにあるファイルの参照や実行

      具体的には、CD/DVDにあるファイルをクライアントPCへコピーしたり、アプリケーションのインストールファイルを実行して、クライアントPCにインストールしたりできます。

  • できないこと

    • 音楽CDやDVDビデオの再生

    • 音楽CDのリッピング
      (携帯オーディオプレイヤー用のデータの取り込みも含む)

    • CD/DVDへの書き込み

    • DVDからのリカバリ

ホストPCで使用できるOS

ホストPCとして使用できるのは、次のOSが搭載されているパソコンです。
動作保証しているのは、次のOSがプレインストールされているFMVシリーズのパソコンに限ります。



手順2ユーザーアカウントを設定する

ホストPCとクライアントPCのユーザーアカウントにパスワードを設定します。

ユーザーアカウントにパスワードを設定する方法は、お使いのOSに応じて、次のQ&Aをご覧ください。



手順3ネットワークを設定する

CD/DVDドライブを共有できるように、ネットワークを設定します。


コンピューター名とワークグループを設定する

ホストPCとクライアントPCのコンピューター名とワークグループを、次のとおりに設定します。

  • ワークグループ

    ホストPCとクライアントPCを、同じワークグループに設定します。

    【例】
    • ホストPCのワークグループ:WORKGROUP
    • クライアントPCのワークグループ:WORKGROUP

  • コンピューター名

    ホストPCとクライアントPCは、異なるコンピューター名を付けます。

    【例】
    • ホストPCのコンピューター名:FMV-1234
    • クライアントPCのコンピューター名:FMV-5678
コンピューター名とワークグループの設定方法は、次のQ&Aをご覧ください。

Q&Aワークグループやコンピュータ名を設定する方法を教えてください。(新しいウィンドウで表示)


ホームネットワークへの参加を終了する

Windows 7のホームネットワーク機能とDVDドライブ共有機能設定を同時に利用しようとすると、DVDドライブを正しく共有できないことがあります。

クライアントPCがWindows7のホームネットワークに参加しているときは、次の手順で、参加を終了します。

操作手順

この手順は、クライアントPCで実行します。

  1. 「スタート」ボタン→「コントロールパネル」の順にクリックします。

  2. 「コントロールパネル」が表示されます。
    「ネットワークとインターネット」の項目の「ホームグループと共有に関するオプションの選択」をクリックします。

    ホームグループと共有に関するオプションの選択

    アドバイス
    「ホームグループと共有に関するオプションの選択」が表示されていない場合は、「ホームグループ」をクリックします。

    ホームグループ

  3. 「ホームグループ設定の変更」が表示されます。
    「その他のホームグループアクション」欄にある「ホームグループへの参加の終了」をクリックします。

    ホームグループへの参加の終了

    アドバイス
    画面を下にスクロールしても、「ホームグループへの参加の終了」が表示されていない場合は、ホームグループには参加していません。
    「×」ボタンをクリックして、画面を閉じます。

  4. 「ホームグループへの参加の終了」が表示されます。
    「ホームグループへの参加を終了します」をクリックします。

    ホームグループへの参加を終了します

  5. 「ホームグループへの参加は正常に終了しました」と表示されます。
    「完了」ボタンをクリックします。

    ホームグループへの参加は正常に終了しました

  6. 「Windows 7を実行している他のホームコンピューターとの共有」が表示されます。
    「×」ボタンをクリックし、画面を閉じます。

ファイル共有を有効にする(Windows XP Home Editionに限る)

ホストPCに、Windows XP Home Editionを使用する場合は、次の手順でファイル共有を有効にします。


操作手順

この手順は、ホストPCで実行します。

  1. 「マイコンピュータ」をクリックします。

    マイコンピュータ

  2. 「ローカルディスク(C:)」をクリックします。

    ローカルディスク(C:)

  3. 「Documents and Settings」フォルダーを右クリックし、表示されるメニューから、「プロパティ」をクリックします。

    Documents and Settings

  4. 「Documents and Settingsのプロパティ」が表示されます。
    「共有」タブをクリックします。

    Documents and Settingsのプロパティ

  5. 「危険を認識した上で、ウィザードを使わないでファイルを共有する場合はここをクリックしてください。」をクリックします。

    危険を認識した上で、ウィザードを使わないでファイル共有する場合はここをクリックしてください。

    アドバイス
    「危険を認識した上で、ウィザードを使わないでファイルを共有する場合はここをクリックしてください。」が表示されていない場合、ファイル共有はすでに有効です。
    「キャンセル」ボタンをクリックし、画面を閉じます。

  6. 「ファイル共有の有効」が表示されます。
    「ファイル共有を有効にする」をクリックします。

    ファイル共有を有効にする

  7. 「OK」ボタンをクリックします。

    「OK」ボタン

  8. 「Documents and Settingsのプロパティ」に戻ります。
    「OK」ボタンをクリックします。

    「OK」ボタン

  9. 「×」ボタンをクリックし、画面を閉じます。


手順4「DVDドライブ共有機能 ホスト」をインストールする

はじめて、DVDドライブ共有機能設定を使用するときは、ホストPCに「DVDドライブ共有機能 ホスト」をインストールします。

手順は、次のとおりです。


重要
2009年冬モデルの「DVDドライブ共有機能 ホスト」をアップデートしないで使用しているときは、アンインストールしてから、改めて本手順でインストールしてください。
アンインストール方法は、次のQ&Aをご覧ください。

Q&Aアプリケーションのアンインストール(削除)方法を教えてください。(新しいウィンドウで表示)


操作手順

  1. クライアントPCとホストPCを起動し、共に管理者権限を持つユーザーでログオンします。

  2. クライアントPCのUSBクライアントポートに、USBクライアント用ケーブルを接続します。

  3. ホストPCのUSBコネクタに、USBクライアント用ケーブルを接続します。

  4. クライアントPCに、「USBクライアント機能」が表示されます。
    「DVDドライブ共有機能のインストール」のアイコンをクリックします。

    USBクライアント機能

  5. ここから、ホストPCを操作します。

    • Windows 7 / Windows Vistaをお使いの場合

      ホストPCに、「自動再生」が表示されます。
      「EasyShare.exeの実行」をクリックします。

      自動再生

      アドバイス
      しばらく待っても、表示されない場合は、「コンピューター」→「CDドライブ」の順にクリックします。

    • Windows XPをお使いの場合

      ホストPCに、「USBクライアントポートドライバとドライバ共有アプリケーションをインストールしますか?」と表示されます。
      操作せずに、次の手順に進みます。

      アドバイス
      しばらく待っても、表示されない場合は、「マイコンピューター」→「CDドライブ」の順にクリックします。

  6. 「USBクライアントポートドライバとドライバ共有アプリケーションをインストールしますか?」と表示されます。
    「はい」ボタンをクリックします。

    USBクライアントポートドライバとドライブ共有アプリケーションをインストールしますか?

  7. 「ユーザーアカウント制御」が表示された場合は、「はい」ボタン、または「続行」ボタンをクリックします。

    表示されない場合は、次の手順に進みます。

  8. しばらくすると、「DVDドライブ共有機能 ホスト のInstallShield Wizard へようこそ」と表示されます。
    「次へ」ボタンをクリックします。

    DVDドライブ共有機能 ホスト のInstallShield Wizard へようこそ

  9. 「インストール先の選択」と表示されます。
    「次へ」ボタンをクリックします。

    インストール先の選択

  10. インストールが完了すると、「InstallShield Wizard の完了」と表示されます。
    「完了」ボタンをクリックします。

    InstallShield Wizard の完了

  11. 「ドライブ共有機能ホストを起動しますか?」と表示されます。
    「いいえ」ボタンをクリックします。

    ドライブ共有機能ホストを起動しますか?

以上で、インストールは完了です。



手順5DVDドライブを共有する

はじめに、ホストPCでDVDドライブを共有できるように設定します。
次に、ホストPCが共有しているDVDドライブへ、クライアントPCから接続します。


ホストPCでDVDドライブを共有する

次の手順でDVDドライブの共有設定をします。


操作手順

  1. クライアントPCとホストPCを、USBクライアント用ケーブルで接続します。

    アドバイス
    すでに接続されている場合は、どちらか一方を外し、挿し直します。

  2. クライアントPCに、「USBクライアント機能」が表示されます。
    「DVDドライブ共有機能」のアイコンをクリックします。

    USBクライアント機能

    アドバイス
    USBメモリ機能も使用するときは、「DVDドライブ共有機能とUSBメモリ機能」をクリックします。

  3. ここから、ホストPCを操作します。

    • Windows 7 / Windows Vistaをお使いの場合

      ホストPCに、「自動再生」が表示されます。
      「EasyShare.exeの実行」をクリックします。

      自動再生

      アドバイス
      しばらく待っても、表示されない場合は、「コンピューター」→「CDドライブ」の順にクリックします。

    • Windows XPをお使いの場合

      ホストPCに、「DVDドライブ共有機能ホスト」や「ご使用上の注意事項」が表示されます。
      操作せずに、次の手順に進みます。

      アドバイス
      しばらく待っても、表示されない場合は、「マイコンピューター」→「CDドライブ」の順にクリックします。

  4. ホストPCとクライアントPCに、「USBクライアントポートのIPアドレスを設定します。」と表示されます。
    ホストPCの「OK」ボタンをクリックします。

    USBクライアントポートのIPアドレスを設定します。

    重要
    クライアントPCの「USBクライアントポートのIPアドレスを設定します。」や、その他に表示された画面は、表示したままにします。

    アドバイス
    ホストPCに「USBクライアントポートのIPアドレスを設定します。」が表示されない場合は、手順6.に進みます。

  5. 「ユーザーアカウント制御」が表示された場合は、「はい」ボタン、または「続行」ボタンをクリックします。

    表示されない場合は、次の手順に進みます。

  6. 「ドライブを共有するにはWindows Firewallの例外オプションを有効化する必要があります。」と表示されます。
    「はい」ボタンをクリックします。

    ドライブを共有するにはWindows Firewallの例外オプションを有効化する必要があります。

    アドバイス
    表示されない場合は、手順8.に進みます。

  7. 「ユーザーアカウント制御」が表示された場合は、「はい」ボタン、または「続行」ボタンをクリックします。

    表示されない場合は、次の手順に進みます。

  8. 「ご使用上の注意事項」が表示された場合は、内容をよく確認し、「OK」ボタンをクリックします。

    表示されない場合は、次の手順に進みます。

    ご使用上の注意事項

  9. 「DVDドライブ共有機能 ホスト」が起動します。
    「共有モード」をお好みでクリックします。

    • ファイルの読み込みのみ(推奨)

      通常はこちらを選択することをお勧めします。

    • ファイルの読み込みと実行

      CDやDVDに格納されているプログラムをクライアントPCから実行する場合(アプリケーションをインストールする場合)に選択します。

      アドバイス
      「ファイルの読み込みと実行」をクリックすると、「「ファイルの読み込みと実行」をご利用の場合は以下の点にご注意ください」と表示されます。
      内容をよく確認して、「OK」ボタンをクリックします。

    共有モード

  10. 「詳細設定」ボタンをクリックします。

    「詳細設定」ボタン

  11. 「共有するドライブ」の「▼」ボタンをクリックし、表示されるメニューから、共有するドライブをクリックします。

    共有するドライブ

  12. 「共有を許可するユーザー」の「▼」ボタンをクリックし、表示されるメニューから、ホストPCにログオンしているユーザー名をクリックします。

    アドバイス
    Windows XP Home Editionをお使いの場合、設定は変更できません。
    そのまま、次の手順へ進みます。

    共有を許可するユーザー

  13. 「ドライブの共有名」にお好みの共有名を入力します。
    特に希望がない場合は、「ODD」のままでかまいません。

    ドライブの共有名

  14. 「OK」ボタンをクリックします。

    「OK」ボタン

  15. 「ドライブを共有する」ボタンをクリックします。

    「ドライブを共有する」ボタン

  16. 「ユーザーアカウント制御」が表示された場合は、「はい」ボタン、または「続行」ボタンをクリックします。

    表示されない場合は、次の手順に進みます。

  17. 「現在ドライブを共有名"(共有名)"で共有中です。このコンピュータのホストPC名は"(ホストPC)"です。」と表示されます。

    共有名とホストPC名を確認します。

    共有名とホストPC名
    (共有名が「ODD」、ホストPC名が「¥¥FMV-PC7」の場合)

    アドバイス
    共有名とホストPC名は、クライアントPCからホストPCに接続するときに使用します。

以上で、ホストPCの手順は終了です。


共有したDVDドライブに、クライアントPCから接続する

次の手順で、共有設定したDVDドライブに接続します。


操作手順
  1. クライアントPCの「USBクライアントポートのIPアドレスを設定します。」の「OK」ボタンをクリックします。

    USBクライアントポートのIPアドレスを設定します

    アドバイス
    表示されていない場合は、手順3.に進みます。

  2. 「ユーザーアカウント制御」が表示されます。
    「はい」ボタンをクリックします。

  3. 「DVDドライブ共有機能 クライアント」が起動します。
    「詳細設定」ボタンをクリックします。

    「詳細設定」ボタン

  4. 「接続先情報とアプリケーションの動作を設定してください。」と表示されます。
    「ネットワーク上のホストPCを検索」ボタンをクリックします。

    「ネットワーク上のホストPCを検索」ボタン

  5. 「ホストPCの検索」が表示されます。
    接続するホストPCのコンピューター名(ホストPC名)が表示されることを確認し、クリックします。

    ホストPCの検索

    アドバイス
    検索には時間がかかる場合があります。

    重要
    ホストPCと接続した直後は検索されない場合があります。
    検索されないときは、「キャンセル」ボタンをクリックしてから、「ネットワーク上のホストPCを検索」ボタンをクリックし、もう一度検索してください。

    何度試しても検索できないときは、ネットワークの設定が誤っている可能性があります。
    もう一度、設定を見直してください。

    また、セキュリテイ対策ソフトをお使いの場合は、セキュリティ対策ソフトが影響している可能性があります。
    セキュリティ対策ソフトのマニュアルをご覧になり、設定を確認してください。

  6. 「OK」ボタンをクリックします。

    「OK」ボタン

  7. 「接続先で共有しているドライブの共有名」に、ホストPCのドライブの共有名が表示されていることを確認します。

    接続先で共有しているドライブの共有名

  8. 「OK」ボタンをクリックします。

    「OK」ボタン

  9. 「共有ドライブに接続する」ボタンをクリックします。

    「共有ドライブに接続する」ボタン

  10. 「ネットワークパスワードの入力」が表示されます。
    ホストPCにログオンしているユーザーアカウントの、「ユーザー名」と「パスワード」を入力します。

    ネットワークパスワードの入力

    重要
    Windows XP Home Edition をホストPCにしている場合、ログオンしているユーザーアカウントに関わらず、次のとおりに入力してください。

    • ユーザー名:Guest

    • パスワード:空欄(入力しない)

  11. 「OK」ボタンをクリックします。

    「OK」ボタン

  12. 「DVDドライブ共有機能 クライアント」に「接続済み」と表示されたことを確認します。

    接続済み

  13. 「コンピューター」をクリックします。

    コンピューター

  14. 共有したドライブが表示されていることを確認します。

    ドライブの確認

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)