このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【2101-8503】更新日:2012年5月2日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

リカバリを実行するときは増設したハードディスクや拡張カードのほかに、あとから購入したUSBマウスなどの周辺機器も取り外したほうがよいですか。

対象機種とOS このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 すべて
対象OS
  • すべて

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

リカバリを実行するときは、増設したハードディスクや拡張カードだけでなく、あとから接続したUSBマウスなどの周辺機器も取り外した方がよいですか。
周辺機器を取り付けた状態でリカバリをするとどうなりますか。

回答

リカバリは、パソコンをご購入時の状態に戻す作業です。

ご購入後に接続や増設した周辺機器を接続したままリカバリを行うと、周辺機器を誤認識したり、誤った設定がインストールされたりする場合があります。
この場合、リカバリの途中でエラーが発生したり、リカバリ後のパソコンの動作が不安定になったりします。

リカバリの操作を開始する前に、パソコンに増設、または接続している周辺機器(ハードウェア)は取り外し、ご購入時と同じ状態で作業を行う必要があります。

リカバリをするときの機器の接続について、次をご確認ください。


1番目の確認項目増設機器、周辺機器について


パソコンの購入後に、次のような機器を追加している場合は、リカバリを行う前にすべて取り外してください。
  • ハードディスク

  • 光学ドライブ(CD/DVDドライブ)

    アドバイス
    パソコンに光学ドライブが搭載されていない場合は、外付けの光学ドライブを接続し、リカバリを実行してください。
    なお、光学ドライブを搭載している機種の場合、外付け光学ドライブからのリカバリの実行は、動作保証外です。

  • フロッピーディスクドライブ

  • 増設メモリ

  • LANカード

  • プリンター / スキャナー

  • デジタルカメラ

  • PCカード

  • その他のUSB接続機器
重要
次のFMV-DESKPOWER に標準で搭載されているPCカードタイプの無線LANカードは、取り外す必要はありません。
取り付けたままリカバリを行ってください。

  • 2006年夏モデル〜2007年春モデル FMV-DESKPOWER TX / LX シリーズ

  • 2006年春モデル FMV-DESKPOWER LX シリーズ

2番目の確認項目マウス、キーボードについて


リカバリは、パソコンに添付のマウスとキーボードで行います。

添付品でないマウスやキーボードをお使いの場合は、添付のマウスとキーボードを接続してリカバリを行ってください。

重要
USBマウスが添付されているLIFEBOOK/FMV-BIBLOをお使いの場合、添付されているUSBマウスは接続しないでリカバリを行ってください。
マウスポインターの操作は、本体に搭載されているフラットポイントで行います。


3番目の確認項目ケーブル類について


アンテナケーブルやインターネット接続に利用しているLANケーブル、モデムに接続されている電話線などのケーブル類もすべて抜いてください。

付属ディスプレイと本体を接続するケーブルや電源ケーブルは、接続したままでかまいません。

重要
リカバリ後、LANケーブルを接続する前に、ファイアウォール機能やウイルス対策ソフト(セキュリティ対策ソフト)の機能を有効にしてください。
ウイルスへの対策を行わずにインターネットに接続すると、感染する可能性があります。


4番目の確認項目メモリーカードについて


パソコンに、メモリーカード(SDカードやメモリースティックなど)をセットしている場合は、必ず取り出してください。

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)