このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【1206-0303】更新日:2013年7月17日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

[Outlook Express] メッセージに挿入する署名を作成する方法を教えてください。

対象機種とOS このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 すべて
対象OS
  • Windows XP Home Edition
  • Windows XP Professional
  • Windows XP Tablet PC Edition
  • Windows XP Tablet PC Edition 2005
  • Windows XP Media Center Edition 2004
  • Windows XP Media Center Edition 2005
  • Windows Me
  • Windows 2000
  • Windows 98

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

Outlook Expressで、送信するメッセージに挿入する署名の作成方法と、使用方法を教えてください。

回答

Outlook Expressでは、送信するメッセージに署名を入れることができます。
署名を作成して、使用する方法は、Outlook Expressのバージョンによって異なります。

お使いのOutlook Expressのバージョンを選んで、操作方法を確認してください。

  1. Outlook Express 5 〜 6の場合
  2. Outlook Express 4 の場合
アドバイス
  • 署名とはメールの最後に入れる、名前、メールアドレス、ホームページアドレスなどの送信者情報のことです。
    手紙に例えると、差し出し人の氏名、住所などにあたります。

  • Outlook Expressのバージョンは、Outlook Expressを起動して、「ヘルプ」メニュー→「バージョン情報」の順にクリックすると確認できます。


Outlook Express 5 〜 6の場合


次の手順で、Outlook Express 5 〜 6で署名を作成し、使用します。

次の項目を順番に確認してください。

  1. 署名を作成する
  2. 署名を使用する

署名を作成する


Outlook Express 5 〜 6で署名を作成する方法は、次のとおりです。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. Outlook Expressを起動します。

  2. 「ツール」メニュー→「オプション」の順にクリックします。

    ツール→オプション

  3. 「オプション」が表示されます。
    「署名」タブをクリックします。

    署名タブ

  4. 「作成」ボタンをクリックします。

    作成ボタン

  5. 「テキスト」欄をクリックし、「署名の編集」欄に名前や電子メールアドレスなどを入力します。

    署名の入力

    アドバイス
    • 署名を複数作る場合は、手順4. 〜 手順5.の操作を繰り返します。
      メールの内容に合わせて、仕事用やプライベート用などに使い分けられます。

    • 署名の名前をお好みのものに編集する場合は、「名前の変更」ボタンをクリックします。

  6. メール作成時の署名の挿入方法を指定します。
    お好みにあわせて、操作を行ってください。

    • 署名の挿入を手動で行う場合

      「すべての送信メッセージに署名を追加する」をクリックし、チェックを外します。
      その後、手順7.へ進みます。

      署名の挿入を手動で行う場合 オプション - すべての送信メッセージに署名を追加するをクリックして、チェックを外す

    • 送信するすべてのメールに、自動的に署名を挿入する場合
        
      「すべての送信メッセージに署名を追加する」をクリックし、チェックを付けます。

      署名の挿入を手動で行う場合 オプション - すべての送信メッセージに署名を追加するをクリックし、チェックを付ける

      アドバイス
      • 返信メールや転送メールに自動で署名を挿入しない場合は、「返信と転送には署名を追加しない」をクリックして、チェックを付けます。

        返信メールや転送メールに署名を挿入しない場合 オプション - 返信と転送には署名を追加しないをクリックして、チェックを付ける

      • 署名を複数作成した場合は、そのうちの1つを普段使用する署名に設定することができます。

        設定する場合は、普段使用する署名をクリックし、「既定に設定」ボタンをクリックします。

        署名を複数作成した場合 - 通常使用したい署名をクリックし、既定に設定ボタンをクリック

  7. 「OK」ボタンをクリックし、「オプション」を閉じます。

    OKボタン

署名を使用する


Outlook Express 5 〜 6で署名を使用する方法は、次のとおりです。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. Outlook Expressを起動します。

  2. 「メールの作成」ボタンをクリックします。

    メールの作成

  3. 「メッセージの作成」が表示されます。
    表示される状態によって、操作が異なります。

    • 署名が表示されている場合

      署名の前に、本文を入力します。
      以降の操作を行う必要はありません。

      メッセージの作成 - 署名が表示されている場合

    • 署名が表示されない場合

      本文を入力して、次の手順へ進みます。

      署名が表示されない場合 - 本文を入力して、次の手順へ進む

  4. 「挿入」メニュー→「署名」の順にクリックします。

    挿入メニュー→署名の順にクリック

    アドバイス
    署名を複数作成した場合は、「挿入」メニュー→「署名」→「(挿入する署名)」の順にクリックします。

    署名を複数作成した場合 - 挿入メニュー→署名→(挿入する署名)の順にクリック

  5. 署名がメールの最後に表示されることを確認します。

    署名がメールの最後に表示されることを確認


Outlook Express 4の場合


次の手順で、Outlook Express 4で署名を作成し、使用します。

次の項目を順番に確認してください。

  1. 署名を作成する
  2. 署名を使用する

署名を作成する


Outlook Express 4で署名を作成する方法は、次のとおりです。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. Outlook Expressを起動します。

  2. 「ツール」メニュー→「ひな形」の順にクリックします。

    ツール→ひな形

  3. 「ひな形」が表示されます。
    「メール」タブをクリックします。

    ひな形 - メールタブをクリック

  4. 「署名」ボタンをクリックします。

    署名ボタン

  5. 「署名」が表示されます。
    「テキスト」をクリックします。

    署名 - テキストをクリック

  6. 「テキスト」の右側の欄に、名前や電子メールアドレスなどを入力します。

    テキストの右側の欄に、名前や電子メールアドレスなどを入力

  7. メール作成時の署名の挿入方法を指定します。
    お好みにあわせて、操作を行ってください。

    • 署名の挿入を手動で行う場合

      「すべての送信メッセージにこの署名を追加する」をクリックし、チェックを外します。
      その後、手順8.へ進みます。

      署名の挿入を手動で行う場合 - すべての送信メッセージにこの署名を追加するをクリックし、チェックを外す


    • 送信するすべてのメールに、自動的に署名を挿入する場合
        
      「すべての送信メッセージにこの署名を追加する」をクリックし、チェックを付けます。

      送信するすべてのメールに、自動的に署名を挿入する場合 - すべての送信メッセージにこの署名を追加する」をクリックし、チェックを付ける

      アドバイス
      返信メールや転送メールに署名を挿入しない場合は、「返信と転送には署名を追加しない」をクリックして、チェックを付けます。

      返信メールや転送メールに署名を挿入しない場合 -返信と転送には署名を追加しない」をクリックして、チェックを付けます

  8. 「OK」ボタンをクリックし、「署名」を閉じます。

    署名 - OKボタンをクリックして閉じる

  9. 「ひな形」に戻ります。
    「OK」ボタンをクリックし、「ひな形」を閉じます。

    ひな形を閉じる

署名を使用する


Outlook Express 4で署名を使用する方法は、次のとおりです。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. Outlook Expressを起動します。

  2. 「作成」ボタンをクリックします。

    作成ボタン

  3. 「メッセージの作成」が表示されます。
    表示される状態によって、操作が異なります。

    • 署名が表示されている場合

      署名の前に、本文を入力します。
      以降の操作を行う必要はありません。

      署名が表示されている場合 - 署名の前に、本文を入力、以降の操作を行う必要はありません

    • 署名が表示されない場合

      本文を入力して、次の手順へ進みます。

      署名が表示されない場合 - 本文を入力して、次の手順へ進む

  4. 「挿入」メニュー→「署名」の順にクリックします。

    挿入メニュー→署名の順にクリック

  5. 署名がメールの最後に表示されることを確認します。

    署名がメールの最後に挿入

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)