このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【1905-3524】更新日:2015年8月22日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

[Windows Update] 実行すると接続に関するエラーが発生します。

対象機種とOS このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 すべて
対象OS
  • Windows 7
  • WindowsVista
  • Windows XP

このQ&Aのお役立ち度

集計結果は翌日反映されます。

質問

Windows Updateを行うと、次のエラー番号が表示され、更新プログラムやソフトウェアをインストールできません。
対処方法を教えてください。

0x80070008、0x800705B4、0x8007000E、0x80072EE2、0x80072EFD、0x80072EE7、0x80072EFE、0x8024400E、0x80072F76、0x80244016、0x80072F78、0x80244022、0x80090305、0x8024402F、0x8009033F、0xC80003FA、0x80244008、0xC800042D、0x8024400A、0x80071A90、0x8024400D

回答

Windows Update(またはMicrosoft Update)を実行したときに、Windows Updateのサーバーから応答がなかった場合に、表示される番号です。

このエラー番号が表示されたときは、次の項目を順番に確認してください。


1番目の確認項目インターネットへの接続を確認する


次の手順で、Windows Update以外のホームページを表示して、インターネット接続が正しく行われているかどうかを確認します。


操作手順

  1. Internet Explorerを起動します。

  2. 「アドレス」欄に次のアドレスを入力します。

    http://azby.fmworld.net/

  3. 【Enter】キーを押します。

  4. 表示される画面によって、手順が異なります。

    • My Cloudホームページが表示される場合

      インターネットへ接続されています。
      10分〜15分待ってから、もう一度Windows Updateを行って、エラー番号が表示されるかどうかを確認します。

      エラー番号が表示されるときは、次の「セキュリティ対策ソフトを確認する」へ進みます。

    • My Cloudホームページが表示されない場合

      インターネットへの接続が正しく行われてない可能性があります。
      次のQ&Aをご覧になり、インターネットへの接続を確認してから、もう一度Windows Updateを実行してください。

      Q&Aインターネットに接続できません。


2番目の確認項目セキュリティ対策ソフトを確認する


Windows Updateで使用しているサービスへの通信が、お使いのセキュリティ対策ソフトで遮断されている可能性があります。
セキュリティ対策ソフトを一時的に停止し、Windows Updateが行えるかどうかを確認してください。

セキュリティ対策ソフトを一時的に停止する方法については、お使いのセキュリティ対策ソフトのマニュアルを確認してください。

パソコンに添付のセキュリティ対策ソフトをお使いの場合は、次のQ&Aをご覧ください。

セキュリティ対策ソフトを一時的に停止した状態で、Windows Updateを実行し、エラー番号が表示されなかった場合は、セキュリティ対策ソフトが影響しています。

セキュリティ対策ソフトの設定で、Windows Updateで必要な通信を遮断していないかどうかを確認し、遮断している場合は許可してください。

操作方法については、お使いのセキュリティ対策ソフトに添付のマニュアルを確認するか、提供元で確認してください。

通信を許可しても改善しないときは、セキュリティ対策ソフトの提供元へお問い合わせください。


3番目の確認項目Windows Updateサイトを信頼済みサイトの一覧へ追加する


Internet Explorerのセキュリティ機能によって通信が制限され、エラーが発生している可能性があります。
次の手順で、Windows Updateサイトを信頼済みサイトに登録します。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。
  1. Internet Explorerを起動します。

  2. 「ツール」メニュー→「インターネットオプション」の順にクリックします。

    「ツール」→「インターネットオプション」の順にクリック

  3. 「インターネットオプション」が表示されます。
    「セキュリティ」タブをクリックします。

    セキュリティタブをクリック

  4. セキュリティ設定のゾーン一覧の中から、「信頼済みサイト」をクリックします。

    信頼済みサイトをクリック

  5. 「サイト」ボタンをクリックします。

    サイトボタンをクリック

  6. 「信頼済みサイト」と表示されます。
    「このゾーンのサイトにはすべてサーバーの確認(https:)を必要とする」をクリックし、チェックを外します。

    このゾーンのサイトにはすべてサーバーの確認(https:)を必要とするをクリックしチェックをはずす

  7. 「このWebサイトをゾーンに追加する」(または、「次のWebサイトをゾーンに追加する」)欄に、次のサイトを入力します。

    http://update.microsoft.com

    http://update.microsoft.comを入力

  8. 「追加」ボタンをクリックします。

    追加ボタンをクリック

  9. 「次のWebサイトをゾーンに追加する」欄に、次のサイトを入力します。

    http://windowsupdate.microsoft.com

    http://windowsupdate.microsoft.com を入力

  10. 「追加」ボタンをクリックします。

    追加ボタンをクリック

  11. 「閉じる」ボタン(または、「OK」ボタン)をクリックします。

    閉じるボタンまたはOKボタンをクリック

  12. 「インターネットオプション」に戻ります。
    「OK」ボタンをクリックし、「インターネットオプション」を閉じます。

    OKボタンをクリック

  13. 「×」ボタンをクリックし、Internet Explorerを終了します。

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)