このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【1507-1034】更新日:2007年7月21日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

[Windows XP] FAX機能を使うために必要な準備や初期設定について教えてください。

対象機種とOS このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 すべて
対象OS
  • Windows XP Home Edition
  • Windows XP Professional
  • Windows XP Tablet PC Edition
  • Windows XP Tablet PC Edition 2005
  • Windows XP Media Center Edition 2004
  • Windows XP Media Center Edition 2005

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

Windows XPに標準で搭載されているFAX機能を使おうと思っています。
必要な準備や設定方法について教えてください。

回答

Windows XPに標準で搭載されているFAX機能を使うには、パソコンのモデムを電話回線に接続し、FAX機能に初期設定を行う必要があります。

アドバイス
FMVパソコンには、内蔵モデムが搭載されていない機種があります。
内蔵モデムが搭載されていない場合は、別途ダイヤルアップモデムを用意する必要があります。



1番目の確認項目所在地情報の設定を行う


内蔵モデムを使う場合、所在地情報の設定が必要です。
次の手順で、所在地情報の設定を確認します。

アドバイス
すでに所在地の設定を行っている場合は、「内蔵モデムへの配線を確認をする」へ進みます。

操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. 「スタート」ボタン→「コントロールパネル」の順にクリックします。

  2. 「コントロールパネル」が表示されます。
    「プリンタとその他のハードウェア」をクリックします。

    コントロールパネル - プリンタとその他のハードウェアをクリック

    アドバイス
    「プリンタとその他のハードウェア」が表示されていない場合は、「電話とモデムのオプション」をクリックして手順4.へ進みます。

    電話とモデムのオプション

  3. 「コントロールパネルを選んで実行します」と表示されます。
    「電話とモデムのオプション」をクリックします。

    コントロールパネルを選んで実行します - 電話とモデムのオプションをクリック

  4. 「所在地情報」が表示されます。
    「国名/地域名」に「日本」と表示されていることを確認します。

    所在地情報 - 国名/地域

    アドバイス
    • 「所在地情報」が表示されないときは、内蔵モデムへの配線を確認をするへ進みます。

    • 「国名/地域名」が「日本」以外だったときは、右側の「▼」ボタンをクリックし、表示される国名の一覧から「日本」をクリックします。

  5. 「市外局番/エリアコード」欄に、半角の数字でお住まいの地域の市外局番を入力します。

    市外局番/エリアコード欄に市外局番を入力

    アドバイス
    ホテルやオフィスなどから発信するときに、外線発信番号(「0」や「9」など)を使うときは、「外線発信番号」欄にその数字を半角で入力します。

    外線発信番号を使用しないときは、入力しません。

    必要があれば外線発信番号を入力

  6. ダイヤル方法を選択します。
    お使いの電話回線にあわせて、選択してください。

    • 電話をかけるとき、「ピポパピポ」と連続した音が受話器から聞こえる場合
      「トーン」をクリックします。

      ダイヤル方法のトーンをクリック

    • 電話をかけるとき、「ブツブツ、ブツブツブツ」という音が受話器から聞こえる場合
      「パルス」をクリックします。

      ダイヤル方法でパルスをクリック

      アドバイス
      お使いの電話機によっては、パルスでも「ピポパピポ」と聞こえる場合があります。
      電話回線の種類が不明な場合は、ご契約の電話会社に確認してください。

  7. 「OK」ボタンをクリックします。

    OKボタンをクリック

  8. 「電話とモデムのオプション」が表示されます。
    「OK」ボタンをクリックして、「電話とモデムのオプション」を閉じます。

    電話とモデムのオプション - OKボタンをクリック

  9. 「コントロールパネル」に戻ります。
    「×」ボタンをクリックして、「コントロールパネル」を閉じます。


2番目の確認項目内蔵モデムへの配線を確認をする


内蔵モデムと電話線の配線方法は、お使いの機種によって異なります。
次の中から、お使いの機種を選び、内蔵モデムと電話線の配線方法を確認します。

アドバイス
お使いのFMVパソコンの正式な名称(品名/型名)と、発表時期(○○年×モデル)の確認方法については、次のQ&Aをご覧ください。

Q&Aパソコンの正式な名称(品名/型名)と、発表時期(○○年×モデル)の確認方法を教えてください。(新しいウィンドウで表示)


2004年冬モデル〜2006年秋冬モデルの場合


次のオンラインマニュアルをご覧になり、内蔵モデムと電話線の配線を確認してください。

『富士通サービスアシスタント』→「画面で見るマニュアル」→「パソコン本体の取り扱い」→「内蔵モデム」→「内蔵モデムについて」

アドバイス
FMV-BIBLO LOOX P70S、FMV-BIBLO LOOX P70Rの場合は、「富士通FMVマニュアル」→『内蔵モデムをお使いになる方へ』→「ケーブルの接続」をご覧ください。


2003年夏モデル〜2004年夏モデルの場合


次のオンラインマニュアルをご覧になり、内蔵モデムと電話線の配線を確認してください。

『富士通サービスアシスタント』→「FMVの使い方(目的から探す)」→「周辺機器」→「内蔵モデムについて」


2001年冬モデル〜2003年春モデルの場合


次のオンラインマニュアルをご覧になり、内蔵モデムと電話線の配線を確認してください。

『富士通サービスアシスタント』→「画面で見るマニュアル」→「パソコンの使い方」→「パソコン本体の基本機能」→「内蔵モデムについて」



3番目の確認項目FAXの設定を行う


次の手順で、FAXサービスのインストールと設定を行います。


FAXサービスをインストールする


次の手順で、FAXサービスをインストールします。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. 「スタート」ボタン →「コントロールパネル」 の順にクリックします。

  2. 「プログラムの追加と削除」をクリックします。

    プログラムの追加と削除

  3. 「プログラムの追加と削除」が表示されます。
    「Windows コンポーネントの追加と削除」をクリックします。

    コンポーネントの追加と削除

  4. 「Windowsコンポーネントウィザード」が表示されます。
    「FAXサービス」にチェックが付いているかどうかを確認します。

    • 「FAXサービス」にチェックが付いていない場合は、クリックしてチェックを付けます。

    • 「FAXサービス」にチェックが付いている場合は、「キャンセル」ボタンをクリックして、「Windowsコンポーネントウィザード」を閉じます。
      そのあと、手順7.に進みます。

    「FAXサービス」にチェックが付いているかどうかを確認

  5. 「次へ」ボタンをクリックします。

    「次へ」ボタンをクリック

  6. 「Windows コンポーネント ウィザードの完了」と表示されます。
    「完了」ボタンをクリックします。

    コンポーネントウィザードの完了

  7. 「×」ボタンをクリックし、「プログラムの追加と削除」を閉じます。

  8. 「×」ボタンをクリックし、「コントロール パネル」を閉じます。

FAXの初期設定を行う


次の手順で、FAX構成ウィザードを実行して、FAXの初期設定を行います。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. 「スタート」ボタン→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「通信」→「FAX」→「FAXコンソール」の順にクリックします。

  2. 「FAX構成ウィザード」が表示されます。
    「キャンセル」ボタンをクリックします。

    FAX構成ウィザードの開始

  3. 「次のFAX送信時にこのウィザードを表示しますか?」と表示されます。
    「いいえ」ボタンをクリックします。

    次のFAX送信時にこのウィザードを表示しますか

    アドバイス
    「Windows セキュリティの重要な警告」が表示された場合は、「ブロックを解除する」ボタンをクリックします。

    セキュリティの重要な警告

  4. FAXコンソールが起動します。
    「ツール」メニュー →「FAXの構成」の順にクリックします。

    ツールメニュー FAXの構成

  5. 「FAX構成ウィザード」が表示されます。
    「次へ」ボタンをクリックします。

    構成ウィザードの開始

  6. 「送信者情報」と表示されます。
    必要に応じて「氏名」や「FAX番号」など、送信者の情報を入力します。

    送信者情報を入力してください。

    アドバイス
    「送信者情報」で入力した項目が、到着したFAXに表示されます。
    FAXを受け取った相手に伝えたい情報のみを入力してください。

  7. 「次へ」ボタンをクリックします。

    送信者情報

  8. 「FAXの送信または受信デバイスの指定」と表示されます。
    「FAXデバイスを選択してください」の下に、内蔵モデムドライバ(例:Agere Systems AC'97 Modem)が選択されていることを確認します。

    FAXの送信または受信デバイスの指定でモデム確認

  9. 「受信可能にする」をクリックしてチェックを付けます。

    FAXの送信または受信デバイスの指定 - 受信可能にするをクリックしてチェックを付ける

  10. 「手動で応答する」と「自動的に応答する」が表示されます。
    お好みの応答方法をクリックします。

    • 手動で応答する
      FAXコンソールで手動で受信します。

    • 自動的に応答する
      指定した読み出し回数後に、自動的にFAXを受信します。

      手動で応答する、と自動的に応答するのどちらかをクリックして選択する

  11. 「次へ」ボタンをクリックします。

    次へボタンをクリック

  12. 「送信端末識別(TSID)」と表示されます。
    「TSID」欄にFAX送信時に、送信先に通知するFAX番号を入力します。

    送信端末識別入力でFAX番号入力

    アドバイス
    送信端末識別は、受信するFAXのヘッダー領域に表示されます。

  13. 「次へ」ボタンをクリックします。

    送信端末識別(TSID) - 次へボタンをクリック

  14. 「被呼端末識別(CSID)」と表示されます。
    「CSID」欄に、FAX受信時に送信元に通知するFAX番号を入力します。

    CSID欄に、FAX受信時に送信元に通知するFAX番号を入力する

    アドバイス
    「被呼端末識別(CSID)」画面は、手順9.で「受信可能にする」にチェックを付けると表示されます。
    被呼端末識別は、FAXの受信時に送信元のFAXに表示され、FAX送信先の確認に役立ちます。

  15. 「次へ」ボタンをクリックします。

    被呼端末識別(CSID) - 次へボタンをクリック

  16. 「ルーティングオプション」と表示されます。
    FAXが着信したときの動作をあらかじめ設定することができます。
    お好みの設定を行います。

    • 印刷する
      指定したプリンタで、着信したFAXを印刷します。

    • フォルダに保存する
      着信したFAXは、FAXコンソールの受信トレイに保存されますが、それとは別に指定したフォルダに、受信したFAXのコピーを保存します。

      ルーティングオプション FAX受信時の処理を設定する

      アドバイス
      特に必要がないときは、設定する必要はありません。

  17. 「次へ」ボタンをクリックします。

    ルーティングオプション - 次へボタンをクリック

  18. 「FAX構成ウィザードの完了」と表示されます。
    「完了」ボタンをクリックします。

    FAX構成ウィザードの完了 - 完了


アドバイス
FAXの送受信の方法については、次のQ&Aをご覧ください。

Q&A[Windows XP] FAX を送受信する方法を教えてください。(新しいウィンドウで表示)

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)