このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【1011-2279】更新日:2019年6月18日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

[Windows 10] 「ハードウェアの安全な取り外し」を使わないでUSBメモリを取り外すための設定方法を教えてください。

対象機種とOS このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 すべて
対象OS
  • Windows 10

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

「ハードウェアの安全な取り外し」を使わないでUSBメモリを取り外すための設定方法を教えてください。

回答

取り外しポリシーを「クイック削除」に変更すると、「ハードウェアの安全な取り外し」を使わずにUSBメモリを取り外すことができます。


取り外しポリシーの設定を確認・変更する手順は、次のとおりです。


操作手順

  1. 取り外しポリシーの設定を確認・変更するUSBメモリを接続します。

  2. タスクバーの「エクスプローラー」アイコンをクリックします。

    タスクバーのフォルダ

    アドバイス

    タスクバーに「エクスプローラー」アイコンが無い場合は、「スタート」ボタンを右クリックし、表示されるメニューから「エクスプローラー」をクリックします。

    スタートボタンを右クリック


  3. 画面左側の「PC」をクリックします。

    「PC」をクリック

  4. USBメモリのドライブレター((E:)や(F:)など)を確認します。

    「USBドライブ」を確認
    (ドライブレターが(E:)の場合の例)

  5. 画面左側の「PC」を右クリックし、表示されるメニューから「管理」をクリックします。

    「PC」を右クリックし、「管理」をクリック

  6. 「ディスクの管理」をクリックします。

    「ディスクの管理」をクリック

  7. 手順4.で確認したUSBメモリのドライブレターの、左側にある「ディスク(数字)」の部分を右クリックし、表示されるメニューから「プロパティ」をクリックします。

    「プロパティ」をクリック

  8. 「ポリシー」タブをクリックします。

    「ポリシー」タブをクリック

  9. 「取り外しポリシー」の中から、設定する項目をクリックし有効にします。

    • クイック削除(既定)
      「ハードウェアの安全な取り外し」を使わずにUSBメモリを取り外すことができます。

    • 高パフォーマンス
      「ハードウェアの安全な取り外し」を使ってUSBメモリを取り外します。
      書き込みなどのパフォーマンスは向上します。

    「取り外しポリシー」を選択

  10. 「OK」ボタンをクリックします。

    「OK」ボタンをクリック
重要

取り外しポリシーを「クイック削除」に設定した場合、USBメモリとデータをやり取りしていないことを確認してから、USBメモリをパソコンから取り外してください。


ご参考

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)