このページの本文へ移動

大型アップデート適用後の一般的な注意事項

内容

「このPCを初期状態に戻す」では、アップデート前のWindows 10に戻せません。

詳細・対処方法

「このPCを初期状態に戻す」では、アップデート前のWindows 10に戻すことはできません。
「このPCを初期状態に戻す」を実行すると、OSは大型アップデートが適用された状態が維持されます。

大型アップデートを適用する前に、「回復ドライブ」を作成しておくと、「回復ドライブ」からアップデート前のWindows 10に戻すことができます。

「回復ドライブ」作成手順

  • 32GB以上の容量を持つ、USBメモリをご用意ください。
  • USBメモリのデータはすべて削除されます。必要に応じてバックアップをとってください。
  • 一部の高機能な暗号化機能付きUSBメモリは、お使いいただけないことがあります。
  1. 「スタート」ボタンをクリックします。
  2. 「Windows システムツール」→「コントロールパネル」の順にクリックします。
  3. 右上の「コントロールパネルの検索」欄に「回復」と入力します。
  4. 表示された検索結果から「回復」をクリックします。
  5. 「高度な回復ツール」の「回復ドライブの作成」をクリックします。
    「ユーザーアカウント制御」が表示されたら、「はい」をクリックします。
  6. 「回復ドライブの作成」が表示されたら、「システムファイルを回復ドライブにバックアップします。」にチェックが入っていることを確認し、「次へ」をクリックします。
  7. 「USBフラッシュドライブの接続」が表示されたら、32GB以上の容量を持つUSBメモリを接続し、「次へ」をクリックしす。
  8. 「USBフラッシュドライブの選択」で、「作成」をクリックします。
    「回復ドライブ」の作成が開始されます。
  9. 「回復ドライブの準備ができました」と表示されたら、「完了」をクリックし、USBメモリを取り外します。
    「回復ドライブ」の作成が完了しました。

作成した回復ドライブ(USB)から初期状態に戻す

  • 回復ドライブで、パソコンの状態を回復すると、データが削除されます。
    必要なデータはバックアップしてください。
  • 回復ドライブ以外の外付けハードディスクやUSBメモリ、周辺機器を取り外してください。
  1. パソコンの電源を切り、作成した「回復ドライブ」を接続します。
  2. 【F12】キーを押しながらパソコンの電源を入れ、起動メニューを表示します。
  3. USBメモリから起動します。
  4. 「キーボードレイアウトの選択」で、「Microsoft IME」をクリックします。
  5. 「オプションの選択」で、「トラブルシューティング」をクリックします。
  6. 「ドライブから回復する」をクリックし、「ファイルの削除のみ行う」をクリックします。

この後は画面の指示に従って操作します。
回復が完了するとWindowsのセットアップが開始されます。Windowsのセットアップを行ってください。

内容

アップデート前のWindows 10に戻すには、「前のバージョンのWindows 10に戻す」を使います。

詳細・対処方法

大型アップデートを適用後、次の手順でアップデートする前のWindows 10に戻すことができます。
ただし、次の手順でアップデートする前に戻せるのは、アップデート後10日間です。それ以降は、アップデートする前のWindows 10に戻すことはできません。

手順

  1. 「スタート」ボタン→「設定」→「更新とセキュリティ」の順にクリックします。
  2. ウィンドウ左の「回復」をクリックします。
  3. 「前のバージョンのWindows 10に戻す」オプションの「開始する」ボタンをクリックします。
  4. 「以前のバージョンに戻す理由をお聞かせください」画面で該当の項目にチェックを付けて、「次へ」をクリックします。
  5. 「更新プログラムをチェックしますか?」画面で「チェックしない」ボタンをクリックします。
  6. 「知っておくべきこと」画面に記載されている内容を読み、問題がなければ「次へ」をクリックします。
  7. 「ロックアウトされないようにご注意ください」画面で「次へ」をクリックします。
  8. 「このビルドをお試しいただきありがとうございます」画面で「以前のビルドに戻す」をクリックします。

内容

「前のバージョンのWindows 10に戻す」が失敗し、アップデート前のWindows 10に戻すことができない場合があります。

詳細・対処方法

大型アップデートを適用後、アップデート前のWindows 10に戻すことができない場合があります。次の条件に当てはまる場合、アップデート前のWindows 10に戻すことに失敗します。

  • アップデートから10日間経過した
  • 「Windows.old」フォルダーが存在しないか、破損している
  • アップデート後に「このPCを初期状態に戻す」を実行した
  • 新しいユーザーアカウントを追加した

大型アップデートを適用する前に、「回復ドライブ」を作成することで、「回復ドライブ」からアップデート前のWindows 10に戻すことができます。

内容

「Windows Defender セキュリティーセンター」から「新たに開始」を実行すると、適用したバージョンに標準搭載されていないすべてのアプリが削除されます。

詳細・対処方法

本機能を利用すると、Windows標準のアプリを除いた、OfficeなどのMicrosoftアプリやウイルス対策ソフトウェア、パソコンにインストールされたすべてのアプリが削除されます。
また、本機能を実行した後に、「設定」→「更新とセキュリティ」→「回復」→「このPCを初期状態に戻す」を行うと、ご購入時の初期設定が保持されず、プレインストールされている富士通のアプリを回復することはできません。

お使いのパソコンで本機能を利用される前に、必要なデータはバックアップしてください。 また、ご利用の環境をバックアップすることをお勧めします。

「回復ドライブ」作成手順

  • 32GB以上の容量を持つ、USBメモリをご用意ください。
  • USBメモリのデータはすべて削除されます。必要に応じてバックアップをとってください。
  • 一部の高機能な暗号化機能付きUSBメモリは、お使いいただけないことがあります。
  1. 「スタート」ボタンをクリックします。
  2. 「Windows システムツール」→「コントロールパネル」の順にクリックします。
  3. 右上の「コントロールパネルの検索」欄に「回復」と入力します。
  4. 表示された検索結果から「回復」をクリックします。
  5. 「高度な回復ツール」の「回復ドライブの作成」をクリックします。
    「ユーザーアカウント制御」が表示されたら、「はい」をクリックします。
  6. 「回復ドライブの作成」が表示されたら、「システムファイルを回復ドライブにバックアップします。」にチェックが入っていることを確認し、「次へ」をクリックします。
  7. 「USBフラッシュドライブの接続」が表示されたら、32GB以上の容量を持つUSBメモリを接続し、「次へ」をクリックします。
  8. 「USBフラッシュドライブの選択」で、「作成」をクリックします。
    「回復ドライブ」の作成が開始されます。
  9. 「回復ドライブの準備ができました」と表示されたら、「完了」をクリックし、USBメモリを取り外します。
    「回復ドライブ」の作成が完了しました。

削除されたアプリを元に戻すためには、事前に作成した回復ドライブ、リカバリディスク、または内蔵ディスクのリカバリデータよりリカバリを行い、パソコンの状態をご購入時の状態に戻してください。

パソコン購入時にインストールされていなかったアプリは復元されません。
パソコンの状態を回復またはリカバリ後に、アプリを再インストールしてください。