このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. コンピュータプラットフォーム >
  3. 法人向けPC・タブレット・スマートフォン >
  4. サポート(法人向けパソコン) >
  5. Windows 10 Pro for Workstations メインボード/ハードディスクドライブ修理交換後のライセンス認証に関するご注意

富士通株式会社
2017年10月17日 掲載

お客様各位

Windows 10 Pro for Workstations メインボード/ハードディスクドライブ
修理交換後のライセンス認証に関するご注意

平素は、富士通製品をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

Windows 10 Pro for Workstationsのライセンスが付帯しているモデルのパソコンのメインボード/ハードディスクドライブを修理交換された場合、Windows 10 Proとして認識される場合がございます。

該当のお客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、後述の「対処方法」に沿ってライセンス認証を行っていただきますようお願いいたします。

対象のパソコン

Windows 10 Pro for Workstationsのライセンスが付帯しているモデルのパソコンのメインボード/ハードディスクドライブを修理交換した場合、Windows 10 Pro for Workstations ではなく、Windows 10 Proとして認識される場合があります。

  • 「設定」→「システム」→「バージョン情報」から「エディション」を確認します。

Windows 10 Pro for Workstationsのライセンスが付帯しているモデルは次のとおりです。

※2017年10月以降に出荷された「Intel® Xeon® プロセッサー」搭載のWindows 10 Proモデルが対象となります。

  • CELSIUS J550
  • CELSIUS J550/2
  • CELSIUS W550
  • CELSIUS W570
  • CELSIUS C740(注)
  • CELSIUS R940(注)
  • CELSIUS R970
  • CELSIUS M740(注)
  • CELSIUS M770
  • CELSIUS H970(注)
  • CELSIUS H760(注)
  • CELSIUS H770(注)

(注)一部の型名には、Windows 10 Pro for Workstationsのライセンスが付帯していません。

以下の場合に、Windows 10 Proとして認識されることがあります。

  • Windows 10 Fall Creators Updateまたは以降の機能アップデートを適用した後、メインボードとハードディスクドライブの両方を修理交換された場合
  • Windows 10 Creators Updateの状態で、メインボードとハードディスクドライブの修理交換をされた後、Windows 10 Fall Creators Updateまたは以降の機能アップデートを適用した場合
  • メインボードとハードディスクドライブの修理交換をされた後、製品添付のリカバリディスクで、出荷状態にリカバリを行い、再びWindows 10 Fall Creators Updateまたは以降の機能アップデートを適用した場合
  • Windows 10 Pro for Workstationsのライセンスが付帯しているモデルにも関わらず、Windows 10 Fall Creators Updateまたは以降の機能アップデートを適用した後、Windows 10 Proとして認識される場合

対処方法

Windows 10 Proとして認識されている場合、次の手順でWindows 10 Pro for Workstationsに変更を行います。

  1. タスクバーの検索ボックスに「cmd」と入力します。
  2. 検索結果に表示された「コマンドプロンプト」を右クリックし、表示されたメニューから「管理者として実行」をクリックします。
  3. 表示されたコマンドプロンプトに、下記コマンドをコピー&ペーストし、Enterキーを押します。
    slmgr /ipk TGMNB-2M6M7-39WWG-MT7JH-6XYV4
  4. 「Windows Script Host」ウィンドウに次のメッセージが表示されていることを確認し、「OK」ボタンをクリックします。
  5. インターネットに接続している場合は、手順6以降を実施してください。 インターネットに接続していない場合は「Windows 10 Pro for Workstationsとして認識されない場合」を実施してください。
  6. 「スタート」ボタンをクリックします。
  7. 「設定」→「更新とセキュリティ」→「ライセンス認証」の順にクリックします。
  8. 「エディション」に「Windows 10 Pro for Workstations」と表示され、ライセンス認証が完了していないことを確認します。
  9. 「トラブルシューティング」をクリックします。
  10. ライセンス認証が完了することを確認し、「閉じる」をクリックします。
  11. 「Windows 10 Pro for Workstations」として、ライセンス認証されていることを確認します。

Windows 10 Pro for Workstationsとして認識されない場合

「対処方法」の手順を実施するのが困難な場合や、解決されない場合は、マイクロソフトAnswer Desk窓口にお問い合わせいただき、オペレーターの指示に従って再度、ライセンス認証を実施してください。

マイクロソフト アンサーデスク(Answer Desk)窓口

Tel: 0120-54-2244
受付時間: 平日9時~18時、土日10時~18時 (祝日およびマイクロソフト社指定休業日を除く)

お問い合わせの際、オペレーターに以下の情報をお伝えください。

※本内容は予告なく変更される場合があります。あらかじめご了承ください。

-以上-