このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【0008-7580】更新日:2017年1月5日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

CドライブとDドライブの割合を変更する方法を教えてください。(2010年夏モデル〜2012年夏モデル)

対象機種とOS このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 すべて
対象OS
  • Windows 7

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

ハードディスク、またはSSDのCドライブとDドライブの割合を変更して、領域を再設定する方法を教えてください。

回答

2010年夏モデル〜2012年夏モデル向けのQ&Aです。

FMVパソコンでは、一つのハードディスク、またはSSDを論理的にCドライブとDドライブの二つの領域に分けています(一部機種を除く)。

CドライブとDドライブに割り当てられている領域の割合は、「ご購入時の状態に戻すリカバリ」を実行するときに変更できます(Cドライブ、またはDドライブの容量が100GB未満の場合を除く)。

重要

  • Windows 7 の「ディスクの管理」や、市販のソフトウェアで領域設定を変更しないでください。
    CドライブとDドライブの割合を変更する場合は、必ずこのQ&Aでご案内している、トラブル解決ナビをお使いください。

  • 次の機種は、領域を変更できません。

    • ハードディスク2台搭載機種
    • Cドライブ / Dドライブの容量が100GB未満の機種(約128GB SSD搭載機種など)
    • SSD+ハードディスク搭載機種(ハードディスク+高速処理用SSD搭載機種を除く)

    2012年夏モデル
    ESPRIMO DH70/HN(FMVD7HN71、FMVD7HN7G1、FMVD7HN81、FMVD7HN8G1)、DH77/H
    LIFEBOOK SH54/H、SH54/HN(128GB SSDを選択した場合)、SH56/H、SH76/H(FMVS76H、FMVS76TK2)、SH76/HN(128GB SSDを選択した場合)
    LIFEBOOK UH75/HN(128GB SSD+高速処理用SSDを選択した場合)

    2012年春モデル
    ESPRIMO DH77/G、DH70/GN(4TB [2TB×2] HDDを選択した場合)
    LIFEBOOK SH54/G(FMVS54GW、FMVS54GB、FMVS54GR、FMVS54GWG、FMVS54GBG、FMVS54GMG、FMVS54GWTK、および128GB SSDが搭載されている大学生協モデル)、SH54/GN(128GB SSDを選択した場合)
    LIFEBOOK SH56/G
    LIFEBOOK SH76/G(FMVS76G)、SH76/GN(128GB SSDを選択した場合)
    LIFEBOOK PH75/GN(128GB SSDを選択した場合)

    2011年冬モデル
    LIFEBOOK NH77/ED
    LIFEBOOK SH76/E

    2011年夏モデル
    LIFEBOOK TH40/D

    2010年冬モデル
    LIFEBOOK NH900/BND(FMVN9BND27、FMVN9BND28)

    2010年夏モデル
    LIFEBOOK NH900/ANT(FMVN90ANT2)

CドライブとDドライブに割り当てられている領域の割合を変更する方法は、次のとおりです。

次の項目を順番に確認してください。

  1. 事前準備
  2. 領域設定の実行
  3. ご購入時の状態に戻すリカバリ


手順1事前準備

CドライブとDドライブの割合を変更する前に、いくつかの準備が必要です。


ご注意

  • CドライブとDドライブの容量に制限があります。領域は最小容量より小さくできません。
    • 2011年夏モデル〜2012年夏モデルの場合
      • Cドライブの最小容量:100GB
      • Dドライブの最小容量:100GB

    • 2010年夏モデル〜2011年春モデルの場合
      • Cドライブの最小容量:50GB
      • Dドライブの最小容量:50GB

  • Dドライブの容量を小さくしすぎないでください。
    Dドライブの容量が少ないと、バックアップナビ / マイリカバリを使ったバックアップができない可能性があります。

データをバックアップする

CドライブとDドライブの割合を変更すると、CドライブやDドライブなどに保存したすべてのデータが削除されます。
必要なデータがある場合は、CドライブとDドライブの割合を変更する前にバックアップします。

重要
領域を再設定するため、パソコン内(CドライブやDドライブなど)に保存したすべてのデータも削除します。
そのため、バックアップは外付けハードディスクなどの外部記憶装置や、CD/DVDなどのメディアにバックアップしてください。

アドバイス
2010年春モデル〜2010年夏モデルのLIFEBOOK MHシリーズをお使いの場合は、外付けのハードディスクやUSBメモリなどの外部媒体を接続していない状態でも、「コンピューター」にEドライブのアイコンが表示されます。

USB Duet HD(E:)
(画面はEドライブの表示例です)

CドライブとDドライブの割合を変更すると、Eドライブに保存されているデータも削除されます。

必要なデータがある場合は、CドライブとDドライブの割合を変更する前にバックアップします。
詳しくは、次のQ&Aをご覧ください。

Q&A[LIFEBOOK MH/BIBLO LOOX Mシリーズ] リカバリやマイリカバリを行う前に、Eドライブのバックアップも必要ですか。


外付けハードディスクなどを取り外す

外付けハードディスクやUSBメモリなど外部記憶装置を取り外します。

重要
パソコンに接続したまま作業を開始すると、データが破損したり消失したりする可能性があります。


その他の注意事項を確認する


  • LIFEBOOKをお使いの場合は、必ずACアダプタを使用し、コンセントから電源を確保してください。

  • タッチパネルで領域の再設定はできません。
    タッチパネル搭載機種をお使いの場合は、マウスやキーボードで操作してください。


手順2領域設定の実行

CドライブとDドライブの割合を変更するには、トラブル解決ナビから領域設定を実行します。

領域設定を実行する方法は、次のとおりです。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. 次のQ&Aをご覧になり、トラブル解決ナビを起動します。

    Q&A[トラブル解決ナビ] 起動する方法を教えてください。(2010年夏モデル〜2012年夏モデル)

  2. トラブル解決ナビが起動します。
    「ユーティリティ」タブをクリックします。

    「ユーティリティ」タブをクリック

  3. 「領域設定」アイコンをクリックします。

    「領域設定」アイコンをクリック

  4. 「実行」ボタンをクリックします。

    「実行」ボタン

  5. 「領域設定を始める前に、必ず以下をよくお読みください。」と表示されます。
    「ご使用上の注意」の内容をよく読み、同意する場合は、「同意する」をクリックします。

    同意する場合は、「同意する」をクリック

  6. 「次へ」ボタンをクリックします。

    「次へ」ボタンをクリック

  7. 「領域設定の実行」と表示されます。
    つまみをクリックしたまま左右に動かし、CドライブとDドライブに割り当てる領域(サイズ)を、お好みで設定します。

    領域設定の実行

    アドバイス
    つまみを左に動かすと、Cドライブの領域(サイズ)が小さく、Dドライブの領域(サイズ)が大きくなります。
    つまみを右に動かすと、Cドライブの領域(サイズ)が大きく、Dドライブの領域(サイズ)が小さくなります。

  8. 割り当てる領域(サイズ)を設定できたら、「実行」ボタンをクリックします。

    「実行」ボタンをクリック

  9. 「領域を設定します。よろしいですか?」と表示されます。
    「はい」ボタンをクリックします。

    領域を設定します。よろしいですか?

  10. 「ハードディスクの領域を設定しています。しばらくお待ちください。」と表示されます。
    領域の設定が完了するまで、しばらく待ちます。

  11. 「領域設定の完了」と表示されます。
    「完了」ボタンをクリックします。

  12. トラブル解決ナビに戻ります。

以上で、「領域設定の変更」は完了です。
引き続き、「ご購入時の状態に戻すリカバリ」に進みます。



手順3ご購入時の状態に戻すリカバリ

ご購入時の状態に戻すリカバリを実行する手順は、次のとおりです。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. 「リカバリ」タブをクリックします。

    「リカバリ」タブをクリック

  2. 「Cドライブを64ビット(ご購入時)の状態に戻す」アイコン、または「Cドライブを32ビット(ご購入時)の状態に戻す」アイコンをクリックします。

    ご購入時の状態に戻す

  3. 「実行」ボタンをクリックします。

    「実行」ボタンをクリック

  4. 「ディスクイメージの復元を始める前に、必ず以下をよくお読みください。」と表示されます。
    注意事項の内容をよく読み、同意する場合は、注意事項の「▼」ボタンをクリックし、スクロールバーを一番下まで移動します。

    ▼ボタンをクリックし、スクロールバーを一番下まで移動

  5. 「同意する」をクリックします。

    同意する場合は、「同意する」をクリック

  6. 「次へ」ボタンをクリックします。

    「次へ」ボタンをクリック

  7. 「Cドライブ内のすべてのデータが削除されます !!!」(または「CドライブとEドライブ内のすべてのデータが削除されます!!!」)と表示されます。
    「OK」ボタンをクリックします。

    Cドライブ内のすべてのデータが削除されます !!!

  8. 「ディスクイメージの復元」と表示されて、ご購入時の状態に戻すリカバリが始まります。
    完了するまで、しばらく待ちます。

    アドバイス
    終了までの時間表示が増えることがあります。これは、途中で終了時間を計算し直しているためです。

  9. 「リカバリが正常に完了しました。」と表示されます。
    「OK」ボタンをクリックし、パソコンを再起動します。

    重要
    パソコンを再起動すると、しばらく黒い画面が表示されて起動するまで時間がかかります。

  10. 続けて、Windowsのセットアップを行います。
    お使いの機種によって操作が異なります。次のQ&Aをご覧ください。

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)