このページの本文へ移動

法人向けPC Windows 8 動作確認情報 - アップグレード前の留意事項

アップグレード前の留意事項

内容

Windows 8 へのアップグレード後、「ネットワークと共有センター」にある「CCX Diagnostic Utility」は使用できません。
起動させるとブルースクリーンになります。

詳細・対処方法

"Windows 8 にアップグレードする前に、次の手順で「Atheros Client Installation Program」をアンインストールしてください。
※作成したプロファイルの情報は削除されますので、接続に必要な情報はメモに控えてください。

1. 「スタート」ボタン→「コントロール パネル」の順にクリックし、コントロールパネルを開きます。
2. 「プログラム」→「プログラムのアンインストール」の順にクリックします。
3. 「プログラムのアンインストールまたは変更」の「名前」欄から「Atheros Client Installation Program」を選択し、「アンインストール」をクリックします。
4. 「以前のインストールをアンインストールする。」を選択し、「次へ」をクリックします。
5. 「ファイル削除の確認」ダイアログが表示されたら、「OK」をクリックします。
6. 「デバイス ドライバを削除しますか?デバイス ドライバを削除するとプロファイルも削除されます。」の確認メッセージが表示されたら、「はい」をクリックします。
※「ユーザーアカウント制御」のウィンドウが表示された場合は、「続行」をクリックしてください。

Windows 8 へアップグレード後、接続しているアクセスポイントの情報は下記の手順で確認してください。
1. スタート画面の何もないところを右クリックし、画面右下の「すべてのアプリ」をクリックします。
2. 「コマンドプロンプト」をクリックします。
3. [nesth wlan show interface] と入力してEnterを押してください。 "