このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【1708-1840】更新日:2013年7月20日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

[Internet Explorer 8] SmartScreenフィルター機能の使い方を教えてください。

対象機種とOS このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 すべて
対象OS
  • Windows 7
  • WindowsVista
  • Windows XP

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

Internet Explorer 8を使用しています。
SmartScreenフィルター機能の使い方を教えてください。

回答

SmartScreenフィルター機能は、安全でないホームページ(フィッシング詐欺サイト、悪意のあるソフトウェアサイト)を検出したり、悪意のあるソフトウェアがダウンロードされるのを防いだりする機能です。

安全でないホームページや、悪意のあるソフトウェアについては、マイクロソフト社に報告されている一覧と比較して、それに該当するかどうかの判断が行われます。

マイクロソフト社に報告済みの安全でないホームページである場合は、Internet Explorer 8 のアドレスバーの色が赤く表示され、そのホームページにアクセスしないよう、赤い画面に警告メッセージが表示されます。

「これは報告されている安全でないWebサイトです。」
(警告が表示されたときの画面例)

SmartScreenフィルター機能の使用方法は、次のとおりです。

重要
安全でないホームページであっても、マイクロソフト社に報告されていなければ、SmartScreenフィルター機能での警告は表示されません。
警告が表示されなくても、個人情報の取り扱いなどには、ご注意ください。

次の場合に応じた項目を確認してください。

  1. 自動的に確認する場合
  2. 手動で確認する場合

自動的に確認する場合

安全でないホームページ(またはその疑いが高いホームページ)にアクセスしようとするときや、悪意のあるソフトウェアがダウンロードされそうなときに、警告を表示させたい場合は、SmartScreenフィルター機能を有効にします。

SmartScreenフィルター機能を有効する方法は、次のとおりです。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. Internet Explorerを起動します。

  2. 「セーフティ」→「SmartScreenフィルター機能」→「SmartScreenフィルター機能を有効にする」の順にクリックします。

    「セーフティ」メニュー→「SmartScreenフィルター機能」→「SmartScreenフィルター機能を有効にする」

    アドバイス
    「SmartScreenフィルター機能を無効にする」と表示されている場合は、すでにSmartScreenフィルター機能が有効になっています。
    「×」ボタンをクリックし、Internet Explorerを終了してください。

  3. 「SmartScreenフィルター機能のセットアップ」と表示されます。
    「SmartScreenフィルター機能を有効にする(推奨)」をクリックします。

    「SmartScreenフィルター機能を有効にする(推奨)」を選択

  4. 「OK」ボタンをクリックします。

    「OK」ボタンをクリック

  5. 「×」ボタンをクリックし、Internet Explorerを終了します。

手動で確認する場合


表示しているホームページが安全でないホームページ(またはその疑いが高いホームページ)かどうかを確認する方法は、次のとおりです。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. Internet Explorerを起動します。

  2. 「セーフティ」→「SmartScreenフィルター機能」→「このWebサイトを確認する」の順にクリックします。

    「セーフティ」メニュー→「SmartScreenフィルター機能」→「このWebサイトを確認する」

  3. 「WebサイトのアドレスはMicrosoftへ送信され、報告されている安全でないWebサイトのリストに照合されます。」と表示されます。
    「OK」ボタンをクリックします。

    「OK」ボタンをクリック

    アドバイス
    • この画面を毎回表示させたい場合は、「今後、このメッセージを表示しない」をクリックし、チェックを外します。

    • この画面が表示されない場合は、次の手順に進みます。

  4. 確認の結果が画面に表示されます。
    表示される画面によって、手順が異なります。

    • 「これは報告されている安全でないWebサイトです。」と警告が表示される場合

      表示しているホームページは、安全でないホームページとして、マイクロソフト社に報告されています。

      ホームページの閲覧を中止してください。

      「これは報告されている安全でないWebサイトです。」

    • 「SmartScreenフィルター機能により、このWebサイトを確認しましたが、脅威は報告されませんでした」と表示される場合

      表示しているホームページが、安全でないホームページ(またはその疑いが高いホームページ)である可能性は低いと判断できます。

      「OK」ボタンをクリックし、この画面を閉じます。

      「SmartScreenフィルター機能により、このWebサイトを確認しましたが、脅威は報告されませんでした」

  5. 確認が終わったら「×」ボタンをクリックし、Internet Explorerを終了します。

重要
アドレスバーに黄色の「!」マークが表示され、「このWebサイトにアクセスしますか?」と注意を促すメッセージが表示されることがあります。

この警告が表示されるホームページは、安全でないホームページとしてマイクロソフト社には報告されていませんが、その疑いがあります。

ホームページの閲覧を中止することをお勧めしますが、信頼できるホームページかどうかは、ホームページの提供元に確認してください。

「このWebサイトにアクセスしますか?」

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)