このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【9706-8623】更新日:2011年12月27日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

[かんたんバックアップレスキュー] データをバックアップする方法を教えてください。(2007年春モデル〜2009年夏モデル)

対象機種とOS (全て表示) このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 2009年夏モデルDESKPOWER、他・・・
対象OS
  • Windows Vista Home Premium
  • Windows Vista Home Basic
  • Windows Vista Business
  • Windows XP Home Edition

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

Windowsが起動できません。
かんたんバックアップレスキューを使用して、データをバックアップする方法を教えてください。

回答

かんたんバックアップレスキューは、Windowsが正常に起動しないときでも、CドライブのデータをDドライブにバックアップできる機能です。

次の項目を順番に確認して、かんたんバックアップレスキューを起動し、バックアップします。


手順1注意事項を確認する

かんたんバックアップレスキューでバックアップを実行する前に、次の注意事項を確認してください。

  • パソコンの状況によっては、データをバックアップできない場合や、バックアップができても復元できない場合があります。

  • 同じユーザーアカウントのデータはバックアップするたびに、前回のバックアップデータに自動で上書き保存されます。上書きされたデータは元に戻すことができません。

  • かんたんバックアップレスキューでバックアップしたデータがあっても、上書き保存をお知らせするメッセージなどは表示されません。

    バックアップを実行する前にバックアップしたデータがあるかどうかを確認し、バックアップデータがあるときは、上書き保存してもよいかどうかを必ず確認してください。

  • かんたんバックアップレスキューで「保存する内容」の項目を変更して保存すると、以前保存したデータは削除されます。

    【例】
    前回のバックアップで「お気に入り」と「デスクトップ」を保存して、今回のバックアップで「お気に入り」だけを保存すると、「お気に入り」だけが保存されて、前回保存した「デスクトップ」のデータは削除されます。

    以前にかんたんバックアップレスキューで保存したことがある場合は、以前保存したデータの項目にも必ずチェックを入れて、バックアップしてください。

手順2かんたんバックアップレスキューを起動する


起動メニューを表示してから、かんたんバックアップレスキューを起動します。

重要 
FMV-BIBLO LOOX Uシリーズをお使いの場合、【F12】キーは次のように操作してください。

  • FMV-BIBLO LOOX Uシリーズ

    2008年秋冬モデル〜2009年春モデル

    • 【F12】キー(青い文字で【F12】と刻印された【F6】キー)

    2007年秋冬モデル

    • 【F12】キー(青い文字で【F12】と刻印された【E】キー)

    なお、2007年秋冬モデルは【↓】キーも【Fn】キーを押しながら、操作してください。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. パソコンの電源を切ります。

  2. キーボードの【F12】キーの位置を確認します。

    アドバイス
    一部の機種では、サポート(Support)ボタンや診断ボタンを押すと、起動メニューをワンタッチで簡単に表示できます。

    サポート(Support)ボタンや診断ボタンについては、次のQ&Aをご覧ください。

    Q&A起動メニューをワンタッチで表示できるボタンの場所を教えてください。(新しいウィンドウで表示)

    ボタンを押しても起動メニューが表示されない場合は、電源を切り、手順3.へ進みます。
    起動メニューが表示された場合は、手順5.へ進みます。

  3. パソコンの電源を入れます。

  4. 電源を入れた直後に「FUJITSU」のロゴ画面が表示されます。
    ロゴ画面の下にメッセージが表示されたら、【F12】キーをトン、トン、トンと断続的に数回押します。

    FUJITSUロゴ画面

    アドバイス
    「FUJITSU」のロゴ画面は、パソコンの電源を入れるとすぐに表示され、表示される時間もわずかです。

    すぐに切り替わってしまう場合や表示されない場合は、パソコンの電源を入れた直後から、【F12】キーをトン、トン、トンと断続的に押してください。

  5. 起動メニューが表示されます。
    キーボードの【↓】キーを押して、「トラブル解決ナビ」または「Recovery and Utility」を選択します。

    アドバイス
    Windowsが起動した場合や、起動メニューが表示されない場合は、手順1.からやり直してください。

  6. 【Enter】キーを押します。

  7. 「Windows is loading files...」と表示され、その後「準備中です。しばらくお待ちください。」の表示に替わります。

    「システム回復オプション」、または「トラブル解決ナビ」が表示されるまで、しばらく待ちます。

  8. 表示された画面によって、操作が異なります。

    • 「トラブル解決ナビ」が表示された場合

      手順14.へ進みます。

    • 「システム回復オプション」が表示された場合

      キーボードレイアウトを選択してください」に「日本語」と表示されていることを確認し、「次へ」ボタンをクリックします。

      キーボードレイアウトを選択してください - 日本語 - 次へボタン

  9. 「修復するオペレーティング システムを選択し、[次へ] をクリックしてください。」と表示されます。

    「オペレーティングシステム」に「Microsoft Windows Vista」と表示されていることを確認し、「次へ」ボタンをクリックします。

    オペレーティングシステム - Microsoft Windows Vista - 次へボタン

  10. 「回復オプションにアクセスするには、ローカルユーザーとしてログオンしてください。」と表示されます。

    「ユーザー名」欄の「▼」ボタンをクリックし、表示される一覧から、Windows Vistaのセットアップ時に設定したユーザーアカウント名をクリックします。

    ユーザーアカウント名をクリック

  11. 「パスワード」欄に、手順10.でクリックしたユーザーアカウントに設定されているパスワードを入力します。

    アドバイス
    パスワードを設定していない場合は、入力欄を空欄のままにして、次の手順に進みます。

    パスワード

  12. 「OK」ボタンをクリックします。

    OKボタン

  13. 「回復ツールを選択してください」と表示されます。
    「トラブル解決ナビ」をクリックします。

    回復ツールを選択してください - トラブル解決ナビ

  14. 「トラブル解決ナビ」が表示されます。
    「ユーティリティ」タブをクリックします。

    「ユーティリティ」タブをクリック

  15. 「かんたんバックアップレスキュー」をクリックします。

    「かんたんバックアップレスキュー」をクリック

  16. 「実行」ボタンをクリックします。

    「実行」ボタンをクリック

  17. 「1.重要な留意事項(必ずお読みください)」と表示されます。
    内容をよく読み、「次を表示」ボタンをクリックします。

    かんたんバックアップレスキューのワンポイント

  18. 「2.留意事項(必ずお読みください)」と表示されます。
    内容をよく読み、「閉じる」ボタンをクリックします。

    2.留意事項(必ずお読みください)
かんたんバックアップレスキューが表示されます。
続いて、次の「バックアップを実行する」へ進みます。


手順3バックアップを実行する


次の手順で、バックアップを実行します。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. 「項目を選択して保存を実行」ボタンをクリックします。

    かんたんバックアップレスキューのメニュー画面

  2. 「保存するユーザー プロファイル フォルダを選択してください」が表示されます。
    「ユーザープロファイルフォルダ」の一覧から、データを保存するユーザー名をクリックします。

    保存するユーザー プロファイル フォルダを選択してください

  3. 「OK」ボタンをクリックします。

    「OK」ボタンをクリック

  4. 「かんたんバックアップレスキュー」が表示されます。

    「保存する内容」の一覧の中から、バックアップしたい項目のチェックボックスをクリックし、チェックを付けます。

    バックアップしたい項目にチェックを付けます。

    アドバイス
    「▲」ボタンや 「▼」ボタンをクリックして、必ず下の項目まで確認してください。

    項目を確認

  5. 自分自身で作成したファイルやフォルダなど、「保存する内容」に表示されていない項目を指定します。
    「項目の編集」ボタンをクリックします。

    アドバイス
    作成したファイルや、フォルダの項目を追加しない場合は、手順21.に進みます。

    「項目の編集」ボタンをクリック

  6. 表示されるメニューから「追加」をクリックします。

    表示されるメニューから「追加」をクリック

  7. 「項目の追加」が表示されます。
    「フォルダの追加」ボタンをクリックします。

    「フォルダの追加」ボタンをクリック

    アドバイス
    作成したファイルの項目を追加したい場合は、「ファイルの追加」ボタンをクリックし、手順17.に進みます。

  8. 「フォルダの参照」が表示されます。
    バックアップするフォルダをクリックし、「OK」ボタンをクリックします。

    フォルダの追加

  9. 「項目の追加」に戻ります。
    「項目名」や「説明」にお好みの名前を入力します。

    「項目名」、「説明」を入力

    アドバイス
    「説明」は省略できます。

  10. 「追加」ボタンをクリックします。

    「追加」ボタンをクリック

  11. 「かんたんバックアップレスキュー」に戻ります。
    「保存する内容」に追加した項目名が表示されていることを確認します。

    追加した項目名の確認

  12. ファイルの項目を追加します。
    「項目の編集」ボタンをクリックします。

    「項目の編集」ボタンをクリック

    アドバイス
    作成したファイルの項目を追加しない場合は、手順21.に進みます。

  13. 表示されるメニューから「追加」をクリックします。

    表示されるメニューから「追加」をクリック

  14. 「項目の追加」が表示されます。
    「ファイルの追加」ボタンをクリックします。

    「ファイルの追加」ボタンをクリック

  15. 「保存するファイルを指定してください。」と表示されます。
    お使いの機種によって、表示される画面と操作が異なります。

    • 2008年秋冬モデル〜2009年春モデル
      (2009年春モデル FMV-BIBLO LOOX Uシリーズを除く)


      バックアップしたいファイルをクリックし、「開く」ボタンをクリックします。

      ファイルの追加

    • 2009年春モデル FMV-BIBLO LOOX Uシリーズ
      2007年春モデル〜2008年夏モデル

      バックアップしたいフォルダをクリックし、「OK」ボタンをクリックします。

      ファイルの追加

  16. 「項目の追加」に戻ります。
    「項目名」や「説明」にお好みの名前を入力します。

    「項目名」、「説明」を入力

    アドバイス
    「説明」は省略できます。

  17. 「追加」ボタンをクリックします。

    「追加」ボタンをクリック

  18. 「かんたんバックアップレスキュー」に戻ります。
    「保存する内容」に追加した項目名が表示されていることを確認します。

    追加した項目名の確認

  19. 「保存データ格納先」に、次のように表示されていることを確認します。

    D:¥PE_BACKUP¥XXXXX

    保存データ格納先

    アドバイス
    「XXXXX」には、ユーザープロファイル名(ユーザーアカウント名)が表示されます。

  20. 「データの保存開始」ボタンをクリックします。

    「データの保存開始」ボタンをクリック

  21. 「かんたんバックアップレスキュー - 保存開始」が表示されます。
    保存項目を確認し、「開始」ボタンをクリックします。

    「開始」ボタンをクリック

  22. バックアップが開始されます。
    完了するまで、しばらく待ちます。

    バックアップ中

    アドバイス
    バックアップの設定をした項目によっては、長時間かかることがあります。

  23. 「かんたんバックアップレスキュー - 保存結果」が表示されます。
    選択した項目のそれぞれの保存結果を確認し、「閉じる」ボタンをクリックします。

    「閉じる」ボタンをクリック

    アドバイス
    「▲」ボタン や「▼」ボタンをクリックして、必ず下の項目まで確認します。
    「結果」に「正常終了」と表示されていない項目がある場合は、もう一度、保存し直します。

    項目を確認

  24. 「かんたんバックアップレスキュー」に戻ります。
    「終了」をクリックし、「かんたんバックアップレスキュー」を閉じます。

    「終了」をクリック

  25. 「トラブル解決ナビ」に戻ります。
    「終了」ボタンをクリックします。

    「終了」ボタンをクリック

    アドバイス
    Windowsの他のユーザーアカウントのデータもバックアップする場合は、「かんたんバックアップレスキュー」をもう一度起動して、手順1.から操作を繰り返します。

  26. 「[OK]をクリックするとトラブル解決ナビを終了します」と表示されます。
    「OK」ボタンをクリックします。

    [OK]をクリックするとトラブル解決ナビを終了します。

    アドバイス
    次の機種の場合、「OK」ボタンをクリックすると、パソコンが再起動します。

    • 2009年春モデル FMV-BIBLO LOOX Uシリーズ

    • Windows XP Professionalダウングレードモデルで、Windows XPをお使いの場合

  27. 「回復ツールを選択してください」と表示されます。
    「シャットダウン」ボタンをクリックします。

    回復ツールを選択してください
アドバイス
かんたんバックアップレスキューは、、非常時(Windows が起動しないとき)のバックアップ方法です。
そのため、バックアップするデータの保存先に、CD/DVDやリムーバブルディスク、フロッピーディスクは使用できません。


手順4データの復元について


かんたんバックアップレスキューでバックアップしたデータは、FMかんたんバックアップで復元します。

復元の方法について詳しくは、次のQ&Aをご覧ください。

アドバイス
「FMかんたんバックアップ」の画面で、「復元データ格納先」のフォルダを、手順21.で確認した「保存データ格納先」のフォルダに変更してください。

    アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

    問題は解決しましたか?
    ご意見など(400文字まで)

    【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
    質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

    このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

    Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

    その他の便利なサービス(有料)