このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【2108-4364】更新日:2009年12月10日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

[タッチ操作パネル] タッチ操作中にInternet Explorerのウィンドウサイズが勝手に変更されます。

対象機種とOS (全て表示) このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 2009年冬モデルFMV-DESKPOWER F/E60N、他・・・
対象OS
  • Windows 7 Home Premium

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

2009年冬モデルのタッチ操作パネルが搭載されているFMVパソコンを使用しています。

タッチ操作パネルが起動した状態で、Internet Explorerを操作すると次のような動作が発生します。

・最小化しているInternet Explorerが勝手にウィンドウ状態に戻る
・ウィンドウサイズが画面に合わせて勝手に変更される

以上のような動作を止める方法を教えてください。

回答

タッチ操作パネルが起動していると、初期設定の状態ではInternet Explorerの動作を監視して、必要に応じてウィンドウの大きさを変更するようになっています。
この動作を止めたい場合は、次の手順で設定を変更します。


操作手順

  1. 「スタート」ボタン→「すべてのプログラム」→「タッチ操作パネル」→「タッチ操作パネル」の順にクリックします。

  2. 画面の右側にタッチ操作パネルが表示されます。
    歯車が描かれたボタンをクリックします。

    歯車が描かれたボタン

  3. 「設定」が表示されます。
    「Internet Explorerの起動に合わせて画面を変更する」をクリックし、チェックを外します。

    Internet Explorerの起動に合わせて画面を変更する

  4. 「OK」ボタンをクリックします。

    OK

この画面で出てきた用語新規ウィンドウが開きます

ウィンドウ

起動

クリック

最小化

プログラム

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)