このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【1608-0130】更新日:2010年7月2日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

[@フォトレタッチ] 画像を透過させる方法を教えてください。

対象機種とOS (全て表示) このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 2010年春モデルDESKPOWER、他・・・
対象OS
  • Windows 7 Home Premium
  • Windows 7 Professional
  • Windows Vista Home Premium
  • Windows Vista Home Basic
  • Windows Vista Business
  • Windows XP Home Edition
  • Windows XP Professional
  • Windows XP Tablet PC Edition
  • Windows XP Media Center Edition 2004
  • Windows XP Media Center Edition 2005

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

@フォトレタッチで画像を透過させる方法を教えてください。

回答

@フォトレタッチでは、画像を重ね合わせるときに透過させたり、画像の一部分を透過させたりできます。

透過させる方法は、お使いの機種によって異なります。

次の場合に応じた案内をご覧ください。

  1. Windows 7 / Windows Vista をお使いの場合
  2. Windows XP をお使いの場合
アドバイス
カスタムメイドモデルで、スリムソフトウェアセットを選択した場合、@フォトレタッチは添付されていません。



Windows 7 / Windows Vista をお使いの場合


目的によって、操作方法が異なります。


画像を重ね合わせるときに透過させる場合


次の手順で、画像を重ね合わせるときに透過させます。

アドバイス
重ね合わせる画像のサイズは変更できません。
下地の画像の一部分に重ね合わせる場合は、あらかじめ重ね合わせる画像のサイズを調整しておきます。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。
  1. 「スタート」ボタン→「すべてのプログラム」→「@フォトレタッチ」→「@フォトレタッチ」の順にクリックします。

  2. 「@フォトレタッチ」が表示されます。
    「ファイル」メニュー→「開く」の順にクリックします。

    @フォトレタッチ

  3. 「ファイルを開く」が表示されます。
    下地にする画像が保存されている場所を開き、下地にする画像をクリックします。

    下地にする画像の選択
    (「ピクチャ」フォルダーに保存されている「SAMPLE1」ファイルをクリックした例)

  4. 「@フォトレタッチ」に戻ります。
    「編集」メニュー→「合成」→「重ね合わせ」の順にクリックします。

    編集メニュー

  5. 「重ねる画像」が表示されます。
    重ね合わせる画像が保存されている場所を開き、重ね合わせる画像をクリックします。

    重ね合わせる画像の選択
    (「ピクチャ」フォルダーに保存されている「SAMPLE2」ファイルをクリックした例)

  6. 「重ね合わせ」が表示されます。
    プレビュー画像をドラッグしながら、重ね合わせる画像の位置をお好みで調整します。

    重ね合わせる画像の位置の調整

    アドバイス
    ドラッグとは、マウスのボタンを押したままマウスを動かし、マウスポインターを目的の場所に移動させる操作です。

  7. 「実行モード」や「透過率」の項目で、単色だけの透過や透過の度合いの調整などをお好みで行います。

    透過色や透過度合の調整

  8. 「OK」ボタンをクリックします。

    OK

  9. 「@フォトレタッチ」に戻ります。
    下地の画像に、重ね合わせた画像が透過して表示されていることを確認します。

    画像の確認

    アドバイス
    • 重ね合わせた後の画像は、そのままでは保存されていません。
      保存する場合は、「ファイル」メニュー→「上書き保存」(または「名前を付けて保存」)の順にクリックして保存してください。

    • さらに画像を重ね合わせる場合は、手順4. 〜手順9. を繰り返します。


画像の一部分を透過させる場合


次の手順で、画像の一部分を透過させます。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。
  1. 「スタート」ボタン→「すべてのプログラム」→「@フォトレタッチ」→「@フォトレタッチ」の順にクリックします。

  2. 「@フォトレタッチ」が表示されます。
    「ファイル」メニュー→「開く」の順にクリックします。

    @フォトレタッチ

  3. 「ファイルを開く」が表示されます。
    一部分を透過させる画像が保存されている場所を開き、一部分を透過させる画像をクリックします。

    一部分を透過さる画像の選択
    (「ピクチャ」フォルダーに保存されている「SAMPLE1」ファイルをクリックした例)

  4. 「@フォトレタッチ」に戻ります。
    画面右側に表示されている、「ペンパレット」アイコンをクリックします。

    ペンパレット

  5. 「加工ペン」タブをクリックします。

    加工ペン

  6. 「透明にする」アイコンをクリックします。

    透明にする

  7. ペンの種類やサイズ、描画方法のボタンをお好みで選択します。

    ペンの種類やサイズ、描画方法の選択

  8. 表示されている画像の上でドラッグし、お好みの部分を透過させます。

    透明にする
    (ペンのサイズを「20」、透過率を「+40」、描画方法を「中塗り四角」で透過した例)

    アドバイス
    • ドラッグとは、マウスのボタンを押したままマウスを動かし、マウスポインターを目的の場所に移動させる操作です。

    • 透過させた部分をもう一度ドラッグすることで、さらに透過させることができます。

    • 一部分を透過させた画像は、そのままでは保存されていません。
      保存する場合は、「ファイル」メニュー→「上書き保存」(または「名前を付けて保存」)の順にクリックして保存してください。



Windows XP をお使いの場合


目的によって、操作方法が異なります。


画像を重ね合わせるときに透過させる場合


次の手順で、画像を重ね合わせるときに透過させます。

アドバイス
重ね合わせる画像のサイズは変更できません。
下地の画像の一部分に重ね合わせる場合は、あらかじめ重ね合わせる画像のサイズを調整しておきます。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。
  1. 「スタート」ボタン→「すべてのプログラム」→「@フォトレタッチ」→「@フォトレタッチ」の順にクリックします。

  2. 「@フォトレタッチ」が表示されます。
    「ファイル」メニュー→「開く」の順にクリックします。

    @フォトレタッチ

  3. 「ファイルを開く」が表示されます。
    下地にする画像が保存されている場所を開き、下地にする画像をクリックします。

    下地にする画像の選択
    (「マイ ピクチャ」フォルダーに保存されている「SAMPLE1」ファイルをクリックした例)

  4. 「@フォトレタッチ」に戻ります。
    「編集」メニュー→「合成」→「重ね合わせ」の順にクリックします。

    編集メニュー

  5. 「重ねる画像」が表示されます。
    重ね合わせる画像が保存されている場所を開き、重ね合わせる画像をクリックします。

    重ね合わせる画像の選択
    (「マイ ピクチャ」フォルダーに保存されている「SAMPLE2」ファイルをクリックした例)

  6. 「重ね合わせ」が表示されます。
    プレビュー画像をドラッグしながら、重ね合わせる画像の位置をお好みで調整します。

    重ね合わせる画像の位置の調整

    アドバイス
    ドラッグとは、マウスのボタンを押したままマウスを動かし、マウスポインターを目的の場所に移動させる操作です。

  7. 「実行モード」や「透過率」の項目で、単色だけの透過や透過の度合いの調整などをお好みで行います。

    透過色や透過度合の調整

  8. 「OK」ボタンをクリックします。

    OK

  9. 「@フォトレタッチ」に戻ります。
    下地の画像に、重ね合わせた画像が透過して表示されていることを確認します。

    画像の確認

    アドバイス
    • 重ね合わせた後の画像は、そのままでは保存されていません。
      保存する場合は、「ファイル」メニュー→「上書き保存」(または「名前を付けて保存」)の順にクリックして保存してください。

    • さらに画像を重ね合わせる場合は、手順4. 〜手順9. を繰り返します。


画像の一部分を透過させる場合


次の手順で、画像の一部分を透過させます。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。
  1. 「スタート」ボタン→「すべてのプログラム」→「@フォトレタッチ」→「@フォトレタッチ」の順にクリックします。

  2. 「@フォトレタッチ」が表示されます。
    「ファイル」メニュー→「開く」の順にクリックします。

    @フォトレタッチ

  3. 「ファイルを開く」が表示されます。
    一部分を透過させる画像が保存されている場所を開き、一部分を透過させる画像をクリックします。

    下地にする画像の選択
    (「マイ ピクチャ」フォルダーに保存されている「SAMPLE1」ファイルをクリックした例)

  4. 「@フォトレタッチ」に戻ります。
    画面右側に表示されている、「ペンパレット」アイコンをクリックします。

    ペンパレット

  5. 「加工ペン」タブをクリックします。

    加工ペン

  6. 「透明にする」アイコンをクリックします。

    透明にする

  7. ペンの種類やサイズ、描画方法のボタンをお好みで選択します。

    ペンの種類やサイズ、描画方法の選択

  8. 表示されている画像の上でドラッグし、お好みの部分を透過させます。

    透明にする
    (ペンのサイズを「20」、透過率を「+40」、描画方法を「中塗り四角」で透過した例)

    アドバイス
    • ドラッグとは、マウスのボタンを押したままマウスを動かし、マウスポインターを目的の場所に移動させる操作です。

    • 透過させた部分をもう一度ドラッグすることで、さらに透過させることができます。

    • 一部分を透過させた画像は、そのままでは保存されていません。
      保存する場合は、「ファイル」メニュー→「上書き保存」(または「名前を付けて保存」)の順にクリックして保存してください。

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)