このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【1609-6359】更新日:2012年11月2日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

[ウイルスバスター2012] ウイルス/スパイウェア対策の方法を教えてください。

対象機種とOS このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 すべて
対象OS
  • Windows 7

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

ウイルスバスター2012 クラウドを使用して、ウイルス/スパイウェアに、感染しないようにするにはどうしたらいいですか。

回答

2012年春モデル〜2012年夏モデルで、ウイルスバスター2012 クラウドが付属している機種向けのQ&Aです。
付属している機種は、次のQ&Aで確認できます。

Q&Aウイルスバスターについて教えてください。(新しいウィンドウで表示)

ウイルス/スパイウェア対策機能は、お使いのパソコンにウイルス/スパイウェアが侵入しないように常に監視します。
ウイルス/スパイウェアが見つかったときは、あらかじめ設定されている処理がすぐに実行され、感染を未然に防ぐことができます。

ウイルス/スパイウェア対策機能の設定方法は次のとおりです。


操作手順

  1. 「スタート」ボタン→「すべてのプログラム」→「ウイルスバスター2012 クラウド」→「ウイルスバスター2012 の起動」の順にクリックします。

  2. 「ウイルスバスター2012 クラウド」が表示されます。
    歯車が描かれた「設定」ボタンをクリックします。

    設定

  3. 「設定」が表示されます。
    「ウイルス/スパイウェア対策」をクリックします。

    ウイルス/スパイウェア対策

  4. 「ウイルス/スパイウェア対策」の一覧にある項目を確認します。
    設定を有効にする場合は、項目の左にあるチェックボックスをクリックし、チェックを付けます。

    「ウイルス/スパイウェア対策」にある各項目の詳細と、ウイルスバスター2012 クラウドをインストールした直後の状態は、次のとおりです。

    • ファイルを開く、保存する、またはダウンロードするときに脅威を検索する:有効

      • ZIPなどの圧縮ファイルのリアルタイム検索を有効にする:無効

      • コンピュータの設定に対する不正な変更などを監視する:無効

        • 外付けドライブにあるプログラムを自動起動させないようにする:無効

    • コンピュータの不審な挙動をチェックして、原因のプログラムを削除する:無効

    • 脅威の兆候を示すファイルを自動的に削除する:無効

    • ウイルス、スパイウェア、疑わしい挙動の検出時に警告を表示する:有効

    設定の一覧

  5. 各項目を確認した後に「OK」ボタンをクリックします。

    OK

  6. 「×」ボタンをクリックし、「ウイルスバスター2012 クラウド」を閉じます。

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)