このページの本文へ移動

パソコン用語集

用語解説

トラックアットワンス
(トラックアットワンス)

CD-Rにデータを書き込む方式の1つ。1枚のCD-Rに対して、データを「トラック」という単位に分けて書き込む。追加の書き込みができるが、トラック間に数MBが使用されるうえ、古いCD-ROMドライブや、音楽用CDプレーヤーなどとの互換性が低い。

関連項目

頭文字から探す

A B C D E

F G H I J

K L M N O

P Q R S T

U V W X Y

Z