このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【9907-2899】更新日:2009年8月7日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

[Windows Vista] 省電力状態(スリープ / 休止状態)から復帰した後にインターネットが使えません。

対象機種とOS このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 すべて
対象OS
  • WindowsVista

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

省電力状態(スリープ / 休止状態)から復帰した後、すぐにホームページを表示しようとしたり、メールの送受信をしようとしたりすると、正常に行うことができません。
対処方法を教えてください。

回答

Windows Vistaの省電力機能は、パソコンに搭載されている機器への電力供給を管理しています。

パソコンが省電力状態(スリープ / 休止状態)から復帰するときは、お使いの環境によって、数秒から数十秒かかります。
そのため、デスクトップが表示されたり、マウスポインタの操作が可能な状態になったりしても、省電力状態からの復帰が完了していないことがあります。

省電力状態からの復帰が完了していない場合、ホームページの閲覧やメールの送受信などを行っても、正常に実行されません。
この場合は、しばらく時間を空けた後に、もう一度、操作してください。

アドバイス
LAN機能を使ってネットワーク(インターネットなど)に接続中は、スリープや休止状態にしないことをお勧めします。
お使いの環境によっては、ネットワーク(インターネットなど)への接続が正常に行われない場合があります

パソコンの省電力の設定を変更する方法は、次のQ&Aをご覧ください。

Q&A[Windows Vista] 省電力状態に移行するまでの時間を変更する方法を教えてください。(新しいウィンドウで表示)

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)