このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【1804-7461】更新日:2009年7月24日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

[Outlook Express] 受信トレイを開けません。

対象機種とOS このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 すべて
対象OS
  • Windows XP
  • Windows Me
  • Windows 2000
  • Windows 98
  • Windows 95

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

Outlook Express の受信トレイが開けなくなり、メールを読むことができません。

回答

Outlook Express で受信トレイが開けなくなったときは、メールデータに問題が発生している可能性があります。

重要
このQ&Aは、受信トレイの復旧を試みた後、メールデータを復元する手順です。
メールデータの破損状況によっては、復元に失敗することがあります。
この場合、受信済みのメールデータは失われます。

アドバイス
Outlook Express 自体が起動できず、受信トレイが開けない場合は、表示されたメッセージに応じて対処します。

メッセージが表示されてOutlook Express が起動できないときの対処方法は、次のQ&Aをご覧ください。

Q&A[Outlook Express 5 / 5.5 / 6] Outlook Express が起動できません。(新しいウィンドウで表示)


手順1メールデータの保存場所を確認する


次の手順で、メールデータが保存されているフォルダの場所を確認します。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。
  1. Outlook Express を起動します。

  2. 「ツール」メニュー→「オプション」の順にクリックします。

    ツールメニュー

  3. 「オプション」が表示されます。
    「メンテナンス」タブをクリックします。

    オプション

  4. 「保存フォルダ」ボタンをクリックします。

    保存フォルダ

  5. 「保存場所」が表示されます。
    英字や記号が表示されている場所を右クリックし、表示されるメニューから「すべて選択」をクリックします。

    保存場所

    アドバイス
    「C:¥Documents and Settings¥〜」や、「C:¥Windows¥Application Data¥〜」のように、英字や記号が表示されています。

  6. 英字や記号が表示されている場所が、青色に反転します。
    もう一度、英字や記号が表示されている場所を右クリックし、表示されるメニューから「コピー」をクリックします。

    コピー

  7. 「キャンセル」ボタンをクリックし、「保存場所」を閉じます。

    キャンセル

  8. 「オプション」に戻ります。
    「キャンセル」ボタンをクリックし、「オプション」を閉じます。

    キャンセル

  9. Outlook Express に戻ります。
    「×」ボタンをクリックし、Outlook Express を閉じます。

手順2メールデータの保存フォルダの名前を変更する


次の手順で、メールデータが保存されているフォルダの名前を変更します。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。
  1. 「スタート」ボタン→「ファイル名を指定して実行」の順にクリックします。

    スタートメニュー

  2. 「ファイル名を指定して実行」が表示されます。
    「名前」欄を右クリックし、表示されるメニューから「貼り付け」をクリックします。

    ファイル名を指定して実行

    アドバイス
    「名前」欄に、文字が表示されている場合は削除します。

  3. 「名前」欄に、「メールデータの保存場所を確認する」で確認した、英字や記号がコピーされます。
    「OK」ボタンをクリックします。

    ファイル名を指定して実行

  4. 「Outlook Express」フォルダが展開された状態で表示されます。
    「表示」メニュー→「移動」→「1つ上の階層へ」の順にクリックします。

    重要
    「Outlook Express」フォルダには、「受信トレイ.dbx」ファイルや「送信トレイ.dbx」ファイルなどが保存されています。
    フォルダ内に表示されているファイルは削除や上書き、移動などの編集をしないでください。
    メールが失われる可能性があります。

    Outlook Express

  5. 「Microsoft」が表示されます。
    「Outlook Express」フォルダを右クリックし、表示されるメニューから「名前の変更」をクリックします。

    名前の変更

  6. 「Outlook Express」フォルダの名前が、青色に反転します。
    次のように、フォルダの名前を入力し、【Enter】キーを押します。

    Outlook Express old

    フォルダ名の入力

    アドバイス
    ここでは例として、「Outlook Express old」としています。
    フォルダ名は、「Outlook Express」以外であれば何でもかまいません。

  7. 「Outlook Express old」フォルダを右クリックし、表示されるメニューから「コピー」をクリックします。

    右クリック

  8. 「×」ボタンをクリックし、「Microsoft」を閉じます。

  9. デスクトップ上の、何も表示されていない場所で右クリックし、表示されるメニューから「貼り付け」をクリックします。

    右クリック

  10. デスクトップに、「Outlook Express old」フォルダがコピーされたことを確認します。

    フォルダの表示の確認

手順3受信トレイが開くことを確認する


次の手順で、受信トレイが開き、受信トレイの内容が表示されることを確認します。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。
  1. Outlook Express を起動します。

    アドバイス
    Outlook Express が起動すると、自動的に新しい保存フォルダ(「Outlook Express」フォルダ)が、メールデータの保存場所に作成されます。

  2. 「受信トレイ」をクリックし、内容が正しく表示されることを確認します。

    受信トレイ

    アドバイス
    この段階では、メールはまったく表示されていなかったり、「Outlook Express へようこそ」メールだけが表示されていたりします。
    これまで保存されていた受信済みのメールは表示されません。
    また、「受信トレイ」以外のフォルダにも、これまで保存されていたメールは表示されません。

手順4メールデータを復元する


受信トレイを開くことができても、今まで保存していたメールは表示されません。

次の手順で、メールデータを復元します。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。
  1. 「ファイル」メニュー→「インポート」→「メッセージ」の順にクリックします。

    ファイルメニュー

  2. 「Outlook Express インポート」が表示されます。
    「インポート元の電子メール プログラムを選択してください」の欄から、お使いのOutlook Express のバージョンをクリックします。

    Outlook Express インポート
    (Outlook Express 6 をクリックしたときの例)

  3. 「次へ」ボタンをクリックします。

    次へ

  4. 「(お使いのOutlook Express のバージョン名) からインポート」が表示されます。
    「(お使いのOutlook Express のバージョン名) ストア ディレクトリからメールをインポートする」をクリックします。

    (お使いのOutlook Express のバージョン名) からインポート
    (Outlook Express 6 の例)

  5. 「OK」ボタンをクリックします。

    OK

  6. 「メッセージの場所」と表示されます。
    「参照」ボタンをクリックします。

    メッセージの場所

  7. 「フォルダの参照」が表示されます。
    「メールデータの保存フォルダの名前を変更する」で、デスクトップに作成した「Outlook Express old」フォルダをクリックします。

    フォルダの参照

  8. 「OK」ボタンをクリックします。

    OK

  9. 「メッセージの場所」に戻ります。
    「次へ」ボタンをクリックします。

    次へ

  10. 「フォルダの選択」と表示されます。
    「すべてのフォルダ」をクリックします。

    フォルダの選択

  11. 「次へ」ボタンをクリックします。

    次へ

  12. メールのインポートが開始されます。
    完了するまで、そのまましばらく待ちます。

  13. 「インポートの完了」と表示されます。
    「完了」ボタンをクリックします。

    完了

  14. 「Outlook Express」に戻ります。
    「受信トレイ」や「送信済みアイテム」などをクリックし、これまで保存されていたメールが表示されることを確認します。

    メールの表示の確認

  15. 「×」ボタンをクリックし、Outlook Express を閉じます。
アドバイス
  • メールデータが復元できた後は、「メールデータの保存フォルダの名前を変更する」で、名前を変更したり、デスクトップにコピーしたりした「Outlook Express old」フォルダは、削除しても結構です。

  • メールデータの復元中にエラーメッセージが表示される場合や、メールデータを復元した後に「受信トレイ」が開けなくなる場合は、メールのデータファイルが破損しているため、復元することはできません。

    なお、Outlook Express が正常に動作していたときにバックアップしたメールデータがある場合は、そのバックアップしたメールデータを使って復元できるかどうか確認してください。

    メールデータを復元する方法は、次のQ&Aをご覧ください。

    Q&A[Outlook Express] メールデータをバックアップする方法、復元する方法を教えてください。(新しいウィンドウで表示)

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)