このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【0903-7276】更新日:2012年5月18日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

[@メール] メールデータ / アドレス帳が保存されている場所を教えてください。

対象機種とOS (全て表示) このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 2009年夏モデルFMV-DESKPOWER F/D60、他・・・
対象OS
  • Windows Vista Home Premium
  • Windows Vista Home Basic
  • Windows XP Home Edition
  • Windows XP Professional
  • Windows XP Tablet PC Edition
  • Windows XP Media Center Edition 2004
  • Windows XP Media Center Edition 2005
  • Windows Me
  • Windows 2000

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

@メールのメールデータとアドレス帳をバックアップしたいと思います。
次の項目について教えてください。

・メールデータとアドレス帳が保存されている場所

・メールデータとアドレス帳をバックアップする方法

・メールデータとアドレス帳を復元する方法

回答

@メールのメールデータとアドレス帳が保存されている場所を確認する方法と、バックアップする方法は、次のとおりです。


ご注意

@メールにメールアカウントやアドレス帳を設定した状態で、バックアップしたデータを復元すると、「メールアカウント」、「メールデータ」、「アドレス帳」のすべてが上書きして復元されるため、既に設定されている@メールのデータはすべて消失します。



手順1メールデータ/アドレス帳が保存されている場所を確認する

@メールのメールデータとアドレス帳が保存されている場所を表示するには、隠しファイルを表示する必要があります。
隠しファイルを表示する設定は、次のQ&Aをご覧ください。

Q&Aシステムファイルや隠しファイルを表示する / 非表示にする方法を教えてください。(新しいウィンドウで表示)

隠しファイルを表示した後、お使いの@メールのバージョンに応じて、次の項目をご覧ください。

次の場合に応じた項目を確認してください。

  1. @メール V2.0〜V3.8の場合
  2. @メール V1.0 / V1.2の場合

アドバイス
@メールのバージョンは、@メールの「ヘルプ」メニュー→「バージョン情報」の順にクリックすることで確認できます。
バージョンの後ろにはアルファベットが表示されることがあります。


@メール V2.0〜V3.8の場合


お使いのOSや環境によって、@メールのメールデータやアドレス帳の保存場所は異なります。

  • Windows Vista の場合

    C:¥Users¥(ユーザー名)¥AppData¥Local¥Fujitsu¥AtMail¥UserData¥

    「(ユーザー名)」には、ご利用のユーザー名が入ります。

  • Windows XP の場合

    C:¥Documents and Settings¥(ユーザー名)¥Local Settings¥Application Data¥Fujitsu¥AtMail¥UserData

    「(ユーザー名)」には、「Owner」など、ご利用のユーザー名が入ります。

  • Windows Me / Windows 98 (ユーザー別設定なし)の場合

    C:¥Windows¥Application Data¥Fujitsu¥AtMail¥UserData

  • Windows Me / Windows 98 (ユーザー別設定あり)の場合

    C:¥Windows¥Profiles¥(ユーザー名)¥Application Data¥Fujitsu¥AtMail¥UserData

    「(ユーザー名)」には、ご利用のユーザー名が入ります。

  • Windows 2000の場合

    C:¥Documents and Settings¥(ユーザー名)¥Local Settings¥Application Data¥Fujitsu¥AtMail¥UserData

    「(ユーザー名)」には、「Administrator」など、ご利用のユーザー名が入ります。

@メール V1.0 / V1.2の場合


お使いのOSや環境によって、@メールのメールデータやアドレス帳の保存場所は異なります。

  • Windows Me / Windows 98 (ユーザー別設定なし)の場合

    • メールデータ
      C:¥Windows¥Application Data¥Fujitsu¥@Mail¥UserData¥mail

    • アドレス帳
      C:¥Windows¥Application Data¥Fujitsu¥@Mail¥UserData

  • Windows Me / Windows 98 (ユーザー別設定あり)の場合

    • メールデータ
      C:¥Windows¥Profiles¥(ユーザー名)¥Application Data¥Fujitsu¥@Mail¥UserData¥mail

    • アドレス帳
      C:¥Windows¥Profiles¥(ユーザー名)¥Application Data¥Fujitsu¥@Mail¥UserData

    「(ユーザー名)」には、ご利用のユーザー名が入ります。

  • Windows 2000 の場合

    • メールデータ
      C:¥Documents and Settings¥(ユーザー名)¥Application Data¥Fujitsu¥@mail¥Userdata¥Mail

    • アドレス帳
      C:¥Documents and Settings¥(ユーザー名)¥Application Data¥Fujitsu¥@mail¥Userdata

    「(ユーザー名)」には、「Administrator」など、ご利用のユーザー名が入ります。


手順2データが保存されているフォルダをバックアップする

@メールのメールデータとアドレス帳が保存されている場所を確認した後、それらが保存されているフォルダを別の場所にバックアップします。

次の場合に応じた項目を確認してください。

  1. Windows Vistaの場合
  2. Windows XP / Windows Me / Windows 2000の場合

Windows Vistaの場合

次の手順で、データが保存されているフォルダをバックアップします。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. 「コンピュータ」をクリックします。

  2. 「ローカルディスク(D:)」をクリックします。

    ローカルディスク(D:)

  3. キーボードの【F10】キーを押します。

  4. 「ファイル」メニュー→「新規作成」→「フォルダ」の順にクリックします。

    「ファイル」メニュー→「新規作成」→「フォルダ」の順にクリック

  5. 「新しいフォルダ」が作成されます。
    名前を「@メールバックアップ」に変更します。

    @メールバックアップ

    アドバイス
    フォルダの名前は、お好きなものでかまいません。ここでは例として、「@メールバックアップ」としています。

  6. 「×」ボタンをクリックし、「ローカルディスク(D:)」を閉じます。

  7. 「コンピュータ」をクリックします。

  8. 「メールデータ/アドレス帳が保存されている場所を確認する」で確認した、@メールのメールデータとアドレス帳が保存されているフォルダを表示します。

    「ローカルディスク(C:)」→「ユーザー」フォルダ→「(ユーザー名)」フォルダ→「AppData」フォルダ→「Local」フォルダ→「Fujitsu」フォルダ→「AtMail」フォルダ

  9. 「UserData」フォルダが表示されたことを確認します。

  10. 「UserData」フォルダを右クリックし、表示されるメニューから「コピー」をクリックします。

    フォルダのコピー

  11. 「×」ボタンをクリックし、「AtMail」フォルダを閉じます。

  12. 「コンピュータ」をクリックします。

  13. 「ローカルディスク(D:)」をクリックします。

    ローカルディスク(D:)

  14. 「@メールバックアップ」フォルダをクリックします。

    @メールバックアップ

  15. キーボードの【F10】キーを押します。

  16. 「編集」メニュー→「貼り付け」の順にクリックします。

    貼り付け

  17. 「UserData」フォルダが、「@メールバックアップ」フォルダの中にコピーされたことを確認します。

    「UserData」フォルダがコピー

  18. 「×」ボタンをクリックし、「@メールバックアップ」フォルダを閉じます。

Windows XP / Windows Me / Windows 2000の場合

次の手順で、データが保存されているフォルダをバックアップします。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. 「マイコンピュータ」をクリックします。

  2. 「ローカルディスク(D:)」、または「(D:)」をクリックします。

    ローカルディスク(D:)

  3. 「ファイル」メニュー→「新規作成」→「フォルダ」の順にクリックします。

    新規作成

  4. 「新しいフォルダ」が作成されます。
    名前を「@メールバックアップ」に変更します。

    @メールバックアップ

    アドバイス
    フォルダの名前は、お好きなものでかまいません。
    ここでは例として、「@メールバックアップ」としています。

  5. 「×」ボタンをクリックし、画面を閉じます。

  6. 「マイコンピュータ」をクリックします。

  7. 「メールデータ/アドレス帳が保存されている場所を確認する」で確認した、@メールのメールデータとアドレス帳が保存されているフォルダを表示します。

    例として、Windows XPで@メール V2.0〜V3.7をお使いの場合は、次の順にクリックします。

    「ローカルディスク(C:)」→「Documents and Settings」フォルダ→「Owner」など「(ユーザー名)」フォルダ→「Local Settings」フォルダ→「Application Data」フォルダ→「Fujitsu」フォルダ→「AtMail」フォルダ

  8. 「UserData」フォルダ、または「mail」フォルダが表示されたことを確認します。

  9. 「UserData」フォルダ(または「mail」フォルダ)を右クリックし、表示されるメニューから「コピー」をクリックします。

    ファイルのコピー

  10. 「×」ボタンをクリックし、「AtMail」フォルダを閉じます。

  11. 「マイコンピュータ」をクリックします。

  12. 「ローカルディスク(D:)」、または「(D:)」をクリックします。

  13. 「@メールバックアップ」フォルダをクリックします。

  14. 「編集」メニュー→「貼り付け」の順にクリックします。

    ファイルの貼り付け

  15. 「UserData」フォルダ(「mail」フォルダ)が、「@メールバックアップ」フォルダの中にコピーされたことを確認します。

    UserData

  16. 「×」ボタンをクリックし、「@メールバックアップ」フォルダを閉じます。


手順3バックアップしたデータを復元する

バックアップした@メールのデータを復元します。

次の場合に応じた項目を確認してください。

  1. Windows Vistaの場合
  2. Windows XP / Windows Me / Windows 2000の場合

Windows Vistaの場合

次の手順で、バックアップしたデータを復元します。

ここでは、例としてDドライブにバックアップしたデータを復元する方法をご案内します。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. 「コンピュータ」をクリックします。

  2. 「ローカルディスク(D:)」をクリックします。

    ローカルディスク(D:)

  3. @メールのデータを保存したフォルダをクリックします。

  4. 「UserData」フォルダを右クリックし、表示されるメニューから「コピー」をクリックします。

    「UserData」フォルダをコピー

  5. 「×」ボタンをクリックし、画面を閉じます。

  6. 「コンピュータ」をクリックします。

  7. 「メールデータ/アドレス帳が保存されている場所を確認する」で確認した、@メールのメールデータとアドレス帳が保存されるフォルダを表示します。

    「ローカルディスク(C:)」→「ユーザー」フォルダ→「(ユーザー名)」フォルダ→「AppData」フォルダ→「Local」フォルダ→「Fujitsu」フォルダ→「AtMail」フォルダ

  8. キーボードの【F10】キーを押します。

  9. 「編集」メニュー→「貼り付け」の順にクリックします。

    「編集」メニュー→「貼り付け」の順にクリック

  10. 「フォルダの上書きの確認」が表示されます。
    「はい」ボタンをクリックします。

    フォルダの上書き確認

  11. 「ファイルのコピー」が表示されます。
    「同じ処理を次の XXX個の競合に適用」をクリックし、チェックをつけます。

    アドバイス
    「XXX個」には、お使いのパソコンの「UserData」フォルダ内にあるファイル数が表示されます。

    同じ処理を次の XXX個の競合に適用

  12. 「コピーして置き換える」をクリックします。

    コピーして置き換える

  13. 「×」ボタンをクリックし、画面を閉じます。


ご参考

「FMかんたんバックアップ」を使用し、簡単に@メールのデータをバックアップすることができます。
「FMかんたんバックアップ」については、次のQ&Aをご覧ください。

Q&AFMかんたんバックアップについて教えてください。(新しいウィンドウで表示)


Windows XP / Windows Me / Windows 2000の場合

次の手順で、バックアップしたデータを復元します。

ここでは、例としてDドライブにバックアップしたデータを復元する方法をご案内します。

操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. 「マイコンピュータ」をクリックします。

  2. 「ローカルディスク(D:)」、または「(D:)」をクリックします。

    ローカルディスク(D:)

  3. @メールのデータを保存したフォルダをクリックします。

  4. 「UserData」フォルダ(または「mail」フォルダ)を右クリックし、表示されたメニューから、「コピー」をクリックします。

    ファイルのコピー

  5. 「×」ボタンをクリックし、画面を閉じます。

  6. 「マイコンピュータ」をクリックします。

  7. 「メールデータ/アドレス帳が保存されている場所を確認する」で確認した、@メールのメールデータとアドレス帳が保存されるフォルダを表示します。

    例として、Windows XPで@メール V2.0〜V3.7をお使いの場合は、次の順にクリックします。

    「ローカルディスク(C:)」→「Documents and Settings」フォルダ→「Owner」など「(ユーザー名)」フォルダ→「Local Settings」フォルダ→「Application Data」フォルダ→「Fujitsu」フォルダ→「AtMail」フォルダ

  8. 「編集」メニュー→「貼り付け」の順にクリックします。

    ファイルの貼り付け

  9. 「フォルダの上書きの確認」が表示されます。
    「すべて上書き」ボタンをクリックします。

    フォルダの上書きの確認

  10. 「×」ボタンをクリックし、画面を閉じます。


ご参考

「FMかんたんバックアップ」を使用し、簡単に@メールのデータをバックアップすることができます。
「FMかんたんバックアップ」については、次のQ&Aをご覧ください。

Q&AFMかんたんバックアップについて教えてください。(新しいウィンドウで表示)

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)