このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【2306-6627】更新日:2011年4月29日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

[Windows メール] メールを送受信するための設定の方法を教えてください。

対象機種とOS このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 すべて
対象OS
  • WindowsVista

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

Windows メールで、電子メールを送受信するための設定方法を教えてください。

回答

Windows メールで電子メールを送受信するための設定 / 確認方法は、次の項目を順に操作してください。

アドバイス

1番目の確認項目事前準備をする


Windows メールで電子メールを送受信するためには、設定に必要な次の項目をあらかじめ確認しておきます。

ご不明な場合は、プロバイダ(電子メールの提供元)へお問い合わせください。

  • 電子メールアドレス

    お使いになるプロバイダから指定されている電子メールアドレスを確認します。
    電子メールアドレスの形式は次のとおりです。

    (アカウント名)@(ドメイン名)

    例) fujitsu_taro@azby.fmworld.net

  • 受信メールサーバー名(POP3サーバー名)

    お使いになるプロバイダから指定されている受信メールサーバー名(POP3サーバー名)を確認します。

  • 送信メールサーバー名(SMTPサーバー名)

    お使いになるプロバイダから指定されている送信メールサーバー名(SMTPサーバー名)を確認します。

  • アカウント名

    お使いになるプロバイダから指定されている電子メールアカウント名を確認します。
    通常は電子メールアドレスの「@」の左側の文字列です。
    また、プロバイダによっては、「ユーザーID」「メールID」などと呼ぶ場合があります。

  • パスワード

    お使いになるプロバイダから指定されている電子メール用のパスワードを確認します。

  • 電子メールの認証方式

    お使いになるプロバイダから指定されている電子メールの認証方式と設定方法を確認します。

    重要
    電子メールの認証方式に応じた設定を行わないと、フリーメールサービスで電子メールの送信が正常に行えなかったり、プロバイダが提供しているウイルスチェックのサービスなどが受けられなかったりする場合があります。

    電子メールの認証方式には、次のようなものがあります。
    お使いになる電子メールの認証方式と設定方法について、事前にプロバイダに確認してください。

    • SMTP認証
      SMTP認証とは、電子メールの送信をするときに、先にメールソフトのユーザー名とパスワードを送信し、SMTPサーバーで送信者を確認する認証方式です。

    • POP before SMTP
      POP before SMTPとは、電子メールの受信操作をすることで使用者の認証が行われ、送信が許可される認証方式です。

    • APOP認証
      APOP認証とは、電子メールを受信する際にパスワードを暗号化して、サーバーに送信する認証方法です。
      Windows メールでは、APOP認証に対応していません。APOP認証をお使いになる場合は、APOP認証に対応したメールソフトをお使いください。

2番目の確認項目電子メールアカウントを設定する


次の手順で、Windows メールに電子メールを送受信するための設定を行います。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. 「スタート」ボタン→「すべてのプログラム」→「Windows メール」の順にクリックします。

  2. Windows メールが起動して、「名前」と表示されます。
    「表示名」欄に、送信者として使う名前を入力します。

    表示名欄に名前を入力

    アドバイス
    「表示名」は、電子メールの送信先に送信元として表示されます。
    送受信の設定には影響しないため、お好みでひらがな、漢字なども使用できます。

  3. 「次へ」ボタンをクリックします。

    次へボタンをクリック

  4. 「インターネット電子メールアドレス」と表示されます。
    「電子メールアドレス」欄に、電子メールアドレスを入力します。

    電子メールアドレス欄にメールアドレスを入力

  5. 「次へ」ボタンをクリックします。

    次へボタンをクリック

  6. 「電子メールサーバーのセットアップ」と表示されます。
    「受信メールサーバーの種類」が「POP3」であることを確認します。

    電子メールサーバーのセットアップ - 受信メールサーバーの種類

    アドバイス
    「受信メールサーバーの種類」は、プロバイダにより異なりますが、特に指定がない限りは「POP3」を選択します。

  7. 「受信メール(POP3またはIMAP)サーバー」欄に、プロバイダから指定されている受信メールサーバー名を、大文字と小文字の差に注意して入力します。

    受信メール(POP3またはIMAP)サーバー欄入力

  8. 「送信メール(SMTP)サーバー名」欄に、プロバイダから指定されている、送信メールサーバー名を、大文字と小文字の差に注意して入力します。

    送信メール(SMTP)サーバー欄入力

  9. 「次へ」ボタンをクリックします。

    電子メールサーバーのセットアップ - 次へボタン

  10. 「インターネットメールログオン」と表示されます。
    「ユーザー名」欄に、プロバイダから指定された「ユーザー名(アカウント名)」を、大文字と小文字の差に注意して入力します。

    ユーザー欄にユーザー名(アカウント名)を入力

  11. 「パスワード」欄に「ユーザー名(アカウント名)」で使用するパスワードを大文字と小文字の差に注意して入力します。

    パスワード欄にパスワード入力

    アドバイス
    「パスワード」欄に入力した文字は、「●」の列で表示されます。

  12. 「次へ」ボタンをクリックします。

    次へボタンをクリック

  13. 「設定完了」と表示されます。
    「今は電子メールをダウンロードしない」にチェックがないことを確認します。
    チェックがある場合は、クリックしてチェックを外します。

    設定完了 - 今は電子メールをダウンロードしない

  14. 「完了」ボタンをクリックします。

    設定完了 - 完了ボタン

  15. Windows メールに戻ります。
    同時に電子メールの受信が始まることを確認します。

3番目の確認項目電子メールの送受信が正しく行えるかどうかを確認する


次の手順で、Windows メールでテストメールの送受信を行って、電子メールの設定が正しいかどうかを確認します。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. 「スタート」ボタン→「すべてのプログラム」→「Windows メール」の順にクリックします。

  2. Windows メールが起動します。
    「ツール」メニュー→「アカウント」の順にクリックします。

    ツールメニュー - アカウント

  3. 「インターネットアカウント」が表示されます。
    テストメールの送受信を行いたい電子メールアカウントをクリックします。

    テストメールの送受信を行いたい電子メールアカウントをクリック

  4. 「プロパティ」ボタンをクリックします。

    プロパティボタンをクリック

  5. テストメールの送受信を行いたい電子メールアカウントのプロパティが表示されます。
    「全般」タブをクリックします。

    電子メールアカウントのプロパティで全般タブをクリック

  6. 「全般」タブが表示されます。
    「電子メールアドレス」欄を右クリックして、表示されるメニューから「すべて選択」をクリックします。

    電子メール欄で右クリック、すべて選択をクリック

  7. 「電子メールアドレス」欄の文字が青く反転して表示されることを確認します。

    電子メール欄が青く反転していることを確認

  8. もう一度「電子メールアドレス」欄を右クリックして、表示されるメニューから「コピー」をクリックします。

    もう一度電子メール欄で右クリック、コピーをクリック

  9. メニューが消えます。
    「OK」ボタンをクリックして、テストメールの送受信を行いたい電子メールアカウントのプロパティを閉じます。

    OKボタンをクリック

  10. 「インターネットアカウント」に戻ります。
    「閉じる」ボタンをクリックします。

    イオンターネットアカウントで閉じるボタンをクリック

  11. Windows メールに戻ります。
    「メールの作成」ボタンをクリックします。

    Windows メール - メールの作成ボタン

  12. 「メッセージの作成」が表示されます。
    「宛先」欄を右クリックして、表示されるメニューから「貼り付け」をクリックします。

    メッセージの作成 - 宛先欄右クリック - 貼り付け

  13. 手順8.でコピーした電子メールアドレスが「宛先」欄に表示されたことを確認します。

    宛先欄へコピーした電子メールアドレスを貼り付け

  14. 「件名」欄をクリックして、お好みで文字を入力します。

    件名欄にお好みで件名を入力
    (例として、「テスト」と入力しています。)

  15. 「本文」欄をクリックして、お好みで文字を入力します。

    本文欄にお好みで文字を入力
    (例として、「テスト」と入力しています。)

  16. 「送信」ボタンをクリックします。

    送信ボタンをクリック

  17. 作成画面が消えて、電子メールが送信されます。
    Windows メールの「送受信」ボタンをクリックします。

    Windows メール - 送受信ボタンクリック

  18. 「受信トレイ」に、作成して送信した電子メールが着信しているかどうか確認します。

    重要
    セキュリティ対策ソフトやWindows メールの迷惑メールオプションが設定されていると、テストメールが「受信トレイ」ではなく「迷惑メールフォルダ」に着信することがあります。

    「迷惑メールフォルダ」に着信したメールが、送信したテストメールであれば送受信は正しく行われています。
アドバイス
Windows メールはOutlook Express のようなユーザー管理機能を持っていません。このため、電子メールアカウントを追加しても複数のユーザーで切り替えて使うことはできません。
複数のユーザーで切り替えて使いたいときは、Windows にログオンするユーザーアカウントを切り替えます。
詳しくは次のQ&Aをご覧ください。

Q&A[Windows メール] 複数のユーザーで切り替えて使うことはできますか。(新しいウィンドウで表示)


ご参考

プロバイダが@niftyの場合は、次のホームページでメールソフトのさまざまな設定方法を案内しています。

@nifty
メールソフトの設定方法を教えてほしい。(新しいウィンドウで表示)
http://qa.nifty.com/cs/catalog/faq_qa/qid_13878/1.htm

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)