このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【5511-2519】更新日:2020年8月6日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

[Microsoft Edge] アドレスバーに「セキュリティ保護なし」と表示されます。

対象機種とOS このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 すべて
対象OS
  • Windows 10

このQ&Aのお役立ち度

集計結果は翌日反映されます。

質問

ホームページを表示すると、アドレスバーに「セキュリティ保護なし」や「注意してください」と表示されます。
ホームページを表示しても問題ないでしょうか。

回答

SSL / TLSに対応していないホームページを表示すると、アドレスバーに「セキュリティ保護なし」と表示されます。
「セキュリティ保護なし」と表示されているホームページでは、クレジットカード情報や個人情報を入力しないでください。



「セキュリティ保護なし」
(表示例)

SSL / TLSとは、インターネット上の情報を暗号化する技術です。

SSL / TLSで保護されたホームページでは、入力したデータ(個人情報やクレジットカード情報など)を暗号化します。
このため、通信中に改ざんされたり盗用されたりすることがなく、インターネット上でも安全にやりとりができます。

Microsoft Edgeで「セキュリティ保護なし」と表示されるのはホームページ側の影響であり、閲覧者側では設定を変更できません。
「セキュリティ保護なし」と表示された場合、ホームページの閲覧には問題ありませんが、個人情報やクレジットカード情報は入力しないでください。


ご参考

  • 現在は、SSLを元に改良されたTLSが主に使われており、TLSも含めてSSLと表記されることがあります。

  • ショッピングサイトを利用する場合や、ホームページ上で会員登録する場合は、「南京錠」のアイコンが表示されていることを確認してください。
    「南京錠」のアイコンが表示されるホームページは、SSLで保護されています。

    「南京錠」のアイコン

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)