このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【1506-4414】更新日:2013年7月20日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

[Windows XP] Windows標準の機能を使って、無線LANでインターネットに接続する方法を教えてください。

対象機種とOS このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 すべて
対象OS
  • Windows XP Home Edition
  • Windows XP Professional
  • Windows XP Tablet PC Edition
  • Windows XP Tablet PC Edition 2005
  • Windows XP Media Center Edition 2004
  • Windows XP Media Center Edition 2005

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

無線LAN機能が搭載されたFMVパソコンを使っています。
Windows標準の機能を使って、無線LANアクセスポイントに接続し、インターネットに接続する方法を教えてください。

回答

Windows標準の機能を使って、無線LANでインターネットに接続する方法は、次のとおりです。

次の項目を順番に確認してください。

  1. 事前準備
  2. ネットワークプロファイルの作成
アドバイス
初めて無線LANでインターネットに接続する場合は、まず次のQ&Aをご覧ください。

Q&A[Windows XP] 無線LANでインターネットに接続する方法を教えてください。(新しいウィンドウで表示)



手順1事前準備


接続設定を作成するには、設定に必要な情報の確認や無線LANの電波を発信する必要があります。

すでに準備が済んでいる場合は、「ネットワークプロファイルの作成」へ進みます。


無線LANアクセスポイントの設定値を確認する


無線LANでインターネットに接続するときは、無線LANアクセスポイントの設定値をパソコンに設定する必要があります。

アドバイス
無線LANアクセスポイントとは、無線LANでパソコンをネットワークに接続する機器です。

無線LANアクセスポイントを使った通信のイメージ

次の設定値を確認し、メモなどに控えます。

  • SSID(ESSID)
    無線LANアクセスポイントに設定されたネットワークのグループ名です。

    パソコンとアクセスポイントのSSID(ESSID)は、同じ設定値を入力または選択します。

  • セキュリティの種類(ネットワーク認証)
    無線LANアクセスポイントの暗号化規格です。

    Windows XPでは、次の項目を選択できます。

    • オープンシステム

    • 共有キー

    • WPA-PSK(Windows XP Service Pack 2以降の場合)

    • WPA(Windows XP Service Pack 2以降の場合)

    パソコンとアクセスポイントのセキュリティの種類は、同じ規格を選択します。

  • 暗号化の種類
    無線LANアクセスポイントの暗号化プロトコルです。

    Windows XPでは、次の項目を選択できます。

    • WEP

      セキュリティの種類が「オープンシステムまたは、共有キー」の場合だけ選択できます。

    • TKIP(Windows XP Service Pack 2以降の場合)

      セキュリティの種類が「WPA-○○○」の場合だけ選択できます。

    • AES(Windows XP Service Pack 2以降の場合)

      セキュリティの種類が「WPA-○○○」の場合だけ選択できます。
      なお、無線LANアダプタと無線LANドライバの両方が対応している機種に限ります。

    パソコンとアクセスポイントの暗号化の種類は、同じプロトコルを選択します。

  • セキュリティキー(パスフレーズ)
    無線LANアクセスポイントの暗号化キーです。

    パソコンとアクセスポイントのセキュリティキー(パスフレーズ)は、同じ設定値を入力します。

アドバイス
お使いの無線LANアクセスポイントに設定されている内容がわからない場合は、お使いの製品のマニュアルをご覧になるか、製品の提供元へご相談ください。


無線LANの電波を発信する


無線LANの設定をする前に、無線LANの電波を発信します。
手順は、次のQ&Aをご覧ください。

Q&A[無線LAN] 電波を発信 / 停止する方法を教えてください。(新しいウィンドウで表示)


Windowsのバージョンを確認する


ワイヤレスネットワーク接続の設定方法は、お使いのWindowsのバージョンによって異なります。

次のQ&Aをご覧になり、Windowsのバージョンを確認します。

Q&A[Windows XP] インストールされているService Packのバージョンを確認する方法を教えてください。 (新しいウィンドウで表示)



手順2ネットワークプロファイルの作成


お使いの環境によって、操作手順が異なります。


検出されたワイヤレス ネットワークに接続する
(Windows XP Service Pack 2以降の場合)


次の手順で、近くにある無線LANを自動検出し、接続の設定をします。


操作手順
  1. 「スタート」ボタン→「コントロールパネル」の順にクリックします。

  2. 「コントロールパネル」が表示されます。
    「ネットワークとインターネット接続」をクリックします。

    ネットワークとインターネット接続

    アドバイス
    「ネットワークとインターネット接続」が表示されていない場合は、「ネットワーク接続」をクリックし手順4.へ進みます。

  3. 「ネットワーク接続」をクリックします。

    ネットワーク接続

  4. 「ネットワーク接続」が表示されます。
    「ワイヤレスネットワーク接続」を右クリックし、表示されるメニューから「利用できるワイヤレスネットワークの表示」をクリックします。

    利用できるワイヤレスネットワークの表示

  5. 「ワイヤレスネットワークの選択」が表示されます。
    お使いのアクセスポイントのSSIDが表示されている項目をクリックします。

    ワイヤレスネットワークの選択

    アドバイス
    • SSIDは機器によっては、ESSIDと表記されていることがあります。

    • お使いのアクセスポイント以外のSSIDが複数表示される場合があります。
      これらは、近隣で使用されている他のアクセスポイントです。
      必ず、お使いのアクセスポイントのSSIDをクリックしてください。

  6. 「接続」ボタンをクリックします。

    接続

    次のいずれかのメッセージが表示されます。

    • 「セキュリティで保護されていないネットワーク”(SSID名)”に接続しようとしています。」
      アクセスポイントにネットワークキー(暗号化キー)を設定していない場合に表示されます。このメッセージが表示された場合は、手順7.へ進みます。

    • 「キーを入力して[接続]をクリックしてください」
      アクセスポイントにネットワークキー(暗号化キー)を設定している場合に表示されます。このメッセージが表示された場合は、手順8.へ進みます。

  7. 「セキュリティで保護されていないネットワーク”(SSID名)”に接続しようとしています。」と表示されたら、「接続」ボタンをクリックし、手順11.へ進みます。 

    重要
    「接続」ボタンをクリックすると、データを暗号化しないでネットワークに接続します。
    データを暗号化しないと、他のパソコンから勝手に接続されたり、お使いのパソコンの内部にあるデータを盗まれたり、破壊されたりする可能性があります。ご注意ください。

    接続

    アドバイス
    データを暗号化するには、アクセスポイントにネットワークキーを設定しておく必要があります。
    「セキュリティで保護されていないネットワーク”(SSID名)”に接続しようとしています。」の「キャンセル」ボタンをクリックして、アクセスポイントにネットワークキーを設定してください。

    アクセスポイントにネットワークキーを設定したら、あらためて手順1.から操作し直してください。

  8. 「キーを入力して[接続]をクリックしてください」と表示されたら、アクセスポイントに設定してあるネットワークキー(暗号化キー)を入力します。

    ネットワークキーは、「ASCII文字」、または「16進数のキャラクターコード」のどちらかの形式で入力できます。通常はASCII文字で入力します。

    接続するネットワークで、ネットワークキーに16進数のキャラクターコードがすでに使用されている場合は、16進数のキャラクターコードで入力します。

    使用できる文字や文字数は、ネットワークキーの形式によって異なります。

    ASCII文字の場合

    • 利用可能な文字
      0〜9、A〜Z、a〜z、_(アンダーバー)

    • 利用可能な文字数
      40ビット対応の場合:5文字
      104ビット対応の場合:13文字

    16進数のキャラクターコードの場合

    • 利用可能な文字
      0〜9、A〜F、a〜f

    • 利用可能な文字数
      40ビット対応の場合:10桁
      104ビット対応の場合:26桁

    ネットワークキー

  9. 「ネットワークキーの確認入力」欄に、「ネットワークキー」に入力したものと同じネットワークキーをもう一度入力します。

    ネットワークキーの確認入力

  10. 「接続」ボタンをクリックします。

    接続

  11. 手順5.でクリックした、お使いのアクセスポイントのSSIDが「接続」と表示され、星のアイコン(☆)が表示されていることを確認します。

    接続☆

  12. 「×」ボタンをクリックし「ワイヤレスネットワーク接続」を閉じます。

SSIDを入力し、ワイヤレス ネットワークに接続する
(Windows XP Service Pack 2以降の場合)


次の手順で、無線LANの設定を手動で行います。


操作手順
  1. 「スタート」ボタン→「コントロールパネル」の順にクリックします。

  2. 「コントロールパネル」が表示されます。
    「ネットワークとインターネット接続」をクリックします。

    ネットワークとインターネット接続

    アドバイス
    「ネットワークとインターネット接続」が表示されていない場合は、「ネットワーク接続」をクリックし手順4.へ進みます。

  3. 「ネットワーク接続」をクリックします。

    ネットワーク接続

  4. 「ネットワーク接続」が表示されます。
    「ワイヤレスネットワーク接続」を右クリックし、表示されるメニューから「プロパティ」をクリックします。

    プロパティ

  5. 「ワイヤレスネットワーク接続のプロパティ」が表示されます。
    「ワイヤレスネットワーク」タブをクリックします。

    ワイヤレスネットワーク

  6. 「Windowsでワイヤレスネットワークの設定を構成する」にチェックがあることを確認します。
    チェックがない場合は、クリックしチェックを付けます。

    Windowsでワイヤレスネットワークの設定を構成する

  7. 「追加」ボタンをクリックします。

    追加

  8. 「アソシエーション」タブをクリックします。

    アソシエーション

  9. 「ネットワーク名」欄に、お使いのアクセスポイントのSSIDを入力します。

    ネットワーク名

    アドバイス
    SSIDは機器によってはESSIDと表記されていることがあります。

  10. 「キーは自動的に提供される」を、クリックしチェックを外します。

    キーは自動的に提供される

  11. 「ネットワーク認証」欄の、「下向き矢印」ボタンをクリックし、表示されるメニューからアクセスポイントに設定してある認証方法をクリックします。

    ネットワーク認証

    アドバイス
    認証方法は、アクセスポイントと同じ設定にします。

  12. アクセスポイントで暗号化を設定している場合は、「データの暗号化」欄の、「下向き矢印」ボタンをクリックし、表示されるメニューからアクセスポイントに設定してある暗号化の種類をクリックします。

    データの暗号化
    (認証方法が「オープンシステム」の例)

    データの暗号化
    (認証方法が「WPA-PSK」の例)

    アドバイス
    選択できる暗号化の種類は、「ネットワーク認証」で設定した認証方法によって異なります。
    お使いのアクセスポイントに設定してあるものと同じものを選択してください。

  13. アクセスポイントの設定に応じて、「ネットワークキー」(暗号化キー)を入力します。

    ネットワークキー

    ネットワークキーは、「ASCII文字」、または「16進数のキャラクターコード」のどちらかの形式で入力できます。通常はASCII文字で入力します。

    接続するネットワークで、ネットワークキーに16進数のキャラクターコードがすでに使用されている場合は、16進数のキャラクターコードで入力します。

    使用できる文字や文字数は、ネットワークキーの形式によって異なります。

    ASCII文字の場合

    • 利用可能な文字
      0〜9、A〜Z、a〜z、_(アンダーバー)

    • 利用可能な文字数
      40ビット対応の場合:5文字
      104ビット対応の場合:13文字

    16進数のキャラクターコードの場合

    • 利用可能な文字
      0〜9、A〜F、a〜f

    • 利用可能な文字数
      40ビット対応の場合:10桁
      104ビット対応の場合:26桁

    重要
    ネットワークキーは、設定することを強くお勧めします。
    設定しないと、無線LAN機能がある他のパソコンから勝手に接続され、お使いのパソコンの内部にあるデータを盗まれたり、破壊されたりする可能性があります。ご注意ください。

    また、セキュリティをより高めるためには、指定した機器以外からネットワークにアクセスできないように、アクセスポイントに「MACアドレスフィルタリング」を設定することをお勧めします。
    MACアドレスフィルタリングを設定すると、指定された機器以外からのアクセスが禁止されるようになります。設定方法は、お使いのアクセスポイントのマニュアルなどをご覧ください。

  14. 「ネットワークキーの確認入力」欄に、「ネットワークキー」に入力したものと同じネットワークキーをもう一度入力します。

    ネットワークキーの確認入力

    アドバイス
    「キーのインデックス」は、通常は「1」のままで使用します。

  15. 「認証」タブをクリックします。

    認証

  16. IEEE 802.1X認証を使用しない場合は、「このネットワークでIEEE 802.1Xを有効にする」にチェックがないことを確認します。チェックがある場合は、クリックしチェックを外します。

    アドバイス
    通常は、「このネットワークでIEEE 802.1Xを有効にする」のチェックは外した状態で使用します。
    ただし、会社などで、IEEE 802.1X認証を使用している場合は、「このネットワークでIEEE 802.1Xを有効にする」をクリックしチェックを付けます。

    このネットワークでIEEE802.1X認証を有効にする

  17. 「OK」ボタンをクリックします。

    OK

    「ワイヤレスネットワーク接続のプロパティ」に戻ります。

  18. 「優先ネットワーク」の一覧に、手順9.で入力した「ネットワーク名」が追加され、一番上に表示されていることを確認し、「OK」ボタンをクリックします。

    OK

    アドバイス
    手順9.で入力した「ネットワーク名」が一番上に表示されていない場合は、手順9.で入力した「ネットワーク名」をクリックし、「上へ」ボタンを何度かクリックして一番上に表示させます。

    上へ

  19. 「ワイヤレスネットワーク接続」に「接続」と表示されたことを確認します。

    ワイヤレス接続

  20. 「×」ボタンをクリックし、「ネットワーク接続」を閉じます。


SSIDを入力し、ワイヤレス ネットワークに接続する
(Windows XP Service Pack 2以前の場合)


次の手順で、無線LANの設定を手動で行います。


操作手順
  1. 「スタート」ボタン→「コントロールパネル」の順にクリックします。

  2. 「コントロールパネル」が表示されます。
    「ネットワークとインターネット接続」をクリックします。

    ネットワークとインターネット接続

    アドバイス
    「ネットワークとインターネット接続」が表示されていない場合は、「ネットワーク接続」をクリックし手順4.へ進みます。

  3. 「ネットワーク接続」をクリックします。

    ネットワーク接続

  4. 「ネットワーク接続」が表示されます。
    「ワイヤレスネットワーク接続」を右クリックし、表示されるメニューから「プロパティ」をクリックします。

    ワイヤレスネットワーク接続

  5. 「ワイヤレスネットワーク接続のプロパティ」が表示されます。
    「ワイヤレスネットワーク」タブをクリックします。

    「ワイヤレスネットワーク」タブ

  6. 「Windowsを使ってワイヤレスネットワークの設定を構成する」にチェックがあることを確認します。チェックがない場合は、クリックしチェックを付けます。

    Windowsを使ってワイヤレスネットワークの設定を構成する

  7. 「優先するネットワーク」の「追加」ボタンをクリックします。

    「追加」ボタン

  8. 「アソシエーション」タブをクリックします。

    アドバイス
    「アソシエーション」タブが表示されていない場合は、手順9.に進みます。

    「アソシエーション」タブ

  9. 「ネットワーク名」に、お使いのアクセスポイントのSSIDを入力します。

    アドバイス
    SSIDは機器によってはESSIDと表記されていることがあります。

    ネットワーク名(SSID)
    (「ネットワーク名」を入力した例)

  10. 「データの暗号化」にチェックがあることを確認します。
    チェックがない場合は、クリックしチェックを付けます。

    データの暗号化(WEP)

  11. 「ネットワーク認証」を、アクセスポイントの認証方法にあわせて、次のように設定します。

    • オープンシステム認証の場合

      「ネットワーク認証」にチェックがないことを確認します。
      チェックがある場合は、クリックしチェックを外します。

    • アクセスポイントが共有キー認証の場合

      「ネットワーク認証」にチェックがあることを確認します。
      チェックがない場合は、クリックしチェックを付けます。

    ネットワーク認証

    アドバイス
    認証方法は、アクセスポイントと同じ設定にします。

  12. 「キーは自動的に提供される」をクリックしチェックを外します。

    キーは自動的に提供される

  13. アクセスポイントの設定に応じて、「ネットワークキー」を入力します。

    ネットワークキーは、「ASCII文字」、または「16進数のキャラクターコード」のどちらかの形式で入力することができます。通常はASCII文字で入力します。

    接続するネットワークで、ネットワークキーに16進数のキャラクターコードがすでに使用されている場合は、16進数のキャラクターコードで入力します。

    使用できる文字や文字数は、ネットワークキーの形式によって異なります。

    ASCII文字の場合

    • 利用可能な文字
      0〜9、A〜Z、a〜z、_(アンダーバー)

    • 利用可能な文字数
      40ビット対応の場合:5文字
      104ビット対応の場合:13文字

    16進数のキャラクターコードの場合

    • 利用可能な文字
      0〜9、A〜F、a〜f

    • 利用可能な文字数
      40ビット対応の場合:10桁
      104ビット対応の場合:26桁

    ネットワークキー

    重要
    ネットワークキーは、設定することを強くお勧めします。
    設定しないと、無線LAN機能がある他のパソコンから勝手に接続され、お使いのパソコンの内部にあるデータを盗まれたり、破壊されたりする恐れがあります。ご注意ください。

    また、セキュリティをより高めるためには、指定した機器以外からネットワークにアクセスできないように、アクセスポイントに「MACアドレスフィルタリング」を設定することをお勧めします。
    MACアドレスフィルタリングを設定すると、指定された機器以外からのアクセスが禁止されるようになります。設定方法は、お使いのアクセスポイントのマニュアルなどをご覧ください。

  14. 「ネットワークキーの確認入力」欄に、「ネットワークキー」に入力したものと同じネットワークキーをもう一度入力します。

  15. 「キーのインデックス」が「1」であることを確認します。

    キーのインデックス

  16. 「これはコンピュータ相互(ad hoc)のネットワークで、ワイヤレスアクセスポイントを使用しない」にチェックがないことを確認します。チェックがある場合は、クリックしチェックを外します。

    これはコンピュータ相互(ad hoc)のネットワークで、ワイヤレスアクセスポイントを使用しない

  17. 「認証」タブをクリックします。

    アドバイス
    「認証」タブが表示されていない場合は、手順19.へ進みます。

    「認証」タブ

  18. IEEE 802.1X認証を使用しない場合は、「このネットワークでIEEE 802.1Xを有効にする」にチェックがないことを確認します。チェックがある場合はクリックしチェックを外します。

    このネットワークでIEEE 802.1Xを有効にする

    アドバイス
    通常は、「このネットワークでIEEE 802.1Xを有効にする」のチェックは外した状態で使用します。
    ただし、会社などで、IEEE 802.1X認証を使用している場合は、「このネットワークでIEEE 802.1Xを有効にする」をクリックしチェックを付けます。

  19. 「OK」ボタンをクリックします。

    OK

  20. 「優先するネットワーク」の一覧に、手順9.で入力した「ネットワーク名」が追加され、一番上に表示されていることを確認します。

    優先するネットワーク

    アドバイス
    手順9.で入力した「ネットワーク名」が一番上に表示されていない場合は、手順9.で入力した「ネットワーク名」をクリックし、「上へ」ボタンを何度かクリックして一番上に表示させます。

  21. 「OK」ボタンをクリックします。

    OK

  22. 「ワイヤレスネットワーク接続」に「接続」と表示されたことを確認します。

    ワイヤレス接続

  23. 「×」ボタンをクリックし、「ネットワーク接続」を閉じます。

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)