OS & Office

Windows 11搭載

OSは最新の「Windows 11 Home 64ビット版」を搭載。

54
最新のOfficeを搭載

最新のOffice Home and Business 2021(個人向け)(注1)をプレインストール。

注1:利用開始時または再インストール時には、インターネット接続とMicrosoftアカウントでのサインイン(登録)が必要です。
商用利用権が付属しています。商用利用権の詳細は、こちらを確認してください。

詳細を閉じる 

高速起動のPCIe接続SSD

PCIe接続に対応したSSDでさらに高速

上位から下位の全てのモデルでPCIe接続に対応したSSDを搭載。起動やファイルの読み書きがさらに高速になりました。また、FH77/F3はSSD(約256GB)とHDD(約1TB)のデュアルストレージを搭載しているため、写真や動画も容量を気にせず保存して楽しむことができます。

詳細を閉じる 

安心のセキュリティ

家族のパソコン、タブレット・スマートフォンも保護できる「マカフィー® リブセーフ™ 3年版」

セキュリティソフト「マカフィー® リブセーフ™ 3年版」を、無料で使えるから安心です。パソコン内のデータや個人情報を保護するだけでなく、外部からのウイルスや不正アクセスもブロックできます。FMVはもちろん、所有する他のパソコンやタブレット、スマートフォンも保護でき、しかも台数制限がないため(注1)家庭内でまとめてセキュリティ対策が可能です。

注1:同居する家族であれば、何台でも「マカフィー® リブセーフ™ 3年版」をインストールできます。提供される機能は、OSによって異なります。

詳細を閉じる 

賢い入力 ATOK

スラスラ変換!日本語入力がスムーズにできる「ATOK」

変換能力にすぐれた日本語入力システム「ATOK」を採用し、「かしこい一発変換」「強力な先読み入力」「ミス入力の先回り」機能などを活用してスムーズな文字入力が可能です。

詳細を閉じる 

打ちやすいキーボード

「打つ」心地よさとデザインにこだわったキーボード

パソコンの使いやすさ、その決め手となるのがキーボードです。しっかりと文字を打ち込むことができる深さ約3.0mmのキーストローク。ステップ型キートップが正確な入力をサポートします。さらに、キーの重さが指の力に合わせて3段階に調整されているので、力の弱い小指でも快適にタイピングができます。

3段階押下圧

指の力はそれぞれ異なります。長時間の使用でも疲れにくいように、小指で打つキーは弱い力で反応するなど、キーの位置に合わせて重さを3段階に調節。どの指でも心地よい打鍵感を実現しています。

ステップ型キートップ

デザイン性に優れたアイソレーションキーボードに加え、各キーを液晶側に向かって傾斜させ、階段形状の段差を持たせているので、キー列を間違えず正確なタッチタイピングができます。

球面シリンドリカルキートップ

キートップをわずかに凹形状にすることにより、キーが自然に指に沿い、疲れにくいタイピングを実現します。

キーストロークが深く心地よい打鍵感

約3.0mmの深くて打ち心地の良いキーストロークなので、キーボード入力が快適です。

高レスポンスキーボード

一般的なキーボードと異なり、キーを最後まで押し込まなくてもキー入力を検出します。軽いタッチや高速タイピングでも入力抜けが少ない、確実なキー操作ができます。

美しいプリズムクリアキー

キーの側面は透明なアクセントがきらりと輝く、美しいプリズムクリアキーを採用し、デザインにもこだわりました。

詳細を閉じる 

FMVを会話で操作

「いつもアシスト ふくまろ」は、会話でFMVを活用するアプリケーション

ふくまろに音声やチャットで話しかけると、パソコンの音楽や写真を再生したり、家電の操作(注1)や、外出中のお部屋の写真をスマホに送信してくれたりします。「いつもアシスト ふくまろ」の詳細はこちらをご覧ください。

注1:家電製品の操作や温度の通知には、別売のIRコマンダーが必要です。

詳細を閉じる 

テレビを見る・録る・残す(FH77/F3のみ)

「見る」を楽しむ

視聴状況(注1)をもとに、今どれくらいの人が番組を視聴しているのかが表示されるので、人気の番組をひと目でチェックできます。
また、録画番組の視聴では本編以外のスキップ再生をはじめ、スポーツ番組などで盛り上がっているシーンのダイジェスト再生、声の高さがそのままでの変速再生(0.8倍、1.2倍、1.5倍、2.0倍)にも対応しているため、様々な番組を幅広く楽しめます。さらに、ライブ放送や録画番組のリモート視聴にも対応(注2)しているため、他のパソコンやスマホ、タブレットでも楽しめます。

注1:動作履歴送信機能を有効にした場合のみ。

注2:テレビ機能のない他のパソコン・スマートフォン・タブレットでテレビを楽しむには、パソコン・スマートフォン・タブレットにピクセラ社製「StationTV」(無料)のインストールが必要です。ただし、リモート起動(WOL)は非対応。「StationTV」はピクセラ社のサポートとなります。詳しくは「StationTV」をご覧ください。

かしこく「録る」

「ダブルチューナー(注3)」搭載で2番組同時に録画できるため、気になる番組が2つ重なっても安心です。また、キーワードやジャンルなどを指定するだけで、条件に一致した番組を自動的に録画できる「おまかせ予約」を搭載。例えば、特定の人物が出演している番組を録画したい場合、検索ワードに名前を入れておまかせ予約するだけで自動で録画します。狙った番組はもちろん、思いもよらなかった番組も録画され、新しい楽しみを発見できるかもしれません。さらに、外付けHDD(別売り)を接続して保存先に設定(注4)することもできるので、思う存分に録画できます。
録画可能時間に関してはこちらをご確認ください。

注3:2つの録画が重なった場合、1つは指定した画質にかかわらず最高画質(DR)で録画されます。

注4:複数台による同時接続や、取り外しや繋ぎ変えが可能です。

見やすく「残す」

録画番組の本編の自動抽出(注5)に加えて、簡易編集もできるため、番組を見やすく保存することができます。

注5:番組によっては正しく抽出できない場合があります。

詳細を閉じる 

録画番組を楽しむSeeQVault

パソコンで録画したTV番組をスマホやタブレットで楽しもう!

さまざまな対応機器で再生互換性のある「SeeQVault(注1)」に対応。録画した番組をそのままの画質で対応のmicroSDカードに書き出すことができるので、持ち出しが可能に。フルHD画質のまま外出先でもスマートフォンやタブレットで楽しめます(注2)

  • 書き出しについて
    SeeQVault対応の外付けHDD/SDカードに書き出した録画番組の再生は、全ての機器において動作保障するものではありません。
  • 動作確認情報はこちら

注1:SeeQVault対応メディアへのダビング/ムーブ時のフォーマットは、exFAT/FAT32/NTFSに対応しております。なお、SeeQVault対応メディアは付属しておりません。

注2:スマートフォン・タブレットの一部機種で専用アダプターが必要となります。また、スマートフォン・タブレットには専用アプリケーションをインストールする必要があり、一部機種では非対応です。

詳細を閉じる 

便利な機能&ソフト

スマホと連携してパソコンをもっと便利に使う。
写真などを転送できる「sMedio スマホデータ転送」

QRコードやPINコードを使ったかんたん操作で写真や動画をスマホとパソコンの間で転送できます。スマホで撮影した写真をパソコンで編集し、スマホに戻して友達と共有するのもかんたんです。

パソコンのスピーカーで音楽再生できる「スマホ音楽再生」

Bluetoothでスマホからパソコンに音楽を飛ばし、パソコンのスピーカーから大音量で楽しめます。

だれもが写真の達人に。

Corel® PaintShop® Pro 2020 SE(注1)なら初心者と上級者のそれぞれに適したワークスペースが利用できます。いろいろな機能をフルに活用して、イメージ通りの写真をアレンジしよう!

Corel® PaintShop® Pro 2021なら、新しく搭載したAI機能で、どんな写真もすばやくベストショットに。

注1:FH77/E3、FH70/E3、FH60/E3に搭載。

詳細を閉じる 

豊富なインターフェース

USB 3.2(Gen2)Type-C×1ポートと各種USBポートを搭載

高速でデータを転送できるUSB3.2(Gen2)Type-C(注1)を1ポート搭載。さらに、USB3.2(Gen1) Type-Aを3ポート搭載しているので、外部機器との接続に困りません。
インターフェースについて詳しくはこちらをご覧ください。

注1:映像出力など、USB以外の拡張機能はありません。

HDMI出力端子を搭載

パソコンの画面を最大フルHDの4倍のサイズ(4096×2160ドット)で他のディスプレイに映し出すことができます。

詳細を閉じる 

快適動作のマルチコアCPU

快適動作を実現する高性能インテル® クアッドコアCPU(FH77/F3)

最新の第11世代インテル® Core™ i7プロセッサーを搭載。グラフィック性能も更に向上し、写真、動画編集などの負荷の高い作業も快適に処理します。プライベートからビジネスまで、幅広く使えます。


FH77/F3のみ

複数処理の性能も高いAMDプロセッサー(FH70/F3、FH60/F3)

8コアのAMD Ryzen™ 7 5700U(注1)と6コアのAMD Ryzen 5 5500U(注2)を搭載。インターネット検索をしながらOfficeドキュメントの編集なども快適に動作します。

注1:FH70/F3

注2:FH60/F3

FH70/F3

FH60/F3

詳細を閉じる 

次世代規格Wi-Fi 6で超高速通信

Wi-Fi 6(11ax)で超高速通信を実現

より高速なWi-Fi環境で4Kや8K動画のストリーミングなどが楽しめます。また、2.4GHz帯と5GHz帯の両方に対応しているため、安定した通信が可能です。

詳細を閉じる