このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【7306-8663】更新日:2010年7月10日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

[Windows メール] アドレス帳をバックアップする方法と復元する方法を教えてください。

対象機種とOS このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 すべて
対象OS
  • WindowsVista

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

Windows メールのアドレス帳をバックアップする方法と復元する方法を教えてください。

回答

Windows メールのアドレス帳のバックアップと復元をする方法は、複数あります。


ご注意

データの保存、およびバックアップ作業は、お客様の責任で行ってください。
パソコンに保存したデータや、バックアップしたデータについて、当社では責任を負いかねます。

アドバイス

CSV形式でバックアップ / 復元する場合

アドレス帳をCSV形式でバックアップ / 復元します。

CSV形式でバックアップすると、はがき作成ソフトなどの他のアプリケーションでも、バックアップしたデータを読み込める可能性があります。

次の場合に応じた案内をご覧ください。

  1. バックアップする場合
  2. 復元する場合

バックアップする場合

次の手順で、アドレス帳をCSV形式でバックアップします。


操作手順

  1. 「ローカルディスク(D:)」などに、アドレス帳をバックアップするフォルダを作成します。

    アドバイス
    フォルダは、フォルダを作成する場所で右クリックし表示されるメニューから、「新規作成」→「フォルダ」の順にクリックすることで作成できます。
    フォルダ名はお好みで付けてください。

  2. Windows メールを起動します。

  3. 「ツール」メニュ→「Windows アドレス帳」の順にクリックします。

    Windows アドレス帳

  4. 「アドレス帳」が表示されます。
    画面上部の「エクスポート」をクリックします。

    エクスポート

  5. 「Windows アドレス帳のエクスポート」が表示されます。
    「CSV (カンマ区切り)」をクリックします。

    CSV (カンマ区切り)

  6. 「エクスポート」ボタンをクリックします。

    エクスポート

  7. 「CSV のエクスポート」が表示されます。
    「参照」ボタンをクリックします。

    参照

  8. 「名前を付けて保存」が表示されます。
    「フォルダの参照」をクリックします。

    フォルダの参照

  9. アドレス帳をバックアップするフォルダを開きます。

  10. 「ファイル名」の項目に、お好みでファイル名を入力します。

    ファイル名
    (バックアップするファイル名に、「アドレス帳」とした例)

  11. 「保存」ボタンをクリックします。

    保存

  12. 「CSV のエクスポート」に戻ります。
    「次へ」ボタンをクリックします。

    次へ

  13. 「エクスポートするフィールドを選択してください」と表示されます。
    一覧から、バックアップする項目をお好みでクリックし、チェックを付けます。

    エクスポートするフィールドを選択してください

  14. 「完了」ボタンをクリックします。

    完了

  15. バックアップが開始されます。
    完了するまで、そのまましばらく待ちます。

  16. バックアップが完了すると、「指定した場所にエクスポートされました。」と表示されます。
    「OK」ボタンをクリックします。

    アドレス帳が新しい形式に変換され、指定した場所にエクスポートされました。

  17. 「Windows アドレス帳のエクスポート」に戻ります。
    「閉じる」ボタンをクリックします。

    閉じる

  18. 「アドレス帳」に戻ります。
    「×」ボタンをクリックし、「アドレス帳」を閉じます。

  19. Windows メールに戻ります。
    「×」ボタンをクリックし、Windows メールを閉じます。

  20. 手順1. で作成したフォルダに、アドレス帳がバックアップされていることを確認します。

アドバイス
アドレス帳をバックアップしたフォルダは、CD-RやDVD-Rなどの別の媒体へコピーしたり、移動したりすることをお勧めします。


復元する場合

次の手順で、バックアップしたCSV形式のアドレス帳を復元します。


操作手順

  1. アドレス帳をバックアップしたフォルダが、CD-RやDVD-Rなどの別の媒体に保存されている場合は、パソコンのデスクトップなどにコピーします。

  2. Windows メールを起動します。

  3. 「ツール」メニュ→「Windows アドレス帳」の順にクリックします。

    Windows アドレス帳

  4. 「アドレス帳」が表示されます。
    画面上部の「インポート」をクリックします。

    インポート

  5. 「Windows アドレス帳にインポート」が表示されます。
    「CSV (カンマ区切り)」をクリックします。

    CSV (カンマ区切り)

  6. 「インポート」ボタンをクリックします。

    インポート

  7. 「CSV のインポート」が表示されます。
    「参照」ボタンをクリックします。

    参照

  8. 「開く」が表示されます。
    アドレス帳のファイルがバックアップされているフォルダを開きます。

  9. アドレス帳のファイルをクリックします。

    アドレス帳

    アドバイス
    次の画面に切り替わらない場合は、「開く」ボタンをクリックします。

  10. 「CSV のインポート」に戻ります。
    「次へ」ボタンをクリックします。

    次へ

  11. 「インポートするフィールドの割り当て」と表示されます。
    「完了」ボタンをクリックします。

    完了

  12. 復元が開始されます。
    完了するまで、そのまましばらく待ちます。

    アドバイス
    アドレス帳にすでに同じ名前のファイルがある場合は、上書きを確認するメッセージが表示されます。
    復元するファイルで上書きする場合は、「はい」ボタンをクリックします。
    上書きしない場合は、「いいえ」ボタンをクリックします。

    上書きの確認

  13. 復元が完了すると、「Windows アドレス帳にインポート」に戻ります。
    「閉じる」ボタンをクリックします。

    閉じる

  14. 「アドレス帳」に戻ります。
    アドレス帳のデータが復元されていることを確認します。

  15. 「×」ボタンをクリックし、「アドレス帳」を閉じます。

  16. Windows メールに戻ります。
    「×」ボタンをクリックし、Windows メールを閉じます。



アドレス帳のフォルダをバックアップ / 復元する場合

アドレス帳が保存されているフォルダを直接バックアップ / 復元します。

次の場合に応じた案内をご覧ください。

  1. バックアップする場合
  2. 復元する場合

バックアップする場合

次の手順で、アドレス帳のフォルダを直接バックアップします。


操作手順

  1. 「ローカルディスク(D:)」などに、アドレス帳をバックアップするフォルダを作成します。

    アドバイス
    フォルダは、フォルダを作成する場所で右クリックし表示されるメニューから、「新規作成」→「フォルダ」の順にクリックすることで作成できます。
    フォルダ名はお好みで付けてください。

  2. 「スタート」ボタン→「(ユーザー名)」の順にクリックします。

    「スタート」ボタン→「(ユーザー名)」
    (ユーザー名が「Owner」の例)

  3. 「(ユーザー名)」画面が表示されます。
    「アドレス帳」を右クリックし、表示されるメニューから「コピー」をクリックします。

    アドレス帳のコピー

  4. 「×」ボタンをクリックし、「(ユーザー名)」画面を閉じます。

  5. 手順1. で作成したフォルダを開きます。

  6. フォルダ内の何も表示されていない場所で右クリックし、表示されるメニューから「貼り付け」をクリックします。

    貼り付け

  7. 「アドレス帳」がバックアップされたことを確認します。

  8. 「×」ボタンをクリックし、手順1. で作成したフォルダを閉じます。

アドバイス
アドレス帳をバックアップしたフォルダは、CD-RやDVD-Rなどの別の媒体へコピーしたり、移動したりすることをお勧めします。


復元する場合

次の手順で、バックアップしたアドレス帳のフォルダを復元します。


操作手順

  1. アドレス帳をバックアップしたフォルダが、CD-RやDVD-Rなどの別の媒体に保存されている場合は、パソコンのデスクトップなどにコピーします。

  2. 「アドレス帳」がバックアップされているフォルダを開きます。

  3. 「アドレス帳」を右クリックし、表示されるメニューから、「コピー」をクリックします。

    アドレス帳のコピー

  4. 「スタート」ボタン→「(ユーザー名)」をクリックします。

    「スタート」ボタン→「(ユーザー名)」
    (ユーザー名が「Owner」の例)

  5. 「(ユーザー名)」画面が表示されます。
    表示されたフォルダの何も表示されていない場所で右クリックし、表示されるメニューから「貼り付け」をクリックします。

    貼り付け

  6. 「フォルダの上書きの確認」が表示されます。
    「はい」ボタンをクリックします。

    フォルダ上書きの確認

  7. 復元が開始されます。
    完了するまで、そのまましばらく待ちます。

    アドバイス
    アドレス帳にすでに同じ名前のファイルがある場合、上書きを確認するメッセージが表示されます。
    復元するファイルで上書きする場合は、「コピーして置き換える」をクリックします。
    上書きしない場合は、「コピーしない」をクリックします。

    ファイルのコピー

  8. 復元が完了すると、「(ユーザー名)」画面に戻ります。
    「アドレス帳」をクリックします。

    アドレス帳

  9. 「アドレス帳」画面が表示されます。
    アドレス帳が復元されたことを確認します。

  10. 「×」ボタンをクリックし、「アドレス帳」画面を閉じます。

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)