このページの本文へ移動

セキュリティチップによる暗号化をご利用のお客様へ

本ページは、ESPRIMO, LIFEBOOK, FMV-ESPRIMO, FMV-LIFEBOOK, FMV-DESKTOP, CELSIUSシリーズに搭載されている「セキュリティチップ」をお使いになる上で知っておいていただきたいことを記載しています。セキュリティチップをお使いになる前に本ページをよくお読みになり、正しくお使いいただきますようお願いいたします。

セキュリティチップによるファイルとフォルダの暗号化を利用する

セキュリティチップを使ってフォルダやファイルを暗号化することで、大切なデータを第三者が見たり改ざんしたりできないように保護することができます。フォルダを暗号化すると、そのフォルダの中にあるすべてのファイルが安全に保存されます

[暗号化機能の利用例]

例1: [マイ ドキュメント]フォルダを暗号化する
例2: Dドライブに自分で作成した任意のフォルダを暗号化する
例3: [マイ ドキュメント]フォルダやDドライブに自分で作成した任意のフォルダの中にあるファイルを暗号化する

暗号化を利用する際のご注意

セキュリティチップによる暗号化を利用する際には以下の点に注意してご利用ください。

  • 暗号化機能を利用するためには、ハードディスクがNTFSでフォーマットされている必要があります。
  • ハードディスク全体もしくはドライブの暗号化はできません。
  • 暗号化機能は、お客様ご自身で作成したファイルやフォルダ、および「マイドキュメント」フォルダでご利用することを推奨します。
  • 次のようなフォルダは、暗号化しないでください。セキュリティチップが利用できなくなったり、本装置が起動できなくなったりする場合があります。
    • Windowsの起動に必要なファイルのあるフォルダ(C:\Windows など)
    • ユーザ情報の入ったフォルダ(C:\Document and Settings\< ユーザー名 > など)
    • ソフトウェアがインストールされているフォルダ(C:\Program Files など)
  • セキュリティチップのバックアップファイルを保存したフォルダは暗号化しないでください。セキュリティチップが利用できなくなる場合があります。
  • セキュリティチップのバックアップは定期的に行ってください。詳しくはマニュアルを参照ください。

-以上-