このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【4105-3067】更新日:2011年12月28日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

[Windows XP] Windowsファイアウォールの設定を変更する方法を教えてください。

対象機種とOS このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 すべて
対象OS
  • Windows XP

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

Windows XP Service Pack 2 / Service Pack 3 をインストールしました。
Windowsファイアウォールの設定を変更する方法を教えてください。

回答

Windows XP Service Pack 2 / Service Pack 3 がインストールされている場合、Windowsファイアウォールを利用できます。
Windowsファイアウォールの設定を変更するには、次の手順で操作してください。


操作手順
  1. 「スタート」ボタン→「コントロールパネル」の順にクリックします。

  2. 「セキュリティセンター」をクリックします。

    コントロールパネル

  3. 「Windows ファイアウォール」をクリックします。

    Windows セキュリティセンター

  4. 「Windows ファイアウォール」が表示されます。
    「全般」タブをクリックします。

  5. Windowsファイアウォールの設定を変更します。

    • 「有効(推奨)」をクリックして選択すると、Windowsファイアウォールが有効になります。

    • 「例外を許可しない」をクリックしてチェックをつけると、アプリケーションごとに通信を許可する設定が無視され、多くのアプリケーションで通信がブロックされます。

    • 「無効(推奨されません)」をクリックして選択すると、Windowsファイアウォールが無効になります。

    Windows ファイアウォール

    重要
    • セキュリティ対策ソフトのファイアウォール機能を使用している場合は、Windowsファイアウォールを無効に設定します。

    • 一部のセキュリティ対策ソフトでは、Windows XP Service Pack 2 / Service Pack 3 に対応していないものがあります。この場合、Windows XP Service Pack 2 / Service Pack 3 がセキュリティ対策ソフトの状態を確認できず、「コンピュータが危険にさらされている可能性があります。」というバルーンが表示されます。
      Windowsセキュリティセンターの設定を変更し、ファイアウォールの状態を監視しないようにすることでバルーンが表示されなくなります。次のQ&Aをご覧になり設定を行ってください。

      Q&A[Windows XP] セキュリティ対策ソフトのファイアウォール機能を使用していますが、Windowsセキュリティセンターで、ファイアウォールの欄に「状態を確認してください」と表示されます。(新しいウィンドウで表示)

    • セキュリティ対策ソフトのファイアウォール機能を使用していない場合は、ネットワークからの不正なアクセスをブロックするため、「有効」を選択してください。

    • リカバリ直後は、ファイアウォールの設定内容も、ご購入時の状態に戻ります。インターネットに接続する前に、Windows ファイアウォールの設定を、あらためて確認してください。

  6. 設定が終わったら、「OK」ボタンをクリックします。

ご参考

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)