このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【6208-2174】更新日:2014年5月15日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

[Windows Live メール] Windows メールのアドレス帳を移行する方法を教えてください。

対象機種とOS
対象機種 すべて
対象OS
  • Windows 8.1
  • Windows 8
  • Windows 7
  • WindowsVista

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

Windows VistaのWindows メールのアドレス帳を、Windows 8.1 / Windows 8 / Windows 7のWindows Live メールへ移行する方法を教えてください。

回答

Windows メールのアドレス帳をエクスポートして、Windows Live メールにインポートします。



手順1Windows メールのアドレス帳をエクスポートする

次の手順で、アドレス帳をエクスポートします。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. 「ローカルディスク(D:)」にアドレス帳を保存するフォルダーを作成します。
    ここでは例として、「mail」フォルダーを作成します。

    mailフォルダーを作成

  2. Windows メールを起動します。

  3. 「ファイル」メニュー→「エクスポート」→「Windows アドレス帳」の順にクリックします。

    ファイル-エクスポート-windowsアドレス帳

  4. 「Windows アドレス帳のエクスポート」が表示されます。
    「vCard形式(.vcfファイルのフォルダ)」をクリックします。

    「vCard形式」をクリック

  5. 「エクスポート」ボタンをクリックします。

    「エクスポート」ボタンをクリック

  6. 「フォルダの参照」が表示されます。
    「コンピュータ」をクリックします。

    「コンピュータ」をクリック

  7. 「ローカルディスク(D:)」をクリックします。

    「ローカルディスク(D:)」をクリック

  8. 「ローカルディスク(D:)」に作成したフォルダーをクリックします。
    ここでは、「mail」フォルダーをクリックします。

    フォルダーをクリック

  9. 「OK」ボタンをクリックします。

    「OK」ボタンをクリック

  10. 保存が完了すると、「指定した場所にエクスポートされました。」と表示されます。
    「OK」ボタンをクリックします。

    アドレス帳が新しい形式に変換され、指定した場所にエクスポートされました。

  11. 「Windows アドレス帳のエクスポート」に戻ります。
    「閉じる」ボタンをクリックします。

    「閉じる」ボタンをクリック

  12. 「アドレス帳」に戻ります。
    「×」ボタンをクリックし、「アドレス帳」を閉じます。

  13. Windows メールに戻ります。
    「×」ボタンをクリックし、Windows メールを閉じます。

  14. アドレス帳を保存したフォルダーをCD/DVDやUSBメモリなどにコピーします。

手順2Windows Live メールにアドレス帳をインポートする

お使いのOSによって、Windows Live メールにアドレス帳をインポートする方法は異なります。

お使いのOSに応じた項目を確認してください。

  1. Windows 8.1/8
  2. Windows 7

Windows 8.1/8

次の手順でアドレス帳をインポートします。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. CD/DVDやUSBメモリなど、別のメディアにアドレス帳を保存している場合は、「ローカルディスク(D:)」にコピーします。
    すでにパソコン内にある場合は、次の手順に進みます。

  2. 「Windows Live Mail」タイル、または「Windows Live メール」タイルをクリックします。

    Windows Live メールのタイルをクリック

    アドバイス
    • デスクトップの場合は、【Windows】キーを押すか、画面の左下の角にマウスポインターを移動し、表示される「スタート」をクリックしてから、手順2.を操作します。

    • 「Windows Live Mail」タイル、または「Windows Live メール」タイルが表示されていない場合は、次の手順でWindows Live メールを起動します。

      • Windows 8.1
        スタート画面でマウスポインターを動かし、「↓」ボタンが表示されたら、「↓」ボタンをクリックします。
        アプリの一覧から「Windows Live Mail」、または「Windows Live メール」をクリックします。

      • Windows 8
        スタート画面の何もないところを右クリックし、下に表示されるメニューから「すべてのアプリ」→「Windows Live Mail」、または「Windows Live メール」の順にクリックします。

    • 「自分の電子メールアカウントを追加する」と表示された場合は、アカウントを設定します。
      設定方法は、次のQ&Aをご覧ください。

      Q&A[Windows Live メール] メールを送受信するための設定の方法を教えてください。

  3. Windows Live メールが起動します。
    「ショートカット」の「アドレス帳」をクリックします。

    左下のアドレス帳をクリック

  4. 「インポート」ボタンをクリックして、表示されるメニューから「名刺(.VCF)」をクリックします。

    インポートから名刺をクリック

  5. 「インポートする vCard ファイルを選択してください」が表示されます。
    左側の欄から、「コンピューター」、または「PC」をクリックします。

    コンピュータアイコンをクリック

  6. 「ローカルディスク(D:)」をダブルクリックします。

    ローカルディスクDをダブルクリック

    アドバイス
    「ローカルディスク(D:)」以外にアドレス帳を保存している場合は、保存されている場所を開きます。

  7. アドレス帳を保存したフォルダーをダブルクリックします。
    ここでは例として、「mail」フォルダーをダブルクリックします。

    mailフォルダーをクリック

  8. インポートするファイルをクリックして選択します。

    インポートするファイルをクリック

    アドバイス
    • フォルダー内のすべてをまとめて移動したいときは、キーボードの【Ctrl】キーを押しながら、【A】キーを押します。

    • フォルダー内の一部をまとめて移動したいときは、キーボードの【Ctrl】キーを押しながら、移動するファイルをすべてクリックします。

  9. ファイル名が表示されていることを確認します。

    ファイル名が表示されていることを確認

  10. 「開く」ボタンをクリックします。

    開くボタンをクリック

  11. アドレス帳のデータのインポートが行われますので、しばらく待ちます。

  12. アドレス帳のデータがインポートされていることを確認します。

    アドレス帳がインストールされていることを確認

  13. 「×」ボタンをクリックし、Windows Live メールを終了します。

Windows 7

次の手順でアドレス帳をインポートします。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. CD/DVDやUSBメモリなど、別のメディアにアドレス帳を保存している場合は、「ローカルディスク(D:)」にコピーします。
    すでにパソコン内にある場合は、次の手順に進みます。

  2. 「スタート」ボタンをクリックします。

  3. スタートメニューが表示されます。
    「プログラムとファイルの検索」欄に「アドレス帳」と入力します。

    アドレス帳と入力

  4. 入力をすると自動的に文字入力欄の上部に、「プログラム」欄が表示されます。
    「アドレス帳」をクリックします。

    「アドレス帳」と表示されることを確認

    アドバイス
    複数表示されているときは、「プログラム」の項目にある「アドレス帳」をクリックします。

  5. 「アドレス帳」が表示されます。
    「インポート」をクリックします。

    「インポート」をクリック

  6. 「Windows アドレス帳にインポート」が表示されます。
    「vCard(VCF ファイル)」をクリックします。

    「vCard(VCF)」をクリックします。

  7. 「インポート」ボタンをクリックします。

    「インポート」ボタンをクリック

  8. 「インポートする vCard ファイルの選択」が表示されます。
    左側の欄から、「コンピューター」をクリックします。

    「コンピュータ」をクリック

  9. 「ローカルディスク(D:)」をクリックします。

    「ローカルディスク(D:)」

    アドバイス
    「ローカルディスク(D:)」以外にアドレス帳を保存している場合は、保存されている場所を開きます。

  10. アドレス帳を保存したフォルダーをクリックします。
    ここでは例として、「mail」フォルダーをクリックします。

    フォルダーをクリック

  11. インポートするファイルにマウスポインターを重ねて、選択します。

    アドレス帳を選択

    アドバイス
    • フォルダー内のすべてをまとめて移動したいときは、キーボードの【Ctrl】キーを押しながら、【A】キーを押します。

    • フォルダー内の一部をまとめて移動したいときは、キーボードの【Ctrl】キーを押しながら、移動するファイルをすべてクリックします。

  12. ファイル名が表示されていることを確認します。

    表示していることを確認.

  13. 「開く」ボタンをクリックします。

    開くボタンをクリック

  14. 「(ファイル名) プロパティ」が表示されます。
    内容を確認して「OK」ボタンをクリックします。

    「OK」ボタンをクリック

    アドバイス
    表示されないときは、次の手順へ進みます。

  15. 「アドレス帳は、以前の場所および形式から、Windows アドレス帳フォルダにインポートされました。」と表示されます。
    「閉じる」ボタンをクリックします。

    「閉じる」ボタンをクリック

  16. Windows アドレス帳にアドレス帳の内容が表示されていることを確認します。

    表示されていることを確認

  17. Windows Live メールを起動します。

    アドバイス
    「電子メールアカウント情報を以下に入力してください。」と表示された場合は、アカウントを設定します。
    設定方法は、次のQ&Aをご覧ください。

    Q&A[Windows Live メール] メールを送受信するための設定の方法を教えてください。

  18. 「ショートカット」の「アドレス帳」をクリックします。

    「アドレス帳」をクリック

  19. お使いのバージョンに応じて、次を操作します。

    • 「Windows Live メール 2011」の場合

      「ホーム」タブの「インポート」ボタンをクリックし、表示されるメニューから「現在のWindowsユーザーのアドレス帳」をクリックします。

      「現在のWindowsユーザーのアドレス帳」をクリック_2011

    • 「Windows Live メール 2009」の場合

      メニューボタンをクリックし、表示された一覧から「インポート」→「現在のWindowsユーザーのアドレス帳」の順にクリックします。 

      メニューボタンから「インポート」→「「現在のWindowsユーザーのアドレス帳」の順にクリック

  20. アドレス帳のデータのインポートが行われますので、しばらく待ちます。

  21. 「インポートが完了しました。」と表示されます。
    「OK」ボタンをクリックします。

    アドレス帳のインポート

  22. アドレス帳のデータがインポートされていることを確認します。

    アドレス帳画面にてインポートされたアドレスの確認

  23. 「×」ボタンをクリックし、Windows Live メールを終了します。

    アドバイス
    「Windows Live Contacts」が表示されている場合は、「×」ボタンをクリックし、「Windows Live Contacts」も閉じます。

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

サポートコール予約を利用する

その他の便利なサービス(有料)