このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【7308-7752】更新日:2010年12月9日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

[Windows Live メール] CSV形式のアドレス帳をインポートすると文字化けします。

対象機種とOS このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 すべて
対象OS
  • Windows 7

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

CSV形式のアドレス帳を、Windows Live メールに取り込むと文字化けします。

回答

CSV形式のアドレス帳を、Windows Live メールにインポートする前に、文字コードを変換しないと文字化けすることがあります。

文字コードを変換し、アドレス帳にインポートする方法は、次のとおりです。
ここでは例として、デスクトップに保存しているCSV形式のアドレス帳を使用します。


手順1CSV形式のアドレス帳の文字コードを変換する

次の手順で、文字コードを変換します。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. CSV形式のアドレス帳を右クリックし、表示されるメニューから「プログラムから開く」→「既定のプログラムの選択」の順にクリックします。

    「既定のプログラムの選択」

    アドバイス
    「プログラムから開く」のメニューの中に、「メモ帳」が表示されている場合は、「メモ帳」をクリックし、手順5.に進みます。

    「メモ帳」をクリック

  2. 「ファイルを開くプログラムの選択」が表示されます。
    「このファイルの種類を開くプログラムを選択してください」の一覧から、「メモ帳」をクリックします。

    「メモ帳」をクリック

  3. 「この種類のファイルを開くときは、選択したプログラムをいつも使う」をクリックし、チェックを付けます。

    「この種類のファイルを開くときは、選択したプログラムをいつも使う」のチェックを外す

  4. 「OK」ボタンをクリックします。

    「OK」ボタンをクリック

  5. アドレス帳が、メモ帳で開きます。
    「ファイル」メニュー→「名前を付けて保存」の順にクリックします。

    「名前を付けて保存」をクリック

  6. 「名前を付けて保存」が表示されます。
    「文字コード」欄の、「▼」ボタンをクリックし、表示されるメニューから「UTF-8」をクリックします。

    「UTF-8」をクリック

  7. 「保存」ボタンをクリックします。

    「保存」ボタンをクリック

  8. 「上書きしますか?」と表示されます。
    「はい」ボタンをクリックします。

    「はい」ボタンをクリック

  9. 「×」ボタンをクリックし、メモ帳を閉じます。

手順2Windows Live メールにインポートする

次の手順で、CSV形式のアドレス帳を、Windows Live メールにインポートします。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. Windows Live メールを起動します。

  2. 「ショートカット」の「アドレス帳」をクリックします。

    「アドレス帳」をクリック

  3. .Windows Live メールのバージョンに応じて、次を操作します。

    • Windows Live メール 2011の場合

      「ホーム」タブの「インポート」ボタンをクリックし、表示されるメニューから「カンマ区切り(.CSV)」をクリックします。

      「カンマ区切り(.CSV)」をクリック(Windows Live メール 2011)

    • Windows Live メール 2009の場合

      「メニュー」ボタンをクリックし、表示されるメニューから「インポート」→「カンマ区切り(.CSV)」の順にクリックします。

      「カンマ区切り(.CSV)」をクリック(Windows Live メール 2009)

  4. 「インポートするファイルの選択」と表示されます。
    「参照」ボタンをクリックします。

    「参照」ボタンをクリック

  5. 「開く」が表示されます。
    左の一覧から、「デスクトップ」をクリックします。

    「デスクトップ」をクリック

  6. CSV形式のアドレス帳をクリックします。

    CSV形式のアドレス帳をクリック

  7. 「インポートするファイルの選択」の、「次へ」ボタンをクリックします。

    「次へ」ボタンをクリック

  8. 「インポートするフィールドの割り当て」と表示されます。
    フィールドを割り当てるフィールドをクリックします。

    フィールドを割り当てる項目をクリック

    アドバイス
    テキストフィールドと、アドレス帳フィールドが一致している、またはフィールドを割り当てない場合は、手順15.に進みます。

  9. 「割り当ての変更」ボタンをクリックします。

    「割り当ての変更」ボタンをクリック

  10. 「割り当ての変更」が表示されます。
    「▼」ボタンをクリックし、表示されるメニューから、割り当てるアドレス帳のフィールドをクリックします。

    割り当てるアドレス帳のフィールドをクリック

  11. 「このフィールドをインポートする」をクリックし、チェックを付けます。

    「このフィールドをインポートする」にチェックを付ける

  12. 「OK」ボタンをクリックします。

    「OK」ボタンをクリック

  13. アドレス帳のフィールドに割り当てられたことを確認します。

    アドレス帳のフィールドに割り当てられたことを確認

  14. 手順8.〜手順.13を繰り返し、Windows Live メールのアドレス帳にインポートしたいフィールドを割り当てます。

  15. 「完了」ボタンをクリックします。

    「完了」ボタンをクリック

  16. アドレス帳がインポートされたことを確認します。

    アドレス帳がインポートされたことを確認

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

サポートコール予約を利用する

その他の便利なサービス(有料)