このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【4908-2322】更新日:2009年10月16日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

[Windows XP / Windows Vista] Windows 7へアップグレードするときに、パソコンの設定やデータを移行する方法を教えてください。

対象機種とOS このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 すべて
対象OS
  • WindowsVista
  • Windows XP Home Edition
  • Windows XP Professional
  • Windows XP Tablet PC Edition
  • Windows XP Tablet PC Edition 2005
  • Windows XP Media Center Edition 2004
  • Windows XP Media Center Edition 2005

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

Windows XP、またはWindows VistaがインストールされているFMVを使用しています。
Windows 7へアップグレードする前にパソコンの設定やファイルをバックアップし、Windows 7の環境に移行する方法を教えてください。

回答

Windows 7 には、今まで使っていたWindowsXP / Windows Vistaの設定やデータを、アップグレードしたWindows 7の環境へ移行するための、Windows 転送ツールが搭載されています。



手順1Windows転送ツールについて


Windows 7に搭載されているWindows転送ツールについて、次の項目を順に確認してください。

次の場合に応じた項目を確認してください。

  1. 注意事項
  2. 移行できるデータの種類
  3. バックアップするデータの保存場所

注意事項


  • Windows転送ツールを実行するには、管理者権限のあるユーザーでログインする必要があります。

  • Windows 転送ツールで、Windows 7へデータを移行することができるのは、次のOSのみです。

    • Windows 7
    • Windows Vista Service Pack 1以上
    • Windows XP Service Pack 2以上

  • Windows転送ツールは、すべてのアプリケーションのデータをバックアップするわけではありません。
    アプリケーションのデータのバックアップ方法や、バックアップしたデータがWindows 7で使用できるかどうかについては、アプリケーションの提供元へお問い合わせください。

移行するデータできるデータの種類


Windows転送ツールで移行できるデータの種類は、次のとおりです。

  • ユーザーアカウント

  • 電子メール

  • ドキュメント

  • お気に入りのサイト

  • 音楽

  • ビデオ

  • 画像

  • その他

バックアップするデータの保存場所


Windows転送ツールでバックアップするデータの保存先として、次の場所を指定できます。

  • 内蔵ハードディスクのDドライブ(Windows XP Professionalダウングレードモデルを除く)

  • 外付けハードディスク

  • USBメモリ

  • 各種メモリーカード(SDカード、メモリースティックなど)
重要
  • Windows XP ProfessionalダウングレードモデルをWindows XP環境でお使いの場合は、バックアップするデータを内蔵ハードディスク(Cドライブ、Dドライブ)に保存しないでください。
    Windows XPからWindows Vistaへ戻すときに、内蔵ハードディスクの内容がすべて消去されます。

  • CD、DVD、Blu-ray Discなどの記録メディアは使用できません。

  • バックアップするデータの容量に応じて、データの保存場所に十分な空き容量を事前に確保しておいてください。

  • データを複数回に分けてバックアップすることができないため、バックアップするデータの容量(サイズ)が大きい場合は、内蔵ハードディスクのDドライブ、または外付けハードディスクを使用してください。


手順2Service Packが適用されているかどうかを確認する


Windows XP、またはWindows Vistaが、Windows転送ツールを実行する条件を満たしているかどうかを確認します。

次の場合に応じた項目を確認してください。

  1. Windows Vista
  2. Windows XP

Windows Vista


Windows VistaでWindows転送ツールを実行するには、Service Pack 1以上が適用(インストール)されている必要があります。

次のQ&Aをご覧になり、Service Pack 1以上が適用されているかどうかを確認してください。

Q&A[Windows Vista] Service Packがインストールされているかどうかを確認する方法を教えてください。(新しいウィンドウで表示)


Service Pack 1以上が適用されていなかった場合は、次のQ&Aをご覧ください。

Q&A[Windows Vista Service Pack 1] インストールする方法を教えてください。(新しいウィンドウで表示)


Windows XP


Windows XPでWindows転送ツールを実行するには、Service Pack 2以上が適用(インストール)されている必要があります。

次のQ&Aをご覧になり、Service Pack 2以上が適用されているかどうかを確認してください。

Q&A[Windows XP] インストールされているService Packのバージョンを確認する方法を教えてください。(新しいウィンドウで表示)


Service Pack 2以上が適用されていなかった場合は、次のQ&Aをご覧ください。

Q&A[Windows XP Service Pack 2] 入手方法やインストールする方法を教えてください。(新しいウィンドウで表示)



手順3Windows XPまたはWindows Vistaの設定やデータをバックアップする


Windows転送ツールで、Windows 7にアップグレードする前の設定やデータをバックアップする方法は、次のとおりです。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. Windows Vista、またはWindows XPが 搭載されているパソコンの電源を入れます。

  2. 起動しているアプリケーションをすべて終了します。

  3. バックアップするデータを、外付けハードディスク、USBメモリ、または各種メモリーカードに保存する場合は、パソコンに接続します。

    内蔵ハードディスクのDドライブに保存する場合は、そのまま次の手順へ進みます。

    アドバイス
    「自動再生」が表示された場合は、「×」ボタンをクリックします。

  4. Windows 7のアップグレードディスクをセットします。

    アドバイス
    • 「自動再生」が表示された場合は、「×」ボタンをクリックします。

    • 「Windowsのインストール」が表示された場合は、「×」ボタンをクリックいます。

  5. 「スタート」ボタン→「コンピュータ」(または「マイコンピュータ」)の順にクリックします。

  6. 「コンピュータ」(または「マイコンピュータ」)が表示されます。
    CD/DVDドライブのアイコンを右クリックし、表示されるメニューから、「開く」をクリックします。

    右クリックメニュー「開く」

  7. 「support」フォルダをクリックします。

    「support」フォルダ

  8. 「migwiz」フォルダをクリックします。

    「migwiz」フォルダ

  9. 2台のパソコンが描かれた「migwiz」(または「migwiz.exe」)アイコンをクリックします。

    「migwiz」(または「migwiz.exe」)アイコン

    アドバイス
    「ユーザーアカウント制御」が表示された場合は、「許可」をクリックします。

  10. 「Windows転送ツールへようこそ」と表示されます。
    「次へ」ボタンをクリックします。

    Windows転送ツールへようこそ - 次へ

  11. 「項目を新しいコンピューターに転送する方法を選択してください。」と表示されます。
    「外付けハードディスクまたはUSBフラッシュドライブ」をクリックします。

    外付けハードディスクまたはUSBフラッシュドライブ

  12. 「現在使用しているコンピューター」と表示されます。
    「これは今までのコンピューターです」をクリックします。

    これは今までのコンピューターです

  13. 「転送できる内容を確認しています...」と表示されます。
    次の画面が表示されるまで、しばらく待ちます。

    転送できる内容を確認しています...

  14. 「このコンピューターから転送する内容を選択します」と表示されます。
    「共有項目」の「カスタマイズ」をクリックします。

    共有項目 - カスタマイズ

  15. 「詳細設定」をクリックします。

    詳細設定

  16. 「選択内容の変更」が表示されます。
    「ローカルディスク(D:)」の左に表示されている青色の四角形をクリックします。

    「ローカルディスク(D:)」の左に表示されている青色の四角形をクリック

  17. 「保存」ボタンをクリックします。

    保存

  18. 「次へ」ボタンをクリックします。

    次へ

  19. 「転送するファイルおよび設定を保存します」と表示されます。
    次のそれぞれの項目に、パスワードをお好みで入力します。

    • パスワード

    • パスワードの確認入力

    パスワードの入力

    アドバイス
    • パスワードは、半角英数で入力します。

    • ここで入力するパスワードは、セキュリティの観点から、移行するデータの保護するためのものです。
      Windows 7にアップグレードした後に、移行するデータを読み込むときに必要になるため、メモに控えておきます。

  20. 「保存」ボタンをクリックします。

    保存

  21. 「転送ツールのファイルの保存」が表示されます。
    ファイル名を変更したい場合は、お好みの名前を入力します。
    初期設定のファイル名のままで問題ない場合は、そのまま次の手順へ進みます。

    ファイル名の入力

    アドバイス
    初期設定の状態では「Windows転送ツール - 今までのコンピューターの項目」と入力されています。

  22. バックアップするデータを保存するドライブをクリックします。

    ここでは、例として「ローカルディスク(D:)」をクリックします。

    重要
    Windows XP ProfessionalダウングレードモデルをWindows XP環境でお使いの場合は、バックアップするデータを内蔵ハードディスク(Cドライブ、Dドライブ)に保存しないでください。
    Windows XPからWindows Vistaへ戻すときに、内蔵ハードディスクの内容がすべて消去されます。

    バックアップするデータを保存するドライブを選択

  23. 「保存」ボタンをクリックします。

    保存

  24. 「ファイルおよび設定を保存しています...」と表示されます。
    バックアップするファイルの保存が完了するまで、そのまま待ちます。

    ファイルおよび設定を保存しています...

  25. 「転送のためのファイルと設定が保存されました。」と表示されます。
    「次へ」ボタンをクリックします。

    次へ

  26. 「転送ファイルが作成されました」と表示されます。
    Windows 7にアップグレードした後に必要になるため、ファイル名と保存場所をメモに控えておきます。

    ファイル名と保存場所を確認

  27. 「次へ」ボタンをクリックします。

    次へ

  28. 「このコンピューター上でのWindows転送ツールの処理は完了しました。」と表示されます。
    「閉じる」ボタンをクリックします。

    閉じる

  29. 「×」ボタンをクリックし、「migwiz」フォルダを閉じます。

  30. Windows 7のアップグレードディスクを取り出します。

  31. パソコンに外付け外付けハードディスク、USBメモリ、または各種メモリーカードを接続した場合は、取り外します。
以上で、設定やデータをバックアップする手順は完了です。



手順4バックアップした設定やデータをWindows 7に転送する


お使いのパソコンをWindows 7にアップグレードした後に、バックアップした設定やデータをWindows 7に転送する手順は、次のとおりです。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。
  1. Windows 7にアップグレードしたパソコンの電源を入れます。

  2. 起動しているアプリケーションをすべて終了します。

  3. バックアップしたデータを、外付けハードディスク、USBメモリ、または各種メモリーカードに保存した場合は、パソコンに接続します。

    内蔵ハードディスクのDドライブに保存した場合は、そのまま次の手順へ進みます。

    アドバイス
    「自動再生」が表示された場合は、「×」ボタンをクリックします。

  4. 「スタート」ボタン→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」→「Windows転送ツール」の順にクリックします。

  5. 「Windows転送ツールへようこそ」と表示されます。
    「次へ」ボタンをクリックします。

    Windows転送ツールへようこそ - 次へ

  6. 「項目を新しいコンピューターに転送する方法を教えてください。」と表示されます。
    「外付けハードディスクまたはUSBフラッシュドライブ」をクリックします。

    外付けハードディスクまたはUSBフラッシュドライブ

  7. 「現在使用しているコンピューター」と表示されます。
    「これは新しいコンピューターです」をクリックします。

    これは新しいコンピューターです

  8. 「Windows転送ツールで、今までのコンピューターのファイルを外付けハードディスクまたはUSBフラッシュドライブに保存済みですか?」と表示されます。
    「はい」をクリックします。

    はい

  9. 「転送ツールファイルを開く」が表示されます。
    バックアップしたデータを保存しているドライブをクリックします。

    ここでは、例として「ローカルディスク(D:)」をクリックします。

    バックアップしたデータを保存したドライブを選択

  10. 「開く」ボタンをクリックします。

    開く

  11. バックアップしたファイルをクリックします。

    バックアップしたファイルをクリック

    アドバイス
    初期設定の状態では「Windows転送ツール - 今までのコンピューターの項目」というファイル名で保存されています。

  12. 「開く」ボタンをクリックします。

    開く

  13. 「転送ファイルの保護に使用したパスワードを入力し、転送を開始します」と表示されます。
    バックアップしたときに設定したパスワードを入力します。

    パスワードを入力

  14. 「次へ」ボタンをクリックします。

    次へ

  15. 「このコンピューターに転送する内容を選択します」と表示されます。
    「転送」ボタンをクリックします。

    転送

  16. 「このコンピューターに項目を転送します」と表示されます。
    バックアップした設定やデータの転送が完了するまで、そのまま待ちます。

    このコンピューターに項目を転送します

  17. 「転送が完了しました」と表示されます。
    「閉じる」ボタンをクリックします。

    転送が完了しました - 閉じる

    アドバイス
    「転送された内容の確認」をクリックすると、「Windows転送ツールレポート」が表示されて、転送したデータの詳細を確認することができます。

    Windows転送ツールレポート

  18. 「転送を完了するには、コンピューターを再起動してください」と表示されます。
    「今すぐ再起動する」ボタンをクリックします。

    転送を完了するには、コンピューターを再起動してください - 今すぐ再起動する

    パソコンが再起動します。

  19. 外付けハードディスク、USBメモリ、または各種メモリーカードを接続した場合は、取り外します。
以上で、バックアップした設定やデータをWindows 7に転送する手順は完了です。

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)