このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【9906-4230】更新日:2006年6月20日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

[FMVステーション] インターネット接続の設定をする前の、確認事項や注意点を教えてください。

対象機種とOS (全て表示) このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 2005年秋冬モデルFMV-DESKPOWER CE55M7/S、他・・・
対象OS
  • Windows XP Home Edition
  • Windows XP Professional

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

FMVステーションで、インターネット接続の設定をするときの、確認事項や注意点を教えてください。

回答

FMVステーションで、インターネット接続の設定をする前の、確認事項や注意点は次のとおりです。


プロバイダ、または回線業者に関する確認事項

FMVステーションを使用して、複数のパソコンからインターネット接続を共有する場合は、次の点について、ご契約のプロバイダ、または回線業者に次の制限事項があるかどうかを確認します。

  • ルーターの使用を禁止しているプロバイダ、または回線業者では、FMVステーションを使用したインターネット接続の共有は出来ません。

  • インターネット接続の共有が許可されているプロバイダ、または回線業者であっても、最大接続台数が決められていたり、追加料金が発生する場合があります。

  • プロバイダ、または回線業者により、利用できるサービス(ネットワークゲームなど)に差があったり、利用に際して申し込みが必要な場合があります。

  • 専用のソフトウェアで接続するタイプのプロバイダの場合は、FMVステーションを使用したインターネット接続はできません。


接続方法の確認

プロバイダ、または回線業者がどのような方式で接続するかにより、モデムやFMVステーションの設定方法が異なります。
ご契約のプロバイダ、または回線業者が、次のいずれかに該当するかを確認します。
(次に挙げるプロバイダ、または回線業者名は一例です。)

  • PPPoE(PPP over Ethernet)接続
    プロバイダに接続するときに、ユーザ名やパスワードでユーザー認証を行います。
    ユーザー名などの認証情報を、PPPoEと呼ばれる方式でプロバイダに送信します。
    NTT東日本/NTT西日本の適用する「フレッツ・ADSL」や、株式会社アッカ・ネットワークスが提供するサービスが該当します。

  • PPPoA(PPP over ATM)接続
    プロバイダに接続するときに、ユーザー名やパスワードでユーザー認証を行います、
    ユーザー名などの認証情報を、PPPoAと呼ばれる方式でプロバイダに送信します。
    イー・アクセス株式会社が提供するサービスが該当します。

  • DHCP接続
    Yahoo!BBやケーブルテレビ局が提供するサービスが該当します。

  • 固定IP接続
    常に同じIPアドレスを割り当ててもらうよう、プロバイダ、または回線業者と契約した場合に該当します。


インターネット接続の設定をする前の、確認事項と注意点

「接続方法の確認」で、確認した接続方法にあわせて、確認事項と注意点をご覧ください。



モデムのタイプや仕様により、確認事項と注意点が異なります。
モデムのタイプや仕様を、モデムに添付されているマニュアルで確認したうえで、確認事項と注意点をご覧ください。

  • ブリッジタイプのモデムの場合

  • UPnP対応のルータータイプのモデムの場合

  • UPnPに対応していないルータータイプのモデムの場合

ブリッジタイプのモデムの場合

FMVステーションの設定を「PPPoE」にし、FMVステーションに認証情報(「ID」と「パスワード」)を設定します。
「PPPoE」に設定することで、FMVステーションにはグローバルIPアドレスが割り当てられ、モバイルアクセスサービスが利用可能になります。

UPnP対応のルータータイプのモデムの場合

FMVステーションの設定を「DHCP」にし、「IP」と「パスワード」は空白のままにします。
設定を「DHCP」にすることで、モバイルアクセスサービスが利用できます。

アドバイス
FMVステーションを、UPnP対応のルータータイプのモデムに接続した場合に、次の制限事項があります。

  • FMVステーションに接続されているパソコンからのモバイルアクセスはできません。

  • 共有フォルダの公開、共有フォルダへのアクセス、静的NATによるアクセスは、ルータータイプのモデムに接続したパソコンが対象になります。
    FMVステーションに接続したパソコンへのアクセスはできません。

UPnPに対応していないルータータイプのモデムの場合

モデムの設定で、動作モードを変更できる場合は、ルーターモードからブリッジモードに変更します。
FMVステーションの設定は「PPPoE」にし、FMVステーションに認証情報(「ID」と「パスワード」)を設定します。
FMVステーションに、グローバルIPアドレスが割り当てられ、モバイルアクセスサービスが利用可能になります。

アドバイス
ブリッジモードにすると、IP電話や動画配信など、プロバイダ、または回線業者が提供する一部のサービスが利用できない場合があります。
必要に応じて、モードを変更してください。

PPPoE接続の場合

モデムの設定で、動作モードを変更できない場合は、FMVステーションの設定を「DHCP」にし、「IP」と「パスワード」は空白のままにします。
FMVステーションに、グローバルIPが割り当てられないため、モバイルアクセスサービスが利用できません。

アドバイス
  • グローバルIPアドレスとは
    インターネットに接続するときに、プロバイダが所有するIPアドレスがパソコンに割り当てられます。このプロバイダから割り当てられるIPアドレスを「グローバルアドレス」といいます。グローバルアドレスは、同じ番号が世界に2つとない、一意の番号です。

  • モバイルアクセスサービスとは
    携帯電話やPDAで、ホームカレンダーを閲覧したり、伝言板を使ったりできるサービスです。


モデムのタイプや仕様により、確認事項と注意点が異なります。
モデムのタイプや仕様を、モデムに添付されているマニュアルで確認したうえで、確認事項と注意点をご覧ください。

  • UPnP対応のルータータイプのモデムの場合

  • UPnPに対応していないルータータイプのモデムの場合

UPnP対応のルータータイプのモデムの場合

FMVステーションの設定を「DHCP」にし、「IP」と「パスワード」を空白のままにします。
設定を「DHCP」にすることで、モバイルアクセスサービスが利用できます。

PPPoA接続の場合

アドバイス
FMVステーションをUPnP対応のルータータイプのモデムに接続した場合に、次の制限事項があります。

  • FMVステーションに接続されているパソコンからのモバイルアクセスはできません。

  • 共有フォルダの公開、共有フォルダへのアクセス、静的NATによるアクセスは、ルータータイプのモデムに接続したパソコンが対象になります。
    FMVステーションに接続したパソコンへのアクセスはできません。

UPnPに対応していないルータータイプのモデムの場合

モデムの設定で、動作モードを変更できる場合は、ルーターモードからブリッジモードに変更します。
FMVステーションの設定は「PPPoE」にし、FMVステーションに認証情報(「ID」と「パスワード」)を設定します。
FMVステーションに、グローバルIPアドレスが割り当てられ、モバイルアクセスサービスが利用可能になります。

モデムの設定で、動作モードを変更できない場合は、FMVステーションの設定を「DHCP」にし、「IP」と「パスワード」は空白のままにします。
FMVステーションに、グローバルIPが割り当てられないため、モバイルアクセスサービスが利用できません。

アドバイス
  • ブリッジモードにすると、IP電話や動画配信など、プロバイダ、または回線業者が提供する一部のサービスが利用できない場合があります。
    必要に応じて、モードを変更してください。

  • グローバルIPアドレスとは
    インターネットに接続するときに、プロバイダが所有するIPアドレスがパソコンに割り当てられます。このプロバイダから割り当てられるIPアドレスを「グローバルアドレス」といいます。グローバルアドレスは、同じ番号が世界に2つとない、一意の番号です。

  • モバイルアクセスサービスとは
    携帯電話やPDAで、ホームカレンダーを閲覧したり、伝言板を使ったりできるサービスです。


DHCP接続では、認証は行わず、回線業者のDHCPサーバーからIPアドレスが割り当てられます。
FMVステーションの設定は、「DHCP」にし、回線業者のDHCPサーバーからIPアドレスが割り当てられるようにします。
グローバルIPアドレスが、割り当てられる場合は、モバイルアクセスサービスを利用できます。
プライベートIPアドレスが、割り当てられる場合は、モバイルアクセスサービスは利用できません。

DHCP接続の場合



  • ブリッジタイプのモデムの場合

  • UPnP対応のルータータイプのモデムの場合

  • UPnPに対応していないルータータイプのモデムの場合

ブリッジタイプのモデムの場合

プロバイダ、または回線業者から指定されているグローバルIPアドレスや、ネットマスクをFMVステーションに設定します。
FMVステーションに、グローバルIPアドレスが割り当てられ、モバイルアクセスサービスが利用可能になります。

UPnP対応のルータータイプのモデムの場合

FMVステーションの設定を「DHCP」にし、「IP」と「パスワード」は空白のままにします。
設定を「DHCP」にすることで、モバイルアクセスサービスが利用できます。

アドバイス
FMVステーションをUPnP対応のルータータイプのモデムに接続した場合に、次の制限事項があります。

  • FMVステーションに接続されているパソコンからのモバイルアクセスはできません。

  • 共有フォルダの公開、共有フォルダへのアクセス、静的NATによるアクセスは、ルータータイプのモデムに接続したパソコンが対象になります。
    FMVステーションに接続したパソコンへのアクセスはできません。

UPnPに対応していないルータータイプのモデムの場合

モデムの設定で、動作モードを変更できる場合は、ルーターモードからブリッジモードに変更します。
FMVステーションの設定は「PPPoE」にし、FMVステーションに認証情報(「ID」と「パスワード」)を設定します。
FMVステーションに、グローバルIPアドレスが割り当てられ、モバイルアクセスサービスが利用可能になります。

固定IP接続の場合

モデムの設定で、動作モードを変更できない場合は、FMVステーションの設定を「DHCP」にし、「IP」と「パスワード」は空白のままにします。
FMVステーションに、グローバルIPが割り当てられないため、モバイルアクセスサービスが利用できません。

アドバイス
  • グローバルIPアドレスとは
    インターネットに接続するときに、プロバイダが所有するIPアドレスがパソコンに割り当てられます。このプロバイダから割り当てられるIPアドレスを「グローバルアドレス」といいます。グローバルアドレスは、同じ番号が世界に2つとない、一意の番号です。

  • モバイルアクセスサービスとは
    携帯電話やPDAで、ホームカレンダーを閲覧したり、伝言板を使ったりできるサービスです。

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)