このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【2310-2497】更新日:2018年1月18日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

[Windows 8.1/8] ハードディスクの空き容量を増やす方法を教えてください。

対象機種とOS このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 すべて
対象OS
  • Windows 8.1
  • Windows 8

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

ハードディスクの空き容量が少なくなってきたので、空き容量を増やす方法を教えてください。

回答

ハードディスクの空き容量は、不要なファイルやフォルダーの削除やディスククリーンアップを実行することで増やせます。



ご案内

このQ&Aは、Windows 8.1/8 向けのものです。
他のOSをお使いの場合は、次のQ&Aをご覧ください。

Q&Aハードディスクの空き容量を増やす方法を教えてください。

インストールしたアプリケーションや、デジタルカメラで撮影した写真など、パソコンに保存されているファイルの容量(数)が多くなると、ハードディスクの空き容量が少なくなります。

ハードディスクの空き容量が少なくなると、アプリケーションやWindows の動作に影響し、問題が発生することがあります。

ハードディスクの空き容量を増やす方法は、次のとおりです。



1番目の確認項目不要なファイルやフォルダーをパソコンから削除する

ダウンロードしたドライバーファイルや、自分で作成したファイルなど、不要になったファイルやフォルダーを削除した後に、ごみ箱を空にしてハードディスクの空き容量を増やします。

次の項目を順番に確認してください。

  1. 不要なファイルやフォルダーを削除する
  2. ごみ箱を空にする

不要なファイルやフォルダーを削除する

次の手順で、不要になったファイルやフォルダーを削除します。

重要

  • ファイルを削除する前に、ファイルのサイズや最後に更新した日付などを確認し、削除しても問題がないかどうかを確認してください。
    また、フォルダーを削除するときは、事前にフォルダー内のファイルがすべて不要であることを確認してください。

  • システムファイルなど重要なファイルを削除すると、Windows やアプリケーションが起動しなくなることがあります。
    削除して問題がないかどうかを、判断できないファイルは削除しないでください。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. 「デスクトップ」タイルをクリックします。

    「デスクトップ」タイルをクリック

    アドバイス
    デスクトップが表示されている場合は、次の手順に進みます。
  2. 削除するファイル、または、フォルダーを右クリックし、表示されるメニューから「削除」をクリックします。

    「削除」をクリック

ごみ箱を空にする

上の手順で、不要になったファイルやフォルダーを削除しても、ごみ箱に移動するだけで、完全には削除されていません。
ごみ箱を空にして、ファイルやフォルダーを完全に削除することにより、ローカルディスク(C:)の空き容量を増やします。

次の手順で、ごみ箱を空にします。

重要
ごみ箱を空にすると、その中のファイルやフォルダーは元に戻せません。
空にする前に、必要なファイルやフォルダーがないかどうかを確認してください。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. 「デスクトップ」タイルをクリックします。

    「デスクトップ」タイルをクリック

    アドバイス
    デスクトップが表示されている場合は、次の手順に進みます。
  2. 「ごみ箱」を右クリックし、表示されるメニューから、「ごみ箱を空にする」をクリックします。

    「ごみ箱を空にする」をクリック

  3. 「完全に削除しますか?」と表示されます。
    「はい」ボタンをクリックします。

    「はい」ボタンをクリック


2番目の確認項目ディスククリーンアップを実行する

ディスククリーンアップで、一時ファイルなどを削除し、ローカルディスク(C:)の空き容量を増やします。

ディスククリーンアップを実行する方法は、次のQ&Aをご覧ください。

Q&A[Windows 8.1/8] ディスククリーンアップでディスクの空き容量を増やす方法を教えてください。



3番目の確認項目復元ポイントを削除する

システムの復元で使用する復元ポイントは、ローカルディスク(C:)に保存されています。
古い復元ポイントを削除することで、ローカルディスク(C:)の空き容量を増やします。

復元ポイントを削除する方法は、次のQ&Aをご覧ください。

Q&A[Windows 8.1/8] 古い復元ポイントを削除する方法を教えてください。



4番目の確認項目使用しないアプリケーションを削除する

アプリケーションは、通常ローカルディスク(C:)にインストールされています。
使用しないアプリケーションを削除することにより、ローカルディスク(C:)の空き容量を増やします。

アプリケーションを削除する一般的な方法は、次のQ&Aをご覧ください。

Q&A[Windows 8.1/8] アプリケーションのアンインストール(削除)方法を教えてください。

アドバイス
削除した後に、パソコンに添付のアプリケーションが必要になった場合は、次のQ&Aをご覧ください。

Q&A添付のアプリケーションディスク(アプリケーションCD)から、一度削除したアプリケーションを、もう一度インストールする方法を教えてください。



5番目の確認項目ローカルディスク(D:)を活用する

ローカルディスク(D:)は、バックアップや自分で作成したファイルやフォルダーなどを、保存する領域として用意されています。
ローカルディスク(C:)に保存しているファイルやフォルダーをローカルディスク(D:)に移動し、ローカルディスク(C:)の空き容量を増やします。

ファイルやフォルダーを移動する方法については、次のQ&Aをご覧ください。

Q&Aファイルやフォルダーをコピーしたり移動したりする方法を教えてください。

重要
システムファイルなど重要なファイルをローカルディスク(D:)に移動すると、Windows やアプリケーションが起動しなくなることがあります。
移動しても問題がないかどうか、判断できないファイルやフォルダーは移動しないでください。

アドバイス
移動したフォルダーをライブラリの「ドキュメント」や「ピクチャ」などに追加すると、ライブラリから目的のフォルダーを簡単に開けます。
フォルダーをライブラリに追加する方法は、次のQ&Aをご覧ください。

Q&A[Windows 8.1/8] ライブラリにフォルダーを追加する方法を教えてください。



6番目の確認項目CD/DVD/BDに保存する

写真や動画、自分で作成したファイルなどはCDやDVD、BD(Blu-ray Disc)に移し、ハードディスクの空き容量を増やします。
また、大切なデータをCDやDVD、BDに保存することで、バックアップの役割にもなり、パソコンに万が一のことが起きた場合に安心です。

重要
CDやDVD、BDにファイルが正常に保存されていることを確認してから、ハードディスクのファイルを削除してください。


ご参考

1番目の項目から6番目の項目を実施しても、ローカルディスク(C:)に十分な空き容量が確保できない場合があります。
その場合は、ハードディスクの領域を再設定し、ローカルディスク(C:)とローカルディスク(D:)の割合を変更して、ローカルディスク(C:)の容量を増やすことができます。

ただし、ハードディスクの領域を再設定すると、ローカルディスク(D:)を含めたハードディスク上のすべてのデータが消去されます。
必要なデータは、CDやDVD、BDなどの外部媒体に必ずバックアップしてから、領域を再設定してください。

ハードディスクの領域を再設定する方法は、次のQ&Aをご覧ください。

Q&Aハードディスクの領域を再設定する方法を教えてください。

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)