このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【5104-4560】更新日:2005年9月16日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

モデムエラー680でインターネットに接続できません。

対象機種とOS このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 すべて
対象OS
  • Windows XP
  • Windows Me
  • Windows 2000
  • Windows 98
  • Windows 95

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

次のようなエラーが表示されダイヤルアップ接続ができません。

「エラー680:発信音がありませんでした。」
「エラー680:発信音が聞こえません。」

回答

原因

電話機の受話器を持ち上げたときに聞こえる「ツー」という発信音が検知されない場合に、このエラーが表示されます。

次の項目を確認してください。




ビジネスフォンやデジタル交換機をお使いの場合、モデムからの発信ができない場合があります。
お使いの電話回線が、モデムを利用して接続を行えるタイプであるかどうか、回線の管理者または電話会社に確認してください。

0発信(ゼロ発信)など、外線発信番号が必要な回線をご利用の場合は、外線発信番号の設定が行われているかどうかを確認します。
お使いのWindowsのバージョンによって、確認手順が異なります。


Windows XPの場合
  1. 「スタート」ボタン→「コントロールパネル」の順にクリックします。

  2. 「ネットワークとインターネット接続」をクリックします。

    表示がない場合は、次の手順に進みます。

  3. 「ネットワーク接続」をクリックします。

  4. 「ダイヤルアップ」項目から、接続に利用しているアイコンを右クリックし、表示されるメニューから「プロパティ」をクリックします。

  5. 「全般」タブの「ダイヤル情報を使う」にチェックを付けます。

  6. 「ダイヤル情報」ボタンをクリックします。

    ダイヤル情報を使う

  7. 使用する所在地を選択し、「編集」ボタンをクリックします。

    電話とモデムのオプション

  8. 「市内通話の場合の外線発信番号」「市外電話の場合の外線発信番号」に「0,」などの外線発信番号を入力します。

    ダイヤル情報

  9. 「OK」ボタンをクリックします。

  10. 「OK」ボタンをクリックして電話とモデムのオプションを閉じます。

  11. 「OK」ボタンをクリックしてプロパティを閉じます。


Windows Meの場合
  1. 「スタート」ボタン→「設定」→「コントロールパネル」の順にクリックします。

  2. 「ダイヤルアップネットワーク」をクリックします。

  3. 接続に利用しているアイコンをクリックします。

  4. 接続画面が表示されます。
    「ダイヤルのプロパティ」ボタンをクリックします。

    ダイヤルのプロパティ

  5. 「外線発信番号」の「市内通話」「市外通話」に「0,」などの外線発信番号を入力します。

    外線発信番号

  6. 「OK」ボタンをクリックします。


Windows 2000の場合
  1. 「スタート」ボタン→「設定」→「コントロールパネル」の順にクリックします。

  2. 「電話とモデムのオプション」をクリックします。

  3. 「ダイヤル情報」タブで、使用する所在地情報を選択し、「編集」ボタンをクリックします。

    所在地情報

  4. 「市内通話の場合の外線発信番号」「市外電話の場合の外線発信番号」に「0,」などの外線発信番号を入力します。

    ダイヤル情報

  5. 「OK」ボタンをクリックします。

  6. 「OK」ボタンをクリックし、「電話とモデムのオプション」を閉じます。


Windows 98の場合
Windows 95の場合
  1. 「マイコンピュータ」→「ダイヤルアップネットワーク」の順にクリックします。

  2. 接続に利用しているアイコンをクリックします。

  3. 接続画面が表示されます。
    「ダイヤルのプロパティ」ボタンをクリックします。

    ダイヤルのプロパティ

  4. 「外線発信番号」の「市内通話」「市外通話」に「0,」などの外線発信番号を入力します。

    外線発信番号

  5. 「OK」ボタンをクリックします。



配線が正しく行われているかどうかを確認します。

  • 壁のモジュラージャックと、内蔵モデムのそれぞれのコネクタに、ケーブルがきちんと接続されていることを確認します。

  • 壁のモジュラージャックと、内蔵モデムを接続しているケーブルが長いと、ノイズの影響を受けやすくなります。
    できるだけ短いケーブルを使用します。

  • 分配器で、電話とモデムを分けて接続している場合は、モデムとモジュラージャックを直接接続して動作を確認します。



発信音(トーン)を待ってからダイヤルする設定を解除します。
お使いのWindowsのバージョンによって、操作手順が異なります。


Windows XPの場合
  1. 「スタート」→「コントロールパネル」の順にクリックします。

  2. 「プリンタとその他のハードウェア」をクリックします。

    表示がない場合は、次に進みます。

  3. 「電話とモデムのオプション」をクリックします。

  4. 「モデム」タブをクリックします。

  5. 接続に使用するモデムをクリックして選択し、「プロパティ」ボタンをクリックします。

    モデムのプロパティ

  6. 「モデム」タブをクリックします。

  7. 「発信音を待ってからダイヤルする」のチェックを外します。

    発信音を待ってからダイヤルする

  8. 「OK」ボタンをクリックしてプロパティを閉じます。


Windows Meの場合
  1. 「スタート」ボタン→「設定」→「コントロールパネル」の順にクリックします。

  2. 「ダイヤルアップネットワーク」をクリックします。

  3. 接続に利用しているアイコンを右クリックし、「プロパティ」をクリックします。

  4. 「全般」タブの「接続の方法」から「設定」ボタンをクリックします。

    設定ボタン

  5. 「接続」タブをクリックします。

  6. 「接続オプション」の「トーンを待ってからダイヤルする」のチェックを外します。

    トーンを待ってからダイヤルする

  7. 「OK」ボタンをクリックしてプロパティを閉じます。


Windows 2000の場合
  1. 「スタート」ボタン→「設定」→「コントロールパネル」の順にクリックします。

  2. 「電話とモデムのオプション」をクリックします。

  3. 「モデム」タブをクリックします。

  4. 接続に使用するモデムをクリックして選択し、「プロパティ」ボタンをクリックします。

    モデムのプロパティ

  5. 「ダイヤル管理」の「発信音を待ってからダイヤルする」のチェックを外します。

    発信音を待ってからダイヤルする

  6. 「OK」ボタンをクリックしてプロパティを閉じます。


Windows 98の場合
Windows 95の場合
  1. 「マイコンピュータ」→「ダイヤルアップネットワーク」の順にクリックします。

  2. 接続に利用しているアイコンを右クリックし、表示されるメニューから「プロパティ」をクリックします。

  3. 「全般」タブをクリックします。

  4. 「接続の方法」から「設定」ボタンをクリックします。

    設定ボタン

  5. 「接続」タブをクリックします。

  6. 「接続オプション」の「トーンを待ってからダイヤルする」の、チェックを外します。

    トーンを待ってからダイヤルする

  7. 「OK」ボタンをクリックしてプロパティを閉じます。

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)