このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【7507-4471】更新日:2009年7月22日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

特殊文字を入力する方法を教えてください。

対象機種とOS このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 すべて
対象OS
  • Windows Vista Home Premium
  • Windows Vista Home Basic
  • Windows Vista Business
  • Windows XP Home Edition
  • Windows XP Professional
  • Windows XP Tablet PC Edition
  • Windows XP Tablet PC Edition 2005
  • Windows XP Media Center Edition 2004
  • Windows XP Media Center Edition 2005
  • Windows Me
  • Windows 2000
  • Windows 98

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

特殊文字を入力する方法を教えてください。
単位の記号や外国語の文字などを入力する方法を教えてください。

回答

特殊文字とは、「キログラム」、「平方メートル」などを一文字で表す単位記号、丸付き数字、ローマ数字、ギリシャ語やロシア語などの外国語の文字、一部の学術記号など、フォントや文字コードの違いによっては表示できない文字の総称です。

特殊文字を入力する方法は、次のとおりです。

次の場合に応じた項目を確認してください。

  1. Wordを使用する場合
  2. Microsoft IMEを使用する場合
重要
  • 特殊文字は、お使いのブラウザやフォントによっては正しく表示できない場合があります。

  • Internet Explorerの「お気に入り」の名前に特殊文字が使われていると、「FMかんたんバックアップ」でバックアップができない場合があります。


Wordを使用する場合


Microsoft Word(以下、Word)を使用して、特殊文字を入力する方法は、次のとおりです。

次の場合に応じた項目を確認してください。

  1. Word 2007の場合
  2. Word 98〜Word 2003の場合

Word 2007の場合


特殊文字を入力する方法は、次のとおりです。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。
  1. Wordを起動します。

  2. 特殊文字を入力したい場所へ入力カーソルを移動します。

  3. 「挿入」タブをクリックします。

    挿入タブをクリック

  4. 「記号と特殊文字」ボタンをクリックします。

    記号と特殊文字ボタンをクリック

  5. 特殊文字の一覧が表示されます。
    「その他の記号」をクリックします。

    その他の記号ボタンをクリック

    アドバイス
    表示された一覧に入力したい特殊文字がある場合は、特殊文字をクリックし、手順9.に進みます。

    一覧に文字がある場合

  6. 「記号と特殊文字」が表示されます。
    「記号と特殊文字」タブをクリックします。

    記号と特殊文字タブをクリック

  7. 「▲」ボタンまたは「▼」ボタンをクリックし、入力したい特殊文字を表示します。

    ▲ボタンまたは▼ボタンをクリック

    アドバイス
    「種類」の右にある「▼」ボタンをクリックし、表示される一覧から、言語や文字の種類をクリックしても、入力したい特殊文字を表示できます。

    ▼ボタンをクリックして種類を変更

  8. 入力したい特殊文字をクリックします。

    特殊文字をクリック

  9. 「挿入」ボタンをクリックします。

    挿入ボタンをクリック

  10. 入力したい特殊文字がすべて表示されるまで、手順7.〜手順9.を繰り返します。

  11. 「閉じる」ボタンをクリックします。

    閉じるボタンをクリック

  12. 特殊文字が入力されていることを確認します。

Word 98〜Word 2003の場合


特殊文字を入力する方法は、次のとおりです。

重要
ここでは、Word 2003の画面で手順をご案内します。
他のバージョンでも、手順は同じです。


操作手順
  1. Wordを起動します。

  2. 特殊文字を入力したい場所へ入力カーソルを移動します。

  3. 「挿入」メニュー→「記号と特殊文字」の順にクリックします。

    挿入メニュー→記号と特殊文字をクリック
      
  4. 「記号と特殊文字」が表示されます。
    「記号と特殊文字」(または、「記号と文字」)タブをクリックします。

    記号と特殊文字タブをクリック

  5. 上向き矢印」ボタンや「下向き矢印」ボタン(または、「▲」ボタンや「▼」ボタン)をクリックし、入力したい特殊文字を表示します。

    ▲ボタンまたは▼ボタンをクリック

    アドバイス
    • 入力したい特殊文字がすでに表示されている場合は、特殊文字をクリックし、手順7.に進みます。

    • 「種類」の右にある「下向き矢印」ボタン(または、「▼」ボタン)をクリックし、表示される一覧から、言語や文字の種類をクリックしても、入力したい特殊文字を表示できます。

      種類の変更

  6. 入力したい特殊文字をクリックします。

    特殊文字をクリック

  7. 「挿入」ボタンをクリックします。

    挿入ボタンをクリック

  8. 入力したい特殊文字がすべて入力できるまで、手順5.〜手順7.を繰り返します。

  9. 「閉じる」ボタンをクリックし、「記号と特殊文字」を閉じます。

    閉じるボタンをクリック

  10. 特殊文字が入力されていることを確認します。


Microsoft IMEを使用する場合


Microsoft IMEを使用して、特殊文字を入力する方法は、お使いのMicrosoft IMEのバージョンによって異なります。

次の場合に応じた項目を確認してください。

  1. Microsoft IME 2007の場合
  2. Microsoft IME 98〜Microsoft IME 2003の場合
アドバイス
お使いのMicrosoft IMEのバージョンが不明のときは、次のQ&Aをご覧ください。

Q&A[Microsoft IME] バージョンを確認する方法を教えてください。(新しいウィンドウで表示)



Microsoft IME 2007の場合


Microsoft IMEを使用して、特殊文字を入力する方法は、次のとおりです。
ここでは例として、メモ帳に特殊文字を入力します。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。
  1. メモ帳を起動します。

  2. 特殊文字を入力したい場所に入力カーソルを合わせます。

  3. Microsoft IMEの言語バーにある、丸い箱に虫めがねと筆記用具が描かれた「IMEパッド」ボタンをクリックします。

    IMEパッドボタンをクリック

  4. 「IMEパッド - 手書き」が表示されます。
    表と虫めがねが描かれている「文字一覧」ボタンをクリックします。

    文字一覧ボタンをクリック

  5. 「IMEパッド - 文字一覧」が表示されます。
    画面右側の「▲」ボタンまたは「▼」ボタンをクリックし、入力したい特殊文字を表示します。

    ▲ボタンまたは▼ボタンをクリック

    アドバイス
    • 入力したい特殊文字が、画面右側の一覧に表示されている場合は、特殊文字をクリックし、手順7.に進みます。

    • 画面左側の「Categories」(または、「文字カテゴリ」)にあるフォルダをクリックすると、画面右側の一覧にフォルダの内容が表示されます。

      フォルダをクリックした場合

  6. 入力したい特殊文字をクリックします。

    入力したい特殊文字をクリック

  7. メモ帳に、特殊文字が表示されます。
    「Enter」ボタンをクリックします。

    Enterボタンをクリック

  8. メモ帳の特殊文字が確定します。
    入力したい特殊文字がすべてメモ帳で確定されるまで、手順5.〜手順7.を繰り返します。

  9. 「×」ボタンをクリックし、IMEパッドを閉じます。

Microsoft IME 98〜Microsoft IME 2003の場合


Microsoft IMEを使用して、特殊文字を入力する方法は、次のとおりです。
ここでは例として、メモ帳に特殊文字を入力します。

重要
ここでは、Microsoft IME 2003の画面で手順をご案内します。
他のバージョンでも、手順は同じです。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。
  1. メモ帳を起動します。

  2. 特殊文字を入力したい場所に入力カーソルを合わせます。

  3. Microsoft IMEの言語バーにある、丸い箱に虫めがねと筆記用具が描かれた「IMEパッド」ボタンをクリックし、表示されるメニューから「文字一覧」をクリックします。

    文字一覧をクリック

    アドバイス
    Microsoft IME98〜Microsoft IME2000をお使いの場合は、Microsoft IMEの言語バーにある、丸い箱に虫めがねと筆記用具が描かれた「IMEパッド」ボタンをクリックします。

    IMEパッドボタンをクリック

  4. 「IMEパッド - 文字一覧」が表示されます。
    上向き矢印」ボタンや「下向き矢印」ボタン(または、「▲」ボタンや「▼」ボタン)をクリックし、入力したい特殊文字を表示します。

    ▲ボタンまたは▼ボタンをクリック

    アドバイス
    • Microsoft IME 98〜Microsoft IME 2000をお使いで、「IMEパッド - 文字一覧」が表示されなかった場合は、「アプレットメニュー」ボタンをクリックし、表示されるメニューから「文字一覧」をクリックします。
      「アプレットメニュー」ボタンは、画面の上部に「手書き」、「総画数」、「部首」または「ソフトキーボード」と表示されています。

      アプレットメニューボタンをクリックし、文字一覧をクリック

    • 入力したい特殊文字がすでに表示されている場合は、特殊文字をクリックし、手順6.に進みます。

    • 画面中央にある「下向き矢印」ボタン(または、「種類」の右にある「▼」ボタン)をクリックし、表示される一覧から、言語や文字の種類をクリックしても、入力したい特殊文字を表示できます。

      ▼ボタンをクリック

  5. 入力したい特殊文字をクリックします。

    特殊文字をクリック

  6. メモ帳に、特殊文字が表示されます。
    「Enter」ボタンをクリックします。

    Enterボタンをクリック

  7. メモ帳の特殊文字が確定します。
    入力したい特殊文字がすべてメモ帳で確定されるまで、手順4.〜手順6.を繰り返します。

  8. 「×」ボタンをクリックし、IMEパッドを閉じます。

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)