このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【2406-8347】更新日:2007年12月26日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

[ウイルスバスター2007] ウイルス/スパイウェア対策の方法を教えてください。

対象機種とOS (全て表示) このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 2007年秋冬モデルDESKPOWER、他・・・
対象OS
  • Windows Vista Home Premium
  • Windows Vista Home Basic
  • Windows Vista Business

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

ウイルスバスターを使用して、ウイルス/スパイウェアに、感染しないようにするにはどうしたらいいですか。

回答

ウイルスバスターには、ウイルス/スパイウェア対策の機能として、ウイルスの監視、スパイウェアの監視、予約検索/手動検索があります。

それぞれの設定方法は、次のとおりです。

  1. ウイルスの監視
  2. スパイウェアの監視
  3. 予約検索/手動検索
アドバイス
各項目の詳しい説明などについては、「ウイルスバスター2007ヘルプ」をご覧ください。
「ウイルスバスター2007ヘルプ」は、「この画面の説明」ボタンをクリックすると、表示されている画面に合わせたヘルプが表示されます。


ウイルスの監視


ウイルスの監視機能では、お使いのパソコンにウイルスが侵入しないように、ウイルスの侵入経路を常に監視します。

ウイルスが見つかった場合は、あらかじめ設定されている処理がすぐに実行されるので、ウイルスの感染を未然に防ぐことができます。

ウイルスの監視機能には、リアルタイム検索、ネットワーク検索、メール検索、メッセンジャー検索があります。
設定方法は次のとおりです。


操作手順

  1. 「スタート」ボタン→「すべてのプログラム」→「ウイルスバスター2007」→「ウイルスバスターを起動」の順にクリックします。

    アドバイス
    「本製品の概要やご利用の流れを解説した「動画マニュアル」を開始してもよろしいですか?」と表示された場合は、「キャンセル」ボタンをクリックします。

    本製品の概要やご利用の流れを解説した「動画マニュアル」を開始してもよろしいですか?

  2. 「ウイルス/スパイウェア対策」をクリックします。

    「ウイルス/スパイウェア対策」をクリック

  3. 「ウイルスの監視」をクリックします。

    「ウイルスの監視」をクリック

  4. 「設定」ボタンをクリックします。

    「設定」ボタンをクリック

  5. 「ウイルスの監視」が表示されます。
    「リアルタイム検索」タブをクリックします。

    「リアルタイム検索」タブをクリック

  6. 「リアルタイム検索を有効にする」をクリックし、チェックを付けます。

    アドバイス
    リアルタイム検索を有効にすると、パソコンが使用しているソフトウェアやファイルの動きを常に監視し、ウイルスの侵入を未然に防ぎます。
    ウイルスバスター2007をインストールした直後の状態では、有効に設定されています。

    「リアルタイム検索を有効にする」をクリック

  7. 「検索対象」欄と、「検索処理」欄の項目を、必要に応じて設定します。

    各項目を設定する

  8. 設定が終わったら、「ネットワークウイルス検索」タブをクリックします。

    「ネットワークウイルス検索」タブをクリック

  9. 「ネットワークウイルス検索を有効にする」をクリックし、チェックを付けます。

    アドバイス
    ネットワークウイルス検索を有効にすると、パソコンのセキュリティホールを利用して、ネットワーク経由で侵入するウイルスの侵入経路を常に監視し、ウイルスの侵入を未然に防ぎます。
    ウイルスバスター2007をインストールした直後の状態では、有効に設定されています。

    「ネットワークウイルス検索を有効にする」をクリック

  10. 「検索処理」欄の項目を、必要に応じて設定します。

    各項目を設定する

  11. 設定が終わったら、「メール検索」タブをクリックします。

    「メール検索」タブをクリック

  12. 左側の「メール受信時」をクリックします。

    「メール受信時」をクリック

  13. 「メール受信(POP3)時のウイルス検索を有効にする」をクリックし、チェックを付けます。

    アドバイス
    受信メール検索を有効にすると、メールソフトで受信したメールや、受信メールに添付されたファイルに、ウイルスが潜んでいないかどうかをチェックします。
    ウイルスバスター2007をインストールした直後の状態では、有効に設定されています。

    「メール受信(POP3)時のウイルス検索を有効にする」をクリック

  14. 「検索対象」欄と、「検索処理」欄の項目を、必要に応じて設定します。

    各項目を設定する

  15. 設定が終わったら、左側の「メール送信時」をクリックします。

    「メール送信時」をクリック

  16. 「メール送信(SMTP)時のウイルス検索を有効にする」をクリックし、チェックを付けます。

    アドバイス
    送信メール検索を有効にすると、メールソフトで送信するメールや、送信メールに添付されたファイルに、ウイルスが潜んでいないかどうかをチェックします。
    ウイルスバスター2007をインストールした直後の状態では、有効に設定されています。

    「メール送信(SMTP)時のウイルス検索を有効にする」をクリック

  17. 「検索対象」欄と、「検索処理」欄の項目を、必要に応じて設定します。

    各項目を設定する

  18. Webメールを使用している場合は、「Webメール受信時」をクリックします。
    Webメールを使用していない場合は、手順21.へ進みます。

    「Webメール受信時」をクリック

  19. 「Webメール(AOL、Yahoo!、MSN)受信時のウイルス検索を有効にする」をクリックし、チェックを付けます。

    アドバイス
    Webメール検索を有効にすると、Webメールの添付ファイルをダウンロードするときに、ウイルスが潜んでいないかどうかをチェックします。
    ウイルスバスター2007をインストールした直後の状態では、無効に設定されています。

    「Webメール(AOL、Yahoo!、MSN)受信時のウイルス検索を有効にする」をクリック

  20. 「検索対象」欄と、「検索処理」欄の項目を、必要に応じて設定します。

    各項目を設定する

  21. MSN Messengerを使用している場合は、「メッセンジャー検索」タブをクリックします。
    MSN Messengerを使用していない場合は、手順25.へ進みます。

    「メッセンジャー検索」タブをクリック

  22. 「メッセージ受信時のウイルス検索を有効にする」をクリックし、チェックを付けます。

    アドバイス
    メッセンジャー検索を有効にすると、MSN Messengerで受信するファイルに、ウイルスが潜んでいないかどうかをチェックします。
    ウイルスバスター2007をインストールした直後の状態では、無効に設定されています。

    「メッセージ受信時のウイルス検索を有効にする」をクリック

  23. 「メッセンジャー検索を有効にしてよいか確認してください。」と表示されます。
    「OK」ボタンをクリックします。

    メッセンジャー検索を有効にしてよいか確認してください。

  24. 「検索対象」欄と、「検索処理」欄の項目を、必要に応じて設定します。

    各項目を設定する

  25. 設定が終わったら、「OK」ボタンをクリックし、「ウイルスの監視」を閉じます。

    「OK」ボタンをクリック

  26. 「×」ボタンをクリックし、ウイルスバスター2007のメイン画面を閉じます。

スパイウェアの監視


スパイウェアの監視機能では、スパイウェアがパソコンに侵入する経路を常に監視します。
スパイウェアが見つかった場合は、ポップアップメッセージで通知したり、スパイウェアが利用するプログラムやファイルを自動的に削除したりできるため、スパイウェアによる被害を未然に防ぐことができます。

アドバイス
スパイウェアについては、次のQ&Aをご覧ください。

Q&A「スパイウェア」「アドウェア」について教えてください。(新しいウィンドウで表示)


操作手順

  1. 「スタート」ボタン→「すべてのプログラム」→「ウイルスバスター2007」→「ウイルスバスターを起動」の順にクリックします。

    アドバイス
    「本製品の概要やご利用の流れを解説した「動画マニュアル」を開始してもよろしいですか?」と表示された場合は、「キャンセル」ボタンをクリックします。

    本製品の概要やご利用の流れを解説した「動画マニュアル」を開始してもよろしいですか?

  2. 「ウイルス/スパイウェア対策」をクリックします。

    「ウイルス/スパイウェア対策」をクリック

  3. 「スパイウェアの監視」をクリックします。

    「スパイウェアの監視」をクリック

  4. 「設定」ボタンをクリックします。

    「設定」ボタンをクリック

  5. 「スパイウェアの監視」が表示されます。
    「スパイウェアの監視を有効にする」をクリックし、チェックを付けます。

    「スパイウェアの監視を有効にする」をクリック

  6. 「検索処理」を必要に応じて設定します。

    各項目を設定する-スパイウェアの監視

  7. 設定が終わったら、「OK」ボタンをクリックし、「スパイウェアの監視」を閉じます。

    「OK」ボタンをクリック

  8. 「×」ボタンをクリックし、ウイルスバスター2007のメイン画面を閉じます。

予約検索/手動検索


予約検索機能では、あらかじめ設定した日時にウイルスやスパイウェアを検出したり、パソコンのセキュリティ診断を実行します。
また、手動検索機能では、必要なときにウイルス/スパイウェア検索や、セキュリティ診断を実行できます。

予約検索/手動検索によってウイルスやスパイウェアが見つかった場合も、あらかじめ設定されている処理がすぐに実行されるので、ウイルスやスパイウェアの被害を最小限に食い止めることができます。

予約検索/手動検索の操作方法については、次のQ&Aをご覧ください。

Q&A[ウイルスバスター2007] ウイルスやスパイウェアをチェックする方法を教えてください。 (新しいウィンドウで表示)

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)