このページの本文へ移動

お使いになる上での注意事項(ESPRIMO ロングライフシリーズ)

ESPRIMO N5280FA Windows 7 Professional(32bit)

1 [現象・質問]
BIOSやOSにより、搭載メモリの容量表示が異なります。
[対処・回答]
メモリ容量を確認する場合は、画面右下の通知領域を右クリックし、「Windowsタスクマネージャー」から、ご確認ください。
2 [現象・質問]
搭載した拡張カードによっては、POSTでエラーメッセージが表示される、もしくはOS上で認識されない場合があります。
[対処・回答]
電源を切って、拡張カードが正しく取り付けられているか確認してください。
また、ドライバーが正しくインストールされているか確認してください。
搭載している拡張カードのBIOSを無効にすることにより回避できる場合もあります。拡張カードのBIOSを無効にする方法は拡張カードに添付されているマニュアルをご覧ください。
それでも上記現象が発生する場合は、搭載した拡張カードは本ワークステーションでは使用できません。
3 [現象・質問]
接続するUSB ストレージデバイスによってはPOST(起動時の自己診断)で停止する場合があります。
[対処・回答]
この場合、BIOSセットアップの「詳細」メニュー→「USB設定」→「USBレガシーサポート」を「使用しない」に変更してください。
なお、USB-FDDから起動する場合は、設定を「All」に戻してください。
4 [現象・質問]
ソフトウェアが正常に動作しない場合があります。
[対処・回答]
本パソコンが正常に動作しない場合は、最新版のドライバーをインストールすることをお勧めします。最新のドライバーは、本サイトのサポートページの「ダウンロード」に公開されています。
また、お使いのソフトウェアの動作条件が満たされているかどうか、およびソフトウェア販売元のWebサイトで注意事項やアップデートモジュールが公開されていないかどうかをあわせて確認してください。
5 [現象・質問]
電源を入れたとき、デジタルディスプレイを接続していると、画面が表示されないことがあります。
[対処・回答]
デジタルディスプレイを接続する場合は、標準表示仕様として、次のすべての解像度(モード)に対応したデジタルディスプレイをお使いください。
●640×480/800×600/1024×768
上記の解像度に対応していないデジタルディスプレイを接続した場合、正常に表示することはできません。
6 [現象・質問]
Windowsのログオン画面に切り替わるとき、「DPMS OFF MODE」などのメッセージが表示され、ディスプレイの信号が一度切れたように見えます。
[対処・回答]
グラフィックスカードの種類によっては、ディスプレイモードを切り替えるときに信号の送信を一時停止するため、ディスプレイが信号を受信できず、メッセージが表示される場合があります。
故障ではありませんので、そのままお使いください。
7 [現象・質問]
USBマウスのクリックを、連打または押しっぱなしのままスリープに入ると、マウスからレジュームできない場合があります。
[対処・回答]
本現象はOSの制限事項です。本パソコンには問題がありませんのでそのままお使いください。
本現象の発生時は、電源ボタンを押してレジュームしてください。
8 [現象・質問]
ファンが回転しません。
[対処・回答]
本パソコンの使用時の負荷が小さい場合、ヒートシンクファン(CPU FAN), システムファン、拡張カードスロット用ファンが回転していないことがありますが、故障ではありませんので、そのままご利用ください。
負荷が大きくなると自動的に回転を始めます。
FAN故障の有無を確認されたい場合には本パソコンの電源を入れた後、Fujitsuロゴが表示されている間にFANが一時回転しますので、その時にご確認ください。
9 [現象・質問]
ご購入時、本パソコンのオペレーションパネルカバーは施錠されており、電源を入れることができません。
[対処・回答]
ご購入時、本パソコンは施錠されています。お使いのときは、本体カバーキーで解錠し、オペレーションパネルを開けてください。本パソコンの鍵は、添付品として『取扱説明書』の入っている袋に同梱しています。
10 [現象・質問]
PCI規格の拡張カードでフルサイズ(最大長341mm)の拡張カードをPCI2スロットに取り付ける場合、カードによってはSATA1コネクタに干渉して使用できないことがあります。
[対処・回答]
フルサイズのPCIカードを取り付ける場合、カードによってはSATA1コネクタと干渉し、PCI2スロットに取り付けできないことがあります。その場合は、PCI3スロット、4スロットまたは1スロットをお使いください。
11 [現象・質問]
RASカード(FMVF-291)搭載で、省電力状態からレジュームしたとき、正常に動作しません。
[対処・回答]
RASカード(FMVF-291)は省電力機能をサポートしておりません。このカードをお使いの場合は、省電力の設定を「なし」にしてください。
12 [現象・質問]
長期保守モデルをお使いになる場合の注意事項です。
[対処・回答]
長期保守に関する注意事項は、梱包箱に同梱されています。ご確認のうえお使いください。
13 [現象・質問]
カスタムメイド「SupportDeskパック Standard24(ロングライフパソコン用) 5年/10年」をお使いになる場合の注意事項です。
[対処・回答]
「SupportDeskパック Standard24(ロングライフパソコン用)」を選択した場合、「お客様登録カード」が添付されております。
必ず「お客様登録カード」をご記入のうえ、返信用封筒に入れて送付してください。「お客様登録カード」を返信いただけない場合は、「SupportDeskパック」のサービスをご利用いただけません。
14 [現象・質問]
Windows XP Professional for Embedded Systems、Windows 7 Professional for Embedded Systems、 Windows Server 2008 for Embedded Systems Standardのライセンス上の制約事項についてです(搭載アプリケーション、運用などについてです)。
[対処・回答]
本パソコンには、次のOSがプレインストールされています。
「Windows XP Professional」:Embedded版(正式名称:Microsoft(R) Windows(R) XP Professional for Embedded Systems)
「Windows 7 Professional」:Embedded版(正式名称:Microsoft(R) Windows(R) 7 Professional for Embedded Systems)
「WinSV2008ST」:Embedded版(正式名称:Microsoft(R) Windows Server(R) 2008 for Embedded Systems Standard)
・ 添付の「MICROSOFT SOFTWARE LICENSE TERMS FOR MICROSOFT(R) WINDOWS(R) XP PROFESSIONAL FOR EMBEDDED SYSTEMS (マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項)」、「MICROSOFT SOFTWARE LICENSE TERMS FOR MICROSOFT(R) WINDOWS(R) 7 PROFESSIONAL FOR EMBEDDED SYSTEMS (マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項)」または「MICROSOFT SOFTWARE LICENSE TERMS:MICROSOFT WINDOWS SERVER 2008 FOR EMBEDDED SYSTEMS, STANDARD (マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項)」をよくお読みのうえ、ご使用願います。Embedded版として一部のソフトウェアの実行に制限がありますので、内容をご確認ください。 なお、日本語は参考訳となります。
・本パソコンでご使用のときは、あらかじめお客様のソフトウェアを組み込み(インストールし)、OSの起動直後にお客様のソフトウェアを起動する運用をお願いします。お客様のソフトウェアは、ソフトウェアの起動後に「スタート」メニューおよびデスクトップのアイコンが見えないよう、作成する必要があります。
15 [現象・質問]
電源スイッチによる電源切断を行った場合、次回電源を入れた時に「Windowsエラー回復処理」の画面が表示されることがあります。
[対処・回答]
電源スイッチにより電源切断する場合は「スケジュール運転ユーティリティ」をインストールしてお使いください。
16 [現象・質問]
4GBのメモリを搭載した場合、OSからメモリ容量が4GBと認識されません。
[対処・回答]
4GBのメモリを搭載した場合、チップセットおよびOSの仕様により、OSから使用できるメモリ容量は約3GBです。
なお、使用できるメモリ容量は増設されるPCIカードによってさらに減少します。
メモリが正常に搭載されているかどうかは、次の手順で確認してください。
1.BIOSセットアップを起動します。
2.「メイン」メニュー→「システム情報」→「メモリ詳細」→「Memory Size / Frequency」/「DIMM A3」/「DIMM A1」/「DIMM B4」/「DIMM B2」の表示を確認します。
17 [現象・質問]
BIOSのユーザパスワードを設定し、BIOSの「起動時のパスワード入力」を「毎回」設定から「使用しない」へ設定変更、 再度「毎回」に設定した場合、ユーザパスワードが消えてしまうことがあります。
[対処・回答]
本現象が発生した場合は、ユーザパスワードをもう一度設定してください。または、ユーザパスワード設定だけでなく、 管理者用パスワードを設定してください、本現象は、発生しなくなります。
18 [現象・質問]
システムが不安定になることがありますので、音声を再生中または録音中にスタンバイおよび休止状態にしないでください。
[対処・回答]
OSの制限事項です。
19 [現象・質問]
8ビット属性で録音すると、雑音が入る場合があります。
[対処・回答]
本パソコンの仕様です。ご了承ください。
8ビット属性で録音すると、量子化ノイズ(録音時に元の波形との誤差が大きくなることにより発生する雑音)が入る場合があります。
なお、16ビット属性で録音した場合は、雑音は入りません。
20 [現象・質問]
ステレオマイクにて右チャンネルの音が録音されません。
[対処・回答]
SmartAudioにてマイクのノイズ除去が有効になっているとステレオマイクの右チャンネルの音が録音されません。下記方法によりノイズ除去を無効にしてご利用ください。
1.タスクトレイにあるSmartAudioアイコンをダブルクリックし、SmartAudioを起動します。
2. 下段に並んでいるアイコンから音声効果のアイコンをクリックします。
3. 左上のLCDモニタのアイコンをクリックし、マイクのノイズ除去を無効にします。
21 [現象・質問]
CDの音声を録音できません。
[対処・回答]
制限事項です。Windows 7はCDをアナログ再生することができないため、サウンドレコーダーなどでCDの音声を録音することはできません。CDの録音には、「Windows Media Player」の録音機能を使用してください。
22 [現象・質問]
ラインイン端子やパソコン本体背面のマイク端子から録音することができません。
[対処・回答]
ラインイン端子やパソコン本体背面のマイク端子に同時にデバイスを接続していると発生することがあります。ラインイン端子や本体背面のマイク端子は同時にはご利用になれませんので、どちらか一方にのみデバイスを接続してご使用ください。
23 [現象・質問]
パソコンの電源を入れたとき、Windowsの起動/終了時、および省電力状態への移行/レジューム時に「プチッ」や「ポツ」などのノイズ音が聞こえることがあります。
[対処・回答]
通常お使いになるうえでは問題ありません。そのままお使いください。
24 [現象・質問]
古い音楽 CD(ディエンファシス処理が必要なCD)が正常に再生されません。
[対処・回答]
このパソコンは、ディエンファシス処理が必要なCDに対応しておりません。
再生したとき高音が強調されます。ご了承ください。
25 [現象・質問]
【Intel HD Graphics】拡張表示へ変更、同時表示へ変更など表示するディスプレイを切り替えることができない場合があります。
(マルチモニタ機能サポート装置のみ)
[対処・回答]
いったん変更先のディスプレイがサポートしている解像度へ変更したうえで表示を切り替えてください。
26 [現象・質問]
Wakeup on LAN 機能をお使いの場合、Directed Packetでパソコンがレジューム(Wakeup)しません。
[対処・回答]
Directed PacketによるWakeup on LAN機能は使用できません。
27 [現象・質問]
Wakeup on LAN 機能をお使いの場合、ARP でパソコンが レジューム(Wakeup)しません。
[対処・回答]
接続しているネットワークが「パブリックネットワーク」の場合には、ARPによる Wakeup on LAN機能は使用できません。
28 [現象・質問]
USBポートを増設した場合、USBの制御ができないことがあります。
[対処・回答]
USBポートを増設して「Portshutter」をご利用の場合は、正しく設定が行えるか動作確認を行ってください。
なおUSBポートを増設した場合はサポート対象外です。
29 [現象・質問]
「プログラム互換性アシスタント」が表示された場合の注意事項です。
[対処・回答]
「プログラム互換性アシスタント」は、プログラムがWindows 7に対応していない場合に表示されます。
お客様ご自身の判断により、画面の内容の指示に従ってください。
画面の指示に従うことで、Windowsが自動的に問題を回避し、プログラムの実行やインストールを正常に完了します。
30 [現象・質問]
カスタムテキストサイズ(DPI)を150%以上に設定すると、ウィンドウなどに「保存」や「キャンセル」のボタンが表示されない場合があります。
[対処・回答]
Windowsの仕様です。次の手順に従って、カスタムテキストサイズ(DPI)を125%以下に設定してください。
1.「スタート」ボタン→「コントロールパネル」の順にクリックします。
2.「デスクトップのカスタマイズ」をクリックします。
3.「ディスプレイ」をクリックします。
4.画面左側の「カスタムテキストサイズの設定(DPI)」をクリックします。
5.「標準サイズに対してこの割合で大きさを変える」を「125%」以下に設定します。
6.「OK」をクリックします。
7.「適用」をクリックします。
8.「今すぐログオフ」をクリックします。
31 [現象・質問]
ディスクデフラグツールで、Windowsから見えない領域が表示されます。
[対処・回答]
Windowsの仕様です。
Windowsの動作に問題はありませんので、そのままお使いください。
32 [現象・質問]
システムのイベントログに「イベントID:512 ソース: Microsoft-Windows-PrintService」のエラーが表示された場合の注意事項です。
[対処・回答]
この現象は、Windowsのセットアップ後に発生することがあります。このイベントログが記録されることによるシステム上の問題はありません。そのままお使いください。
33 [現象・質問]
システムのイベントログに「イベントID:11 ソース: Disk」のエラーが表示された場合の注意事項です。
[対処・回答]
この現象は、外部接続デバイス(例えばUSBメモリーなど)の初回接続時、OSモジュール間のタイミングによって発生することがあります。このイベントログが記録されることによるシステム上の問題はありません。そのままお使いください。
34 [現象・質問]
アプリケーションのイベントログに「イベントID:215 ソース:ESENT」のエラーが表示された場合の注意事項です。
[対処・回答]
この現象は、「Windows Live メール」がインストールされた環境で発生します。新規ユーザーアカウントを作成後、作成したユーザーアカウントでログオンするとイベントログに表示されます。
ログオン前に、まだ存在していないフォルダー内の「Windows Live メール」のデータをバックアップしようとして発生するエラーです。動作には問題ありませんので、そのままお使いください。
35 [現象・質問]
アプリケーションのイベントログに「イベントID:8194 ソース:VSS」のエラーが表示された場合の注意事項です。
[対処・回答]
「InstallShield」により作成された「Setup.exe」を使用して、インストールやアンインストールを行うとイベントログに記録されます。このイベントログが記録されることによるシステム上の問題はありません。そのままお使いください。
36 [現象・質問]
ユーザー名(アカウント名)の付け方についての注意事項です。
[対処・回答]
ユーザー名(アカウント名)を入力するときは、次のことにご注意ください。
・12文字を超える長さにしたり、ピリオドまたはスペースだけで構成したりすることはできません。
・「\ / " [ ] : | < > + = ; , ? * 」の各文字を使用しないでください。ユーザー名にこのような文字を含めると、「別の名前を入力してください」というエラーが表示されます。
・「@」を使用しないでください。特に、ユーザー名の先頭または最後に入力しないでください。
Windowsのセットアップ時に「@」の付いたユーザー名を入力すると、ログオンできない状況になる可能性があります。この場合は、パソコンをシャットダウンし、添付のマニュアル『取扱説明書』に従って、パソコンのリカバリを行ってください。
37 [現象・質問]
カスタムテキストサイズ(DPI)を既定以外の値に設定し、再度既定値に戻した場合、文字が小さくなる場合があります。
[対処・回答]
この現象が発生した場合は、次の手順でテーマを変更してください。
1.デスクトップで右クリックし、「個人設定」をクリックします。
2.「Aeroテーマ」から、「Windows 7」を選択します。
3.「インストールされているテーマ(1)」の「富士通」を選択します。
38 [現象・質問]
システム情報のシステム評価に「システムの評価を利用できません」と表示される場合があります。
[対処・回答]
システム評価は、「Windowsのセットアップ」の完了後にシステムがアイドル状態になっている間に実行されます。もしシステム評価が実行されていない場合は、次の手順で実行してください。
1.「スタート」ボタン→「コンピューター」を右クリックします。
2.「プロパティ」をクリックし、「システム」の画面で「システムの評価を利用できません。」をクリックします。
3.「このコンピューターの評価」をクリックします。
39 [現象・質問]
Windowsのセットアップ後すぐに「電源オプション」で設定を変更したときの注意事項です。
[対処・回答]
Windowsのセットアップ後、すぐに「電源オプション」で「ディスプレイを暗くする」や「ディスプレイの電源を切る」の設定を「なし」に変更しても、そのあと操作をしないと、ディスプレイの電源が切れたり、暗くなったりするなど正しく動作しないことがあります。
この現象は、Windowsのセットアップ直後で、パフォーマンス情報を取得できていない場合に発生します。Windowsのセットアップ後、約30分間ワークステーションを使用することでパフォーマンス情報を取得できます。すぐにパフォーマンス情報を取得したい場合は、次の手順で取得してください。
1.「スタート」ボタン→「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「システム」の順にクリックします。
2.「評価」の「システムの評価を利用できません」をクリックします。
3.「パフォーマンスの情報とツール」画面で「このコンピューターの評価」をクリックします。
40 [現象・質問]
トラブルシューティングツールの「Windows Media Player DVD」を実行すると、「DVD 再生デバイスが検出されない」と表示される場合があります。
[対処・回答]
このメッセージは、トラブルシューティングツールの診断プログラムがDVDドライブに対応していないために発生しています。ドライブの問題ではありませんので、そのままお使いください。
41 [現象・質問]
トラブルシューティングツールを使用すると電源の設定などの各設定が変更されます。
[対処・回答]
トラブルシューティングツールを使用して、各設定が変更された場合は、次の手順で変更してください。
・「電源の設定」の場合
1.「スタート」ボタンをクリックします。
2.検索ボックスに「電源オプション」と入力し、【Enter】キーを押します。
電源オプションが起動します。
3.「プラン設定の変更」をクリックします。
「プラン設定の編集」が起動します。
4.「詳細な電源設定の変更」をクリックします。
5.表示された画面で「既定のプランの復元」をクリックします。
6.「このプランの既定の設定を復元しますか?」で「はい」をクリックします。
7.「OK」をクリックします。
42 [現象・質問]
Windowsセットアップの「領域設定」で指定したサイズと実際の区画サイズに誤差が生じます。
[対処・回答]
本現象は仕様です。ご了承ください。
43 [現象・質問]
「システム情報」で、「情報を収集できません」というメッセージが表示され、システム情報が表示されない場合があります。
[対処・回答]
本現象が発生した場合は、「システム情報」を再度起動してください。
再度「システム情報」を起動しても本現象が改善されない場合は、次の手順に従いOS標準のIMEに変更してください。
1.「スタート」ボタン→「コントロールパネル」→「時計、言語、および地域」→「地域と言語」の順にクリックします。
2.「キーボードと言語」タブをクリックします。
3.「キーボードの変更」をクリックします。
「テキスト サービスと入力言語」ウィンドウが表示されます。
4.「インストールされているサービス」で「追加」をクリックします。
5.「日本語(日本)」-「キーボード」で「Microsoft IME」にチェックを付け、「OK」をクリックします。
6.「既定の言語」で「日本語(日本語) - Microsoft IME」を選択します。
7.「テキスト サービスを入力言語」の「OK」をクリックします。
8.「地域と言語」プロパティの「OK」をクリックします。
44 [現象・質問]
「Microsoft(R) Office 2007」 のアンインストールに失敗する場合があります。
[対処・回答]
「Microsoft(R) Office 2007」のアンインストール時に、「Microsoft SetUp Boot Strapper」、「必要なファイルを作成できません」、「このインストールパッケージの言語がシステムでサポートされていません。」などのメッセージが表示される場合があります。この場合は、マイクロソフト社のサポート技術情報 文書番号:973005(http://support.microsoft.com/kb/973005/ja新しいウィンドウで表示)をご覧いただき、記載されている解決方法を実施してください。
45 [現象・質問]
通知領域にアイコンが表示されない場合があります。
[対処・回答]
次のいずれかの操作を行うと、通知領域にアイコンが表示されるようになります。
・アイコンが表示されないソフトウェアを再起動する
・いったんWindowsをログオフし、再度ログオンする
・Windowsを再起動する
46 [現象・質問]
「コンピューター」ウィンドウに、通常は表示されていないハードディスクドライブが表示される場合があります。
[対処・回答]
一時的に表示されるこのハードディスクドライブは、「リカバリ領域」です。
「リカバリ領域」には、ご購入時のOS(Windows 7)やソフトウェアなどのデータが格納されています。
これらのデータを変更、削除すると、「Cドライブをご購入時の状態に戻す」ためのリカバリや「リカバリデータディスク作成」が実行できなくなります。ファイルの変更、削除などは絶対に行わないでください。
47 [現象・質問]
親指シフトキーボードなどのキーボードドライバーを使用後に、ご購入時の状態のキーボードドライバー「標準PS/2キーボード」に変更すると、キー入力ができなくなる場合があります。
[対処・回答]
「デバイスマネージャー」の「キーボード」から「日本語PS/2キーボード(106/109キー)」を選択してください。
48 [現象・質問]
「バックアップと復元」機能によって作成したシステムイメージを復元するとシステムのイベントログに「イベントID:41 ソース: Kernel-Power」のエラーが表示されます。
[対処・回答]
この現象は「バックアップと復元」機能によって作成したシステムイメージを復元すると発生します。
イベントログにエラーが記載されてもシステムイメージの復元は問題なく完了していますので、そのままお使いください。