このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【7407-0861】更新日:2009年1月28日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

ハードディスクの領域を再設定する方法を教えてください。(2007年夏モデル〜2008年春モデル)

対象機種とOS (全て表示) このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 2008年春モデルDESKPOWER、他・・・
対象OS
  • Windows Vista Home Premium
  • Windows Vista Home Basic
  • Windows Vista Business

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

ハードディスクのCドライブとDドライブの割合を変更して、領域を再設定する方法を教えてください。

回答

FMVパソコン(一部の機種を除く)では、一つのハードディスクを論理的に「Cドライブ」と「Dドライブ」の二つの領域に分けています。

この二つの領域(「Cドライブ」と「Dドライブ」に割り当てられている領域)の割合は、リカバリを行うときに変更できます。

例えば、次のように領域の割合を変更できます。

  • 100GBのハードディスクを搭載している場合

    【変更前】
    「Cドライブ」:50GB、「Dドライブ」:50GB

    【変更後】
    「Cドライブ」:60GB、「Dドライブ」:40GB

次の項目を順番に確認してください。

  1. 事前準備をする
  2. 領域を再設定する
  3. リカバリを実行する


手順1事前準備をする


ハードディスクの領域を変更する前に、次の項目を確認して準備を行います。

重要
ハードディスクを2台搭載している機種をお使いの場合は、「Cドライブ」と「Dドライブ」の領域の割合を変更できません。

次の機種は、ハードディスクを2台搭載しています。

  • FMV-BIBLO NX95Y/D(2008年春モデル)

  • FMV-BIBLO NX95X/D(2007年秋冬モデル)

  • FMV-BIBLO NX95W/D(2007年夏モデル)

  • カスタムメイドモデルで、「ハードディスク2台搭載」を選択した機種

ご注意

搭載しているハードディスクによって、「Cドライブ」と「Dドライブ」には容量制限があります。
領域の再設定を行うときに、次のドライブの最小容量より小さくできません。

  • 搭載されているハードディスクの容量が「48GB」の機種の場合

    Cドライブの最小容量:26GB、Dドライブの最小容量:1GB

  • 搭載されているハードディスクの容量が「60GB」または「64GB」の機種の場合

    Cドライブの最小容量:27GB、Dドライブの最小容量:10GB

  • 搭載されているハードディスクの容量が「80GB」の機種の場合

    Cドライブの最小容量:36GB、Dドライブの最小容量:10GB

  • 搭載されているハードディスクの容量が「100GB以上」の機種の場合

    Cドライブの最小容量:50GB、Dドライブの最小容量:10GB


必要なディスクを準備する


ハードディスクの領域を再設定するときや、領域を再設定した後のリカバリ作業には、パソコンに添付されているディスクが必要です。

  • ハードディスクの領域を再設定するときに必要なディスク

    • 「リカバリ&ユーティリティディスク」

  • 領域を再設定した後のリカバリ作業に必要なディスク

    • 「リカバリ&ユーティリティディスク」

    • 「アプリケーションディスク1」

    • 「アプリケーションディスク2」

    • 「FMV画面で見るマニュアル」(FMV-BIBLO LOOX Uシリーズを除く)

    • Microsoft Office Personal Edition 2007のディスクセット(Officeなしモデルを除く)

    • Microsoft PowerPoint 2007のディスクセット(PowerPoint 2007搭載機種のみ)

    • 「プロアトラス SV3 for FUJITSU」
アドバイス
パソコンに添付されているディスクは、お使いの機種によって異なります。

詳しくは、『トラブル解決ガイド』または、『取扱説明書』をご覧ください。


CD/DVDドライブを準備する(FMV-BIBLO MG / LOOXシリーズのみ)


ハードディスクの領域を再設定するときには、CD/DVDドライブが必要です。

  • モバイルマルチベイにCD/DVDドライブを取り付ける機種

    次の機種をお使いの場合は、モバイルマルチベイにCD/DVDドライブを取り付けます。

    • FMV-BIBLO MGシリーズ

    • FMV-BIBLO LOOX Tシリーズ

  • ポータブルCD/DVDドライブを取り付ける機種

    次の機種をお使いの場合は、お使いの機種で使用可能なポータブルCD/DVDドライブを取り付けます。

    • FMV-BIBLO LOOX Rシリーズ
      (WEB MART カスタムモデルでCD/DVDドライブを選択していない場合)

    • FMV-BIBLO LOOX Pシリーズ

    • FMV-BIBLO LOOX Uシリーズ

    アドバイス
    CD/DVDドライブは、純正製品のご利用をお勧めしています。

    純正のポータブルCD/DVDドライブは、富士通 WEB MARTで販売しています。

    FMWORLD.NET富士通 WEB MART(新しいウィンドウで表示)

    画面右側の「お取り扱い商品」欄にある「周辺機器」をクリックし、「富士通純正オプション」の「補助記憶装置」の項目をご覧ください。

必要なデータをバックアップする


ハードディスクの領域を再設定すると、内蔵のハードディスク(「Cドライブ」、「Dドライブ」)に保存されているすべてのデータが消去されます。

ハードディスクの領域を再設定する前には必ず、必要なデータを外部メディア(CDやDVD)にバックアップしてください。
バックアップについては、次のQ&Aをご覧くださ。

Q&A[Windows Vista] バックアップと復元の方法を教えてください。(新しいウィンドウで表示)

Q&Aパソコンのハードディスクやフロッピーディスク、CD、DVDにデータを保存する方法を教えてください。(新しいウィンドウで表示)

アドバイス
マイリカバリのディスクイメージをDVDなど、外部に作成してある場合は、ディスクイメージを作成したときよりもCドライブの領域を少なくすると、そのディスクイメージを使用したリカバリは実行できなくなります。



手順2領域を再設定する


次の手順で、領域を再設定します。

重要
FMV-BIBLO LOOX Uシリーズをお使いの場合、次のキーは【Fn】キーを押しながら操作してください。

  • 【F12】キー(青い文字で【F12】と刻印された【E】キー)
  • 【↓】キー

操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. パソコンでのすべての作業を終了し、電源を切ります。

  2. キーボードの【F12】キーの位置を確認します。

    アドバイス
    2007年夏モデル〜2008年春モデルの一部の機種では、【F12】キーの代わりにパソコン本体、またはキーボードのサポート(Support)ボタンや診断ボタンを押すと、起動メニューをワンタッチで簡単に表示できます。

    お使いの機種に該当のボタンがあるかどうかや、ボタンの場所は、次のQ&Aをご覧になり確認してください。

    Q&A起動メニューをワンタッチで表示できるボタンの場所を教えてください。(新しいウィンドウで表示)

    ボタンを押しても、「起動メニュー」が表示されない場合は、手順3.へ進みます。
    「起動メニュー」が表示された場合は、手順5.へ進みます。

  3. パソコンの電源を入れます。

  4. 「FUJITSU」のロゴ画面の下にメッセージが表示されている間に、【F12】キーを何度か押します。

    富士通ロゴマーク

    アドバイス
    • 「FUJITSU」のロゴは、パソコンの電源を入れたらすぐに表示されます。
      表示されている時間は短いため、電源を入れたらすぐに【F12】キーを押します。

    • 「FUJITSU」のロゴが表示されない場合は、電源を投入した直後から、【F12】キーを数回押します。

    • パソコンが通常起動した場合は、手順1.からもう一度操作します。

  5. 「起動メニュー」が表示されます。
    「リカバリ&ユーティリティディスク」をセットし、ディスクが認識されるまで10秒ほど待ちます。

  6. 【↓】キーを押し、「CD/DVD」や「CD-ROMドライブ」などを選択します。

  7. 【Enter】キーを押します。

  8. トラブル解決ナビが起動します。
    「ユーティリティ」タブをクリックします。

    ユーティリティタブ

  9. 「領域設定」をクリックします。

    領域設定アイコン

  10. 「実行」ボタンをクリックします。

    実行ボタン

  11. 「領域設定」が表示されます。
    「ご使用上の注意」の内容をよく読み、同意する場合は、「同意する」をクリックします。

    同意する

  12. 「次へ」ボタンをクリックします。

    次へボタン

  13. つまみをクリックしたまま左右に動かし、CドライブとDドライブに割り当てる領域(サイズ)を、お好みで設定します。

    つまみ

    アドバイス
    つまみを左に動かすと、Cドライブの領域(サイズ)が小さく、Dドライブの領域(サイズ)が大きくなります。
    つまみを右に動かすと、Cドライブの領域(サイズ)が大きく、Dドライブの領域(サイズ)が小さくなります。

  14. 割り当てる領域(サイズ)を設定したら、「実行」ボタンをクリックします。

    実行ボタン

  15. 「領域を設定します。よろしいですか?」と表示されます。
    「はい」ボタンをクリックします。

    領域を設定します。よろしいですか?

  16. 「領域を設定しました。」と表示されます。
    「完了」ボタンをクリックします。

    トラブル解決ナビに戻ります。


手順3リカバリを実行する


次の手順で、リカバリを実行します。

重要
リカバリ手順の詳細は、添付の冊子マニュアルもご覧ください。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. トラブル解決ナビの「リカバリ」タブをクリックします。

    リカバリタブ

  2. 「リカバリの実行」をクリックします。

    リカバリを実行アイコン

  3. 「実行」ボタンをクリックします。

    実行ボタン

  4. 「リカバリを始める前に、必ず以下をよくお読みください。」(または「復元を始める前に、必ず以下をよくお読みください。」)と表示されます。
    3つの注意事項をよく読み、同意する場合は、「同意する」をクリックします。

    同意する

  5. 「次へ」ボタンをクリックします。

    次へボタン

  6. 「ご購入時に戻す」と表示されます。
    「次へ」ボタンをクリックします。

    ご購入時に戻す

  7. 「これから復元が始まります。」と表示されます。
    「リカバリを実行」ボタンをクリックします。

    リカバリを実行ボタン

  8. リカバリが開始されます。
    リカバリが終了するまで、そのまましばらく待ちます。

    リカバリ実行中

    アドバイス
    お使いの環境により、時間がかかります。

  9. 「リカバリが完了しました。」と表示されます。
    「OK」ボタンをクリックします。

    リカバリが完了しました。

    パソコンが再起動します。

  10. Windows のセットアップやアプリケーションのインストールをします。

    Windows のセットアップやアプリケーションをインストールする手順は、お使いの機種によって異なります。
    次の冊子マニュアルをご覧になり、リカバリを完了してください。

    『トラブル解決ガイド』→「パソコンを復元する(リカバリ)」→「STEP5 Windowsのセットアップをする」

    アドバイス
    次の機種をお使いの場合は、『取扱説明書』→「セットアップ」→「Windows セットアップ」をご覧ください。

    • FMV-BIBLO LOOX Uシリーズ(2007年秋冬モデル)

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)