このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【0411-2457】更新日:2022年4月20日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

[Microsoft Edge] 追跡防止の設定方法を教えてください。

対象機種とOS
対象機種 すべて
対象OS
  • Windows 11
  • Windows 10
  • Windows 8.1
  • Windows 8
  • Windows 7

このQ&Aのお役立ち度

集計結果は翌日反映されます。

質問

Microsoft Edgeの追跡防止の設定方法を教えてください。

回答

追跡防止の設定は、画面右上の「・・・」(設定など)にある「設定」の「プラバシー、検索、サービス」から行います。


Microsoft Edgeの追跡防止の設定をする方法は、次のとおりです。

アドバイス

追跡とは、ホームページやホームページに掲載されている広告主などが、ユーザーによるホームページの利用状況を把握する方法のことです。

これには、ユーザーが訪問したページ、クリックしたリンク、購入したりレビューを書いたりした商品の情報などが含まれる場合があります。
これらの情報を利用して、ユーザーにあわせた広告や、おすすめのコンテンツなどがホームページに表示されます。

追跡防止を有効にし、レベルを厳重にするとプライバシー保護に役立ちますが、ホームページの広告やコンテンツなどが表示されなくなる可能性があります。

なお、追跡防止はプライバシー保護を保証するものではありません。

Microsoft Edgeの追跡防止について詳細は、次のホームページをご覧ください。

マイクロソフト社
Microsoft Edge の追跡防止について


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. タスクバーにある「Microsoft Edge」アイコンをクリックします。

    「Microsoft Edge」アイコンをクリック

    アドバイス

    タスクバーに「Microsoft Edge」アイコンがないときは、お使いの機種に応じて、「Microsoft Edge」を起動します。

    • Windows 11の場合
      「スタート」ボタン「スタート」ボタン→右上の「すべてのアプリ」→「Microsoft Edge」の順にクリックします。
    • Windows 10の場合
      windows10アイコン「スタート」ボタン→「Microsoft Edge」の順にクリックします。

  2. 「…」(設定など)をクリックし、表示されるメニューから「設定」をクリックします。

    「…」→「設定」の順にクリック

  3. 「設定」が表示されます。
    「プラバシー、検索、サービス」をクリックします。

    「プライバシー、検索、サービス」をクリック

    アドバイス

    「プラバシー、検索、サービス」が表示されていない場合は、「設定」の左にある「menu」(menu)→「プラバシー、検索、サービス」の順にクリックします。


  4. 「追跡防止」にあるスイッチをクリックし、オン(青)、またはオフ(白)にします。

    「追跡防止」のスイッチ

    アドバイス

    機能を有効にすると、追跡を防ぐレベルが変更できるようになります。

    変更する場合は、各レベルの説明内容をよく確認し、目的に合わせて任意で選択してください。

    「追跡防止」のレベル

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

サポートコール予約を利用する

その他の便利なサービス(有料)

オンライン学習サービスFMVまなびナビ