このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【2207-6157】更新日:2018年5月13日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

パソコンをしばらく操作しないでいたら画面が真っ暗になりました。

対象機種とOS このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 すべて
対象OS
  • Windows 10
  • Windows 8.1
  • Windows 8
  • Windows 7
  • Windows Vista (64bit)
  • WindowsVista
  • Windows XP (64bit)
  • Windows XP
  • Windows Me
  • Windows 2000
  • Windows 98
  • Windows 95
  • Windows 3.1
  • Windows Embedded

このQ&Aのお役立ち度

集計結果は翌日反映されます。

質問

パソコンをしばらく操作しないで放置てしいたら、画面が真っ暗になり、何も映らなくなりました。

回答

パソコンをしばらく操作しないと、省電力機能が働き、画面が真っ暗になります。


省電力機能によって、ディスプレイの電源が切れたり、スリープに移行すると、画面が真っ暗になります。
画面が真っ暗になったときは、次の操作を行って、復帰するまでお待ちください。

  • キーボードの【↑】【↓】【←】【→】キーや【Shift】キーを押す
  • マウスを動かす
  • フラットポイントの操作面に触れる

操作を行っても画面が復帰しないときや、タブレットをお使いのときは、電源ボタンをポチッと1回だけ押してください。

重要

電源ボタンを4秒以上押し続けたり、2回以上押さないでください。
電源が切れて、作業中のデータなどが失われることがあります。


ご参考

省電力機能に移行するまでの時間を変更したいときは、次のQ&Aをご覧ください。

Q&A省電力状態に移行するまでの時間を変更する方法を教えてください。

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)