このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【1108-6081】更新日:2010年6月9日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

[Windows Vista] 「個人設定」で文字のサイズを大きくしすぎてしまい、元に戻せません。

対象機種とOS このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 すべて
対象OS
  • WindowsVista

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

Windows Vista を使用しています。
「個人設定」で文字のサイズを大きくしすぎたため、元に戻す画面の「OK」ボタンをクリックできなくなってしまいました。
対処方法を教えてください。

回答

「個人設定」にある「DPI スケール」で、文字のサイズを大きく設定しすぎると、ウィンドウの下部が表示されなくなることがあります。

ウィンドウの下部が表示されなくなってしまった状態

ウィンドウの下部が表示されなくなり、「OK」ボタンなどをクリックできなくなったときの画面を元に戻す方法は、次のとおりです。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. 作業中のアプリケーションがある場合は終了し、作成中のファイルがある場合は保存します。

  2. デスクトップの何もないところを右クリックし、表示されるメニューから「個人設定」をクリックします。

    何もないところを右クリックし個人設定をクリック

  3. 「個人設定」が表示されます。
    「タスク」欄の、「フォントサイズ(DPI)の調整」をクリックします。

    フォントサイズ(DPI)の調整をクリック

  4. 「ユーザーアカウント制御」が表示されます。
    「続行」ボタンをクリックします。

  5. 「DPIスケール」が表示されます。
    「既存のスケール(96 DPI)」をクリックします。

    既存のスケールをクリック

  6. 【Enter】キーを押します。

  7. 「これらの変更を適用するにはコンピュータを再起動する必要があります。」と表示されます。
    「今すぐ再起動する」ボタンをクリックします。

    今すぐ再起動するボタンをクリック

    パソコンが再起動します。

  8. 画面の表示が元に戻ったことを確認します。

    元に戻ったことを確認

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)