このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【1607-8140】更新日:2015年5月27日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

[Excel 2007] 最近使用したドキュメントの一覧からドキュメントを削除する方法を教えてください。

対象機種とOS このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 すべて
対象OS
  • Windows 7
  • WindowsVista
  • Windows XP

このQ&Aのお役立ち度

集計結果は翌日反映されます。

質問

最近使用したドキュメントの一覧に表示されるファイル名を、削除する方法を教えてください。

回答

最近使用したドキュメントの一覧からドキュメントを削除する場合は、最近使用したドキュメントの一覧に表示するドキュメントの数を変更します。

次の項目を順番に操作してください。

  1. ドキュメントの数を 0 にする
  2. ドキュメントの数を元に戻す

アドバイス

  • 最近使用したドキュメントの一覧から、ドキュメントを個々に削除することはできません。

  • 最近使用したドキュメントの一覧に、常に表示されるように設定しているドキュメントも削除されます。

    常に表示されるように設定しているドキュメント

手順1ドキュメントの数を 0 にする

次の手順で、最近使用したドキュメントの一覧に表示するドキュメントの数を 0 にします。


操作手順

  1. Excel 2007を起動します。

  2. 「Office」ボタンをクリックし、表示されるメニューから「Excel のオプション」をクリックします。

    「Excel のオプション」ボタンをクリック

  3. 「Excel のオプション」が表示されます。
    左側の一覧から、「詳細設定」をクリックします。

    「詳細設定」をクリック

  4. 「表示」欄の、「最近使用したドキュメントの一覧に表示するドキュメントの数」が「0」と表示されるまで、「▼」ボタンを何度かクリックします。

    「0」と表示されるまで「▼」ボタンをクリック

    アドバイス
    入力欄に、キーボードで「0」と数字を直接入力することもできます。

  5. 「OK」ボタンをクリックし、「Excel のオプション」を閉じます。

    「OK」ボタンをクリック
アドバイス
最近使用したドキュメントの一覧に、ドキュメントを常に表示したくない場合は、ここで操作を終了します。
Excel 2007は、「×」ボタンをクリックし終了してください。


手順2ドキュメントの数を元に戻す

次の手順で、ドキュメントの一覧に表示するドキュメントの数を元に戻します。


操作手順

  1. 「Office」ボタンをクリックし、表示されるメニューから「Excel のオプション」をクリックします。

    「Excel のオプション」ボタンをクリック

  2. 「Excel のオプション」が表示されます。
    左側の一覧から、「詳細設定」をクリックします。

    「詳細設定」をクリック

  3. 「表示」欄の、「最近使用したドキュメントの一覧に表示するドキュメントの数」が「17」と表示されるまで、「▲」ボタンを何度かクリックします。

    「17」と表示されるまで「▲」ボタンをクリック

    アドバイス
    入力欄に、キーボードで「17」と数字を直接入力することもできます。

  4. 「OK」ボタンをクリックし、「Excel のオプション」を閉じます。

    「OK」ボタンをクリック

  5. 「×」ボタンをクリックし、Excel 2007を終了します。

 

この画面で出てきた用語新規ウィンドウが開きます

Office

起動

キーボード

クリック

ドキュメント

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)