このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【5104-7952】更新日:2011年10月1日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

[筆ぐるめ Ver.6.0〜Ver.13 / 2005] 住所録のバックアップや復元の方法を教えてください。

対象機種とOS (全て表示) このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 2006年秋冬モデルDESKPOWER、他・・・
対象OS
  • Windows XP Home Edition
  • Windows XP Professional
  • Windows XP Tablet PC Edition
  • Windows XP Media Center Edition 2004
  • Windows XP Media Center Edition 2005
  • Windows Me
  • Windows 2000
  • Windows 98 Second Edition
  • Windows 98

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

筆ぐるめの住所録を、FMかんたんバックアップを使わずに、バックアップ(エクスポート)したり、復元(インポート)したりする方法を教えてください。

回答

筆ぐるめの住所録をバックアップしたり復元したりする方法は、お使いの筆ぐるめによって異なります。


ご注意

  • データの保管およびバックアップ作業は、お客様の責任で行ってください。
    パソコンに保存したデータの保管について、当社では責任を負いかねます。

  • 筆ぐるめ Ver.7.0以降でバックアップしたデータを復元する(戻す)場合

    現在の住所録と同じ名前の住所録データが保存されていると、「上書き確認」の画面が表示されます。
    表示された画面で「はい」ボタンをクリックすると、現在の住所録データが消去され、バックアップしたときの状態に戻ります。

  • 筆ぐるめ Ver.6.0でバックアップしたデータを復元する(戻す)場合

    現在の住所録と同じ名前の住所録データ保存されていた場合は、「フォルダの上書きの確認」が表示されます。
    表示された画面で「すべて上書き」ボタンをクリックすると、現在の住所録データが消去され、バックアップしたときの状態に戻ります。
アドバイス
  • お使いの筆ぐるめのバージョンがわからない場合は、「スタート」ボタン→「すべてのプログラム」の順にクリックします。
    「筆ぐるめ Ver.(数字)」の(数字)の部分に、筆ぐるめのバージョンが表示されます。

  • 異なるバージョンの筆ぐるめをお使いの場合は、次のQ&Aをご覧ください。

    Q&A筆ぐるめについて教えてください。(新しいウィンドウで表示)


筆ぐるめ Ver.13の場合


住所録をバックアップしたり、復元したりする方法は、次のとおりです。

次の場合に応じた項目を確認してください。

  1. バックアップする
  2. 復元する

バックアップする


次の手順で、住所録をバックアップ(エクスポート)します。


操作手順

お使いの機種によっては、表示される画面が異なります。
  1. 筆ぐるめを起動します。

    アドバイス
    「筆ぐるめ − ナビ」が表示された場合は、「×」ボタンをクリックします。

  2. 「おもて(宛て名)」タブが選択されていることを確認します。

    アドバイス
    「うら(レイアウト)」タブが選択されている場合は、「おもて(宛て名)へ切替」タブをクリックします。

    「おもて(宛て名)」タブ

  3. 「住所録」ボタンをクリックします。

    「住所録」ボタン

  4. バックアップする住所録ファイルをクリックします。

    住所録ファイル

  5. 「バックアップ」→「住所録のバックアップをする」の順にクリックします。

    バックアップボタン

  6. 「筆ぐるめ - バックアップファイルの作成(住所録の名前)」が表示されます。
    「保存する場所」の「▼」ボタンをクリックし、表示される一覧からお好みのバックアップ先をクリックします。

    ここでは例として、「ローカルディスク(D:)」をクリックします。

    保存する場所の選択(筆ぐるめ Ver.13)

    重要
    初期設定の状態では、住所録ファイルは「マイ ドキュメント」フォルダに保存されます。
    「マイ ドキュメント」フォルダは、リカバリを実行すると消去されるため、選択しないことをお勧めします。

  7. 「ファイル名」欄にお好みのファイル名を入力して、「保存」ボタンをクリックします。

    「保存」ボタン(筆ぐるめ Ver.13)

  8. 「バックアップが完了しました。」と表示されたら、「OK」ボタンをクリックします。

    バックアップが完了しました。

復元する


次の手順で、バックアップした住所録を復元(インポート)します。


操作手順

お使いの機種によっては、表示される画面が異なります。
  1. 筆ぐるめを起動します。

    アドバイス
    「筆ぐるめ − ナビ」が表示された場合は、「×」ボタンをクリックして、画面を閉じます。

  2. 「おもて(宛て名)」(または「おもて(宛て名)へ切換」)タブをクリックします。

    「おもて(宛て名)」タブ

  3. 「住所録」ボタンをクリックします。

    「住所録」ボタン

  4. 「バックアップ」→「バックアップした住所録を戻す」の順にクリックします。

    バックアップボタン

  5. 「筆ぐるめ - バックアップファイルの選択」が表示されます。
    「ファイルの場所」の「▼」ボタンをクリックし、表示される一覧からバックアップ(エクスポート)した住所録ファイル(*.fga形式)がある場所をクリックします。

    ここでは例として、「ローカルディスク(D:)」をクリックします。

    ファイルの場所の選択(筆ぐるめ Ver.13)

  6. バックアップ(エクスポート)した住所録ファイル(*.fga形式)をクリックします。

    住所録ファイル(筆ぐるめ Ver.13)

  7. 「開く」ボタンをクリックします。

    アドバイス
    住所録ファイルをクリックしただけで、「筆ぐるめ - 上書き確認」が表示された場合は、次の手順に進みます。

    「開く」ボタン(筆ぐるめ Ver.13)

  8. 「筆ぐるめ - 上書き確認」が表示されたら、「はい」ボタンをクリックします。

    アドバイス
    表示されない場合は、次の手順に進みます。

    筆ぐるめ - 上書き確認

  9. 「リストアが正常終了しました。」と表示されたら、「OK」ボタンをクリックします。

    アドバイス
    表示されない場合は、次の手順に進みます。

    リストアが正常終了しました。

  10. 復元(インポート)した住所録が表示されていることを確認します。

ご

筆ぐるめの操作については、筆ぐるめのマニュアルのほか、オンラインマニュアルの『富士通サービスアシスタント』などでもご案内しています。
詳細な操作については、次のQ&Aをご覧ください。

Q&A[筆ぐるめ] 筆ぐるめの詳細な操作手順や、マニュアルについて教えてください。 (新しいウィンドウで表示)



筆ぐるめ Ver.11〜Ver.12 / 2005の場合


住所録をバックアップしたり、復元したりする方法は、次のとおりです。

次の場合に応じた項目を確認してください。

  1. バックアップする
  2. 復元する

バックアップする


次の手順で、住所録をバックアップ(エクスポート)します。


操作手順

お使いの機種によっては、表示される画面が異なります。
  1. 筆ぐるめを起動します。

    アドバイス
    「筆ぐるめ - ナビ」が表示された場合は、「×」ボタンをクリックして、画面を閉じます。

  2. 「おもて/うら切り替え」ボタンをクリックして、「表」を選択します。

    「表/裏」切替ボタン

  3. 「住所録」ボタンをクリックします。

    「住所録」ボタン

  4. バックアップする住所録ファイルをクリックします。

    住所録ファイル

  5. 「バックアップ」→「住所録のバックアップをする」の順にクリックします。

    「バックアップ」ボタン

  6. 「筆ぐるめ - バックアップファイルの作成」が表示されます。
    「保存する場所」の「▼」ボタンをクリックし、表示される一覧からお好みのバックアップ先をクリックします。

    ここでは例として、「ローカルディスク(D:)」をクリックします。

    重要
    初期設定の状態では、住所録ファイルは「マイ ドキュメント」フォルダに保存されます。
    「マイ ドキュメント」フォルダは、リカバリを実行すると消去されるため、選択しないことをお勧めします。

  7. 「ファイル名」欄にお好みのファイル名を入力したら、「保存」ボタンをクリックします。

    「保存」ボタン(筆ぐるめ Ver.11〜Ver.12、2005)

  8. 「バックアップが完了しました。」と表示されたら、「OK」ボタンをクリックします。

    バックアップが完了しました。

復元する


次の手順で、バックアップした住所録を復元(インポート)します。

アドバイス
住所録ファイルをCD-R/RWにバックアップしている場合は、「デスクトップ」や「マイドキュメント」フォルダなどにコピーし、住所録ファイルを復元(インポート)してください。


操作手順

お使いの機種によっては、表示される画面が異なります。
  1. 筆ぐるめを起動します。

    アドバイス
    「筆ぐるめ - ナビ」が表示された場合は、「×」ボタンをクリックして、画面を閉じます。

  2. 「おもて/うら切り替え」ボタンをクリックして、「表」を選択します。

    「表/裏」切替ボタン

  3. 「住所録」ボタンをクリックします。

    「住所録」ボタン

  4. 「バックアップ」→「バックアップした住所録を戻す」の順にクリックします。

    「バックアップ」ボタン

  5. 「筆ぐるめ - バックアップファイルの選択」が表示されます。
    「ファイルの場所」の「▼」ボタンをクリックし、表示される一覧からバックアップ(エクスポート)した住所録ファイル(*.fga形式)がある場所をクリックします。

    ここでは例として、「ローカルディスク(D:)」をクリックします。

  6. バックアップ(エクスポート)した住所録ファイル(*.fga形式)をクリックします。

  7. 「開く」ボタンをクリックします。

    「開く」ボタン(筆ぐるめ Ver.11〜Ver.12、2005)

    アドバイス
    住所録ファイルをクリックしただけで、「筆ぐるめ - 上書き確認」が表示された場合は、次の手順に進みます。

  8. 「筆ぐるめ - 上書き確認」が表示されたら、「はい」ボタンをクリックします。

    上書き確認

  9. 「リストアが正常終了しました。」と表示されたら、「OK」ボタンをクリックします。

    リストアが正常終了しました。

  10. 復元(インポート)した住所録が表示されていることを確認します。

ご参考

筆ぐるめの操作については、筆ぐるめのマニュアルのほか、オンラインマニュアルの『富士通サービスアシスタント』などでもご案内しています。
詳細な操作については、次のQ&Aをご覧ください。

Q&A[筆ぐるめ] 筆ぐるめの詳細な操作手順や、マニュアルについて教えてください。 (新しいウィンドウで表示)



筆ぐるめ Ver.9.0 〜 Ver.10の場合


住所録をバックアップしたり、復元したりする方法は、次のとおりです。

次の場合に応じた項目を確認してください。

  1. バックアップする
  2. 復元する

バックアップする


次の手順で、住所録をバックアップ(エクスポート)します。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. 筆ぐるめを起動します。

    アドバイス
    • 「筆ぐるめ - お知らせ」が表示された場合は、「筆ぐるめの起動」(または「OK」)ボタンをクリックします。

    • 「筆ぐるめ - ナビゲーション」が表示された場合は、「閉じる」ボタンをクリックします。

  2. 「筆ぐるめ」が表示されます。
    「おもて」ボタンが選択された状態で、「住所録」ボタンをクリックします。

    おもてボタンが選択された状態で住所録ボタンをクリック

  3. 保存したい住所録をクリックします。

    保存したい住所録をクリック

  4. 「バックアップ」をクリックし、表示されるメニューから「住所録のバックアップをする」をクリックします。

    バックアップ→住所録のバックアップをするをクリック

    アドバイス
    「「(住所録名)」が編集中です。「閉じる」ボタンで編集作業を終了させてからバックアップを行ってください。」と表示されたら「OK」ボタンをクリックします。
    その後「閉じる」ボタンをクリックしてから、もう一度、手順2.から操作を行います。

    OKボタンをクリック

  5. 「筆ぐるめ - バックアップファイルの作成」が表示されます。「保存する場所」の「▼」ボタンをクリックし、表示される一覧からお好みのバックアップ先をクリックします。

    ここでは例として、「ローカルディスク(D:)」をクリックします。

    重要
    • 初期設定の状態では、住所録ファイルは「マイ ドキュメント」フォルダに保存されます。
      「マイ ドキュメント」フォルダは、リカバリを実行すると消去されるため、選択しないことをお勧めします。

    • CD-R/RWに保存したい場合は、一時的にデスクトップなどを指定してください。

  6. 「ファイル名」欄にお好みのファイル名を入力したら、「保存」ボタンをクリックします。

    保存ボタンをクリック

  7. 「(住所録名(ファイル名))のバックアップが完了しました。」というメッセージが表示されたら、「OK」ボタンをクリックします。

    OKボタンをクリック

    アドバイス

復元する


次の手順で、バックアップした住所録を復元(インポート)します。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. 筆ぐるめを起動します。

    アドバイス
    • 「筆ぐるめ - お知らせ」が表示された場合は、「筆ぐるめの起動」(または「OK」)ボタンをクリックします。

    • 「筆ぐるめ - ナビゲーション」が表示された場合は、「閉じる」ボタンをクリックします。

  2. 「筆ぐるめ」が表示されます。
    「おもて」ボタンが選択された状態で、「住所録」ボタンをクリックします。

    おもてボタンが選択された状態で住所録ボタンをクリック

  3. 「バックアップ」をクリックし、表示されるメニューから「バックアップした住所録を戻す」をクリックします。

    バックアップ→バックアップした住所録を戻すをクリック

  4. 「筆ぐるめ - バックアップファイルの選択」が表示されます。
    「ファイルの場所」の「▼」ボタンをクリックし、表示される一覧からバックアップした住所録ファイル(*.fga形式)がある場所をクリックします。

    ここでは例として、「ローカルディスク(D:)」をクリックします。

    アドバイス
    住所録ファイルがCD-RやCD-RWに保存されている場合は、デスクトップなどにコピーしてください。

  5. バックアップした住所録ファイル(*.fga形式)をクリックします。

  6. 「開く」ボタンをクリックします。

    開くボタンをクリック

    アドバイス
    「筆ぐるめ - 上書き確認」が表示された場合は、バックアップした住所録と同じファイル名の住所録が作成されています。

    • バックアップした住所録の内容で上書きする場合
      「はい」ボタンをクリックします。

    • 作成されている住所録の内容を残したい場合
      「いいえ」ボタンをクリックして復元手順を中断します。
      バックアップした住所録のファイル名(「FGWA0000.fga」など)を変更し、手順1.からやりなおします。

    はいボタンまたはいいえボタンをクリック

  7. 「リストアが正常終了しました。」と表示されたら、「OK」ボタンをクリックします。

    OKボタンをクリック

ご参考

筆ぐるめの操作については、筆ぐるめのマニュアルのほか、オンラインマニュアルの『富士通サービスアシスタント』などでもご案内しています。
詳細な操作については、次のQ&Aをご覧ください。

Q&A[筆ぐるめ] 筆ぐるめの詳細な操作手順や、マニュアルについて教えてください。 (新しいウィンドウで表示)



筆ぐるめ Ver.7.0 〜 Ver.8.0の場合


住所録をバックアップしたり、復元したりする方法は、次のとおりです。

次の場合に応じた項目を確認してください。

  1. バックアップする
  2. 復元する

バックアップする


次の手順で、住所録をバックアップ(エクスポート)します。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. 筆ぐるめを起動します。

  2. 「おもて/うら」切り替えボタンをクリックし、「おもて」が赤い文字で表示される状態にします。

    おもて/うら切り替えボタンをクリックし、おもてが赤い文字で表示される状態にする

  3. 「住所録」ボタンをクリックします。

    住所録ボタンをクリック

  4. 保存したい住所録をクリックします。

    保存したい住所録をクリック

  5. 「保存」の「▼」ボタンをクリックし、表示されるメニューから「バックアップする」をクリックします。

    ▼ボタンをクリックしバックアップするをクリック

    アドバイス
    「「(住所録名)」が編集中です」と表示された場合は、「OK」ボタンをクリックします。
    その後「閉じる」ボタンをクリックし、もう一度手順2.から操作します。

    OKボタンをクリック

  6. 「保存する場所」の「▼」ボタンをクリックし、表示される一覧からお好みのバックアップ先をクリックします。

    ここでは例として、「ローカルディスク(D:)」(または「(D:)」)をクリックします。

    重要
    • 初期設定の状態では、住所録ファイルは「マイ ドキュメント」フォルダに保存されます。
      「マイ ドキュメント」フォルダは、リカバリを実行すると消去されるため、選択しないことをお勧めします。

    • CD-R/RWに保存したい場合は、一時的にデスクトップなどを指定してください。

  7. 「ファイル名」欄にお好みのファイル名を入力したら、「保存」ボタンをクリックします。

    保存ボタンをクリック

  8. 「(住所録名(ファイル名))のバックアップが完了しました。」と表示されたら、「OK」ボタンをクリックします。

    OKボタンをクリック

  9. 指定した場所に住所録が保存されます。
    「×」ボタンをクリックし、筆ぐるめを終了します。
アドバイス
保存した住所録をCD-R/RWなどに書き込みたい場合は、ライティングソフトを使います。
ライティングソフトの使い方については、次のQ&Aをご覧ください。


復元する


次の手順で、バックアップした住所録を復元(インポート)します。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. 筆ぐるめを起動します。

  2. 「おもて/うら」切り替えボタンをクリックし、「おもて」が赤い文字で表示される状態にします。

    おもて/うら切り替えボタンをクリックし、おもてが赤い文字で表示される状態にする

  3. 「住所録」ボタンをクリックします。

    住所録ボタンをクリック

  4. 「保存」ボタンの「▼」ボタンをクリックし、表示されるメニューから「バックアップから戻す」をクリックします。

    ▼ボタンをクリックしバックアップから戻すをクリック

  5. 「筆ぐるめ - バックアップファイルの選択」が表示されます。
    「ファイルの場所」の「▼」ボタンをクリックし、バックアップ(エクスポート)した住所録ファイル(*.fga形式)が保存されている場所をクリックします。

    ここでは例として、「ローカルディスク(D:)」(または「(D:)」)をクリックします。

  6. バックアップ(エクスポート)した住所録ファイル(*.fga形式)をクリックします。

  7. 「開く」ボタンをクリックします。

    開くボタンをクリック

  8. 「筆ぐるめ - 上書き確認」が表示されたら、「はい」ボタンをクリックします。

    はいボタンをクリック

    重要
    すでに作成している住所録がある場合は削除され、戻した住所録の内容が反映されます。

  9. 「リストアが正常終了しました。」と表示されたら、「OK」ボタンをクリックします。

    OKボタンをクリック

ご参考

筆ぐるめの操作については、筆ぐるめのマニュアルのほか、オンラインマニュアルの『富士通サービスアシスタント』などでもご案内しています。
詳細な操作については、次のQ&Aをご覧ください。

Q&A[筆ぐるめ] 筆ぐるめの詳細な操作手順や、マニュアルについて教えてください。 (新しいウィンドウで表示)



筆ぐるめ Ver.6.0の場合


住所録をバックアップしたり、復元したりする方法は、次のとおりです。

次の項目を順番に確認してください。

  1. 事前準備
  2. バックアップする
  3. 復元する

事前準備


事前準備として、筆ぐるめの住所録をバックアップするためのフォルダを作成します。

ここでは、例としてハードディスクの「(D:)」ドライブに、「筆ぐるめ住所録」というフォルダを作成して、住所録ファイルをバックアップ、復元する手順をご案内しています。


操作手順

  1. 「マイコンピュータ」をクリックします。

    マイコンピュータ

  2. 「(D:)」アイコンをクリックします。

    (D:)

  3. 「ファイル」メニュー→「新規作成」→「フォルダ」の順にクリックします。

    「ファイル」メニュー→「新規作成」→「フォルダ」

  4. 「新しいフォルダ」が作成されます。
    「新しいフォルダ」を右クリックし、表示されるメニューから「名前の変更」をクリックします。

    「名前の変更」

  5. 「新しいフォルダ」の文字が青色に反転表示されます。
    「筆ぐるめ住所録」と入力します。

    「筆ぐるめ住所録」

  6. 【Enter】キーを押します。

  7. 「×」ボタンをクリックし、「(D:)」を閉じます。

バックアップする


次の手順で、住所録をバックアップします。


操作手順

  1. デスクトップの「マイコンピュータ」アイコンをクリックします。

    マイコンピュータ

  2. 「(C:)」アイコンをクリックします。

    (C:)

  3. 「Program Files」フォルダをクリックします。

    「Program Files」

  4. 「Fgw」フォルダをクリックします。

    「Fgw」

  5. 「FgwData」フォルダをクリックします。

    「FgwData」

  6. 「Database」フォルダを右クリックし、表示されるメニューから「コピー」をクリックします。

    「Database」をコピー

  7. 「×」ボタンをクリックし、「FgwDate」フォルダを閉じます。

  8. デスクトップの「マイコンピュータ」アイコンをクリックします。

    マイコンピュータ

  9. 「(D:)」アイコンをクリックします。

    (D:)

  10. 「筆ぐるめ住所録」フォルダをクリックします。

    「筆ぐるめ住所録」

  11. 「編集」メニュー→「貼り付け」の順にクリックします。

    「編集」メ

  12. 筆ぐるめの住所録がコピーされます。
    「Database」フォルダが表示されたことを確認します。

    「Database」コピー完了

  13. 「×」ボタンをクリックし、「筆ぐるめ住所録」を閉じます。

復元する


次の手順で、住所録を復元します。


操作手順

  1. デスクトップの「マイコンピュータ」アイコンをクリックします。

    マイコンピュータ

  2. 「(D:)」アイコンをクリックします。

    (D:)

  3. 「筆ぐるめ住所録」フォルダをクリックします。

    「筆ぐるめ住所録」

  4. 「Database」フォルダを右クリックし、表示されるメニューから「コピー」をクリックします。

    バックアップした「Database」をコピー

  5. 「×」ボタンをクリックし、「筆ぐるめ住所録」フォルダを閉じます。

  6. デスクトップの「マイコンピュータ」アイコンをクリックします。

    マイコンピュータ

  7. 「(C:)」アイコンをクリックします。

    (C:)

  8. 「Program Files」フォルダをクリックします。

    「Program Files」

  9. 「Fgw」フォルダをクリックします。

    「Fgw」

  10. 「FgwData」フォルダをクリックします。

    「FgwData」

  11. 「編集」メニュー→「貼り付け」の順にクリックします。

    「編集」メ

  12. 「フォルダの上書きの確認」が表示されます。
    「はい」ボタンをクリックします。

    「フォルダの上書きの確認」

    重要
    表示された画面で「すべて上書き」ボタンをクリックすると、現在の住所録データが消去され、バックアップしたときの状態に戻ります。

  13. 「×」ボタンをクリックし、「FgwData」フォルダを閉じます。

  14. 筆ぐるめを起動して、住所録が復元されていることを確認します。

ご参考

筆ぐるめの操作については、筆ぐるめのマニュアルのほか、オンラインマニュアルの『富士通サービスアシスタント』となどでもご案内しています。
詳細な操作については、次のQ&Aをご覧ください。

Q&A[筆ぐるめ] 筆ぐるめの詳細な操作手順や、マニュアルについて教えてください。(新しいウィンドウで表示)

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)