このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【9610-3350】更新日:2018年1月30日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

ステータスパネルスイッチについて教えてください。

対象機種とOS このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 すべて
対象OS
  • Windows 10
  • Windows 8.1

このQ&Aのお役立ち度

集計結果は翌日反映されます。

回答

ステータスパネルスイッチは、無線LANなどのデバイスの状態をまとめて切り替えられる「モード切り替え」を実行したり、デバイスを個々にオン / オフしたりするアプリです。



ステータスパネル
(表示されるボタンの数や内容は、お使いの機種によって異なります。)

確認したい項目をクリックして、ご覧ください。

[+]すべてを開く [-]すべてを閉じる

付属機種

ステータスパネルスイッチは、2013年10月発表モデル以降のすべての機種に付属しています。
ただし、次の機種を除きます。

  • 2017年5月・7月発表モデル
    ESPRIMO WDシリーズ

  • 2016年10月発表モデル
    ESPRIMO WDシリーズ

  • 2016年1月発表モデル
    ESPRIMO WDシリーズ

  • 2015年9月・10月・12月発表モデル
    ESPRIMO WDシリーズ
    LIFEBOOK CHシリーズ

  • 2015年1月発表モデル
    LIFEBOOK GH77/T

  • 2014年10月発表モデル
    ESPRIMO WDシリーズ

  • 2014年5月発表モデル
    ESPRIMO WDシリーズ
    LIFEBOOK CHシリーズ

  • 2014年1月・2月発表モデル
    LIFEBOOK AH30/K、AH15/M、AH32/M

  • 2013年10月発表モデル
    ESPRIMO WDシリーズ
    LIFEBOOK AH30/L、AH47/K
アドバイス

注意事項

次の項目を順番に確認してください。


モード切り替えに関する注意事項

次のとおりです。

  • 複数のユーザーアカウントでパソコンを使用していても、各モードの設定は、すべてのユーザーアカウント間で共通です。

    例えば、省電力モード中に他のユーザーアカウントでサインインし直しても、省電力の状態は変化しません。

各デバイスの状態の切り替えに関する注意事項

次のとおりです。

  • Windows にサインインした直後は、デバイスの状態の切り替えに失敗する可能性があります。
    Windows にサインインした後、少したってから切り替えてください。

  • デバイスの状態をオンからオフに切り替える場合は、切り替え前にそのデバイスの利用を中止し、接続、または挿入されているデバイスをすべて取り外してから切り替えてください。デバイスの使用中に切り替えると、正常に停止できないことがあります。

    また、デバイスの状態をオフからオンに切り替える場合は、切り替えた後にデバイスをパソコンに装着してください。

  • ブルーライトカットモードを搭載している機種は、Windows 10 Creators Update の夜間モードを同時に有効にすると、画面の色味が設定通りに調整されません。
    どちらか一方だけを有効にしてください。

    夜間モードについて詳しくは、次のQ&Aをご覧ください。

    Q&A[Windows 10] 夜間モードを設定する方法を教えてください。

  • 「CPU」を「低パフォーマンス」または「中間パフォーマンス」にしていると、動画の再生時にコマ落ちが発生する場合があります。
    この場合は、次のいずれかを実施してください。

    • 「モード切り替え」にある「モード切り替え設定」で、使用するモードの「CPUパフォーマンス」のチェックを外す

      CPUパフォーマンス

    • 「各デバイスの状態の切り替え」にある「CPU」を「高パフォーマンス」に切り替える

      高パフォーマンスに設定する。

起動方法 / 使い方

次の手順で、ステータスパネルスイッチを起動します。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. お使いのOSにより、手順が異なります。

    • Windows 10の場合

      「スタート」ボタンをクリックし、すべてのアプリの一覧から「FUJITSU - ステータスパネルスイッチ」→「ステータスパネルスイッチ」の順にクリックし手順3.に進みます。

    • Windows 8.1/8の場合

      スタート画面でマウスポインターを動かし、「↓」ボタンが表示されたら、「↓」ボタンをクリックします。

      すべてのアプリ
      アドバイス
      デスクトップの場合は、タスクバーにある「ステータスパネルスイッチ」をクリックし、手順3.に進みます。

      ステータスパネルスイッチ

      タスクバーに「ステータスパネルスイッチ」がない場合は、画面の右下にマウスポインターを移動し、チャームが表示されたら「スタート」をクリックしてスタート画面を表示させます。
  2. 「FUJITSU - ステータスパネル...」にある「ステータスパネルスイッチ」をクリックします。

    ステータスパネルスイッチ

  3. ステータスパネルスイッチが起動します。
    使い方について、確認したい項目をクリックしてご覧ください。

モード切り替え

次の手順で、モード切り替えを実行します。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. 「モード切り替え」には次の種類があります。
    変更したいモードをクリックし設定を変更します。

    • カスタムモード
      設定した内容に変更されます。設定方法については手順2.に進みます。

    • 省電力モード
      Wi-Fi : OFF、Bluetooth : OFF、画面の明るさ : 20%、スピーカー : ミュート、CPUパフォーマンス : 低、有線LAN : OFFに変更されます。

    • ワイヤレスオフモード
      Wi-Fi : OFF、Bluetooth : OFFに変更されます。

  2. 「モード切り替え設定」をクリックします。

    モード切り替え設定をクリックします。

  3. プルダウンメニューの▼」をクリックします。
    「カスタムモード」を選択します。

    カスタムモードをクリックします。

  4. 設定したいデバイスをクリックし動作を選択します。

    設定したいデバイスをクリックします。
    アドバイス
    「初期設定に戻す」ボタンを押すことで設定を初期状態へ戻すことができます。
  5. 「OK」ボタンをクリックします。

    「OK」ボタンをクリックします。
    (ここでは、「スピーカー : ミュート、スリープ / スクリーンセーバー :  抑止しない」に設定しています。)

  6. 「カスタムモード」ボタンをクリックします。

    「カスタムモード」ボタンをクリックします。

  7. 「モード切り替え」が表示されます。

    「OK」ボタンをクリックします。
    「OK」ボタンをクリックします。
    アドバイス
    「以後、この確認画面を表示しない。」をクリックしてチェックを付けると、次回以降は、確認画面が表示されなくなります。

    「以後、この確認画面を表示しない。」をクリックすると表示されなくなります。
  8. 「モードの切り替え中です。」と表示されます。
    表示されなくなるまで、そのまましばらく待ちます。

    「モード切り替え中です。」と表示されます。

  9. モードが切り替わったことを確認します。

    モードが切り替わったことを確認します。

各デバイスの状態の切り替え

切り替えたいデバイスのボタンをクリックすると、「デバイスの状態の切り替え中です。」と表示されます。

デバイスの切り替え中です。

表示が消えると、オン / オフなどが切り替わります。

オン/オフが切り替わります。
(Wi-Fiをオフにした状態)


ご参考

「表示項目変更」をクリックすると、デバイスのボタンの表示 / 非表示を切り替えられます。

表示項目変更

[+]すべてを開く [-]すべてを閉じる

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)