このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【2507-5827】更新日:2009年11月28日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

[ハードディスクリカバリ] リカバリ領域を削除してハードディスクの容量を増やす方法を教えてください。(2008年夏モデル〜2009年夏モデル)

対象機種とOS (全て表示) このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 2009年夏モデルDESKPOWER、他・・・
対象OS
  • Windows Vista Home Premium
  • Windows Vista Home Basic
  • Windows Vista Business

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

2008年夏モデル〜2009年夏モデルのFMVパソコンを使っています。
ハードディスクリカバリに使う領域を削除してハードディスクの容量を増やす方法を教えてください。

回答

2008年夏モデル〜2009年夏モデルのFMVパソコンは、リカバリ領域をハードディスクに確保しています(2009年春モデルのFMV-BIBLO LOOX Uシリーズを除く)。
リカバリ領域には、ハードディスクリカバリを実行するために使用するイメージを保存しています。

リカバリ領域を削除することで、ハードディスクの容量を増やせます。


ご注意

2009年夏モデルのFMV-BIBLO LOOX Mシリーズは、リカバリ領域を削除するとリカバリができなくなります。
削除しないでください。

リカバリ領域を削除する手順は、お使いの機種によって異なります。

お使いの機種に応じた案内をご覧ください。

  1. 2008年秋冬モデル〜2009年夏モデル
  2. 2008年夏モデル

2008年秋冬モデル〜2009年夏モデル

リカバリ領域を削除する手順は、次のとおりです。

次の項目を順番に確認してください。

  1. 事前準備
  2. リカバリ領域の削除

事前準備


リカバリ領域を復元するときは、事前にいくつかの準備が必要です。

リカバリディスクセット作成の確認

ご注意

リカバリ領域を削除すると、ハードディスクリカバリを実行できなくなります。
また、リカバリ領域を削除した後にリカバリディスク、またはリカバリディスクセットを作成することもできません。

そのため、リカバリ領域を削除する前に、必ずリカバリディスク、またはリカバリディスクセットを作成してください。


作成する手順は、お使いの機種に応じたQ&Aをご覧ください。

添付ディスクの準備

ご購入時に添付してるディスクを準備します。
お使いの機種に応じて、ディスクが異なります。

  • 2009年春モデル〜2009年夏モデル

    アプリケーションディスク & ユーティリティディスク

  • 2008年秋冬モデル

    アプリケーションディスク2 & ユーティリティディスク
CD/DVDドライブの確認

CD/DVDドライブ搭載していない機種は、パソコンに装着してください。
  • 次の機種をお使いの場合は、モバイルマルチベイにCD/DVDドライブを装着してください。

    • FMV-BIBLO MGシリーズ

  • 次の機種をお使いの場合は、本体にCD/DVDドライブを接続してください。

    • FMV-BIBLO LOOX P / LOOX Uシリーズのカスタムメイドモデル
      (ご購入時にCD/DVDドライブを選択した場合)

  • 次の機種をお使いの場合は、別途CD/DVDドライブが必要です。

    • FMV-BIBLO LOOX Uシリーズ

    • FMV-BIBLO LOOX R / LOOX P / LOOX Uシリーズのカスタムメイドモデル
      (ご購入時にCD/DVDドライブなしを選択した場合)


ご参考

富士通 WEB MARTで当社純正の外付けCD/DVDドライブをご案内しています。

ショッピングページ富士通ショッピングサイト WEB MART (新しいウィンドウで表示)

画面右側の「お取扱商品」欄にある「周辺機器」をクリックし、「富士通純正オプション」の「補助記憶装置」の項目をご覧ください。


    リカバリ領域の削除


    次の手順で起動メニューを表示し、トラブル解決ナビを起動します。
    トラブル解決ナビにあるユーティリティを利用して、リカバリ領域を削除します。

    重要
    FMV-BIBLO LOOX U シリーズをお使いの場合、【F12】キーは次のように操作してください。

    • 【Fn】キーを押しながら、【F12】キーを押します。

    操作手順

    お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

    1. パソコンの電源を切ります。

      アドバイス
      一部の機種では、サポート(Support)ボタンを押すと、起動メニューを表示できます。

      サポートボタンについては、次のQ&Aをご覧ください。

      Q&A起動メニューをワンタッチで表示できるボタンの場所を教えてください。(新しいウィンドウで表示)

      ボタンを押した後に、「起動メニュー」が表示されない場合は、電源を切り、次の手順へ進みます。
      「起動メニュー」が表示された場合は、手順4.へ進みます。

    2. キーボードの【F12】キーの位置を確認します。

    3. パソコンの電源を入れ、「FUJITSU」のロゴ画面の下にメッセージが表示されている間に、【F12】キーを何度か押します。

      「FUJITSU」のロゴ画面


    4. 「起動メニュー」が表示されたら、「アプリケーションディスク & ユーティリティディスク」または、「アプリケーションディスク2 & ユーティリティディスク」をセットし、10秒ほど待ちます。

      アドバイス
      • 「起動メニュー」が表示されない場合は、電源を切り、もう一度、手順3.からやり直します。

      • 「FUJITSU」のロゴ画面が表示されない場合は、パソコンの電源を入れてからすぐに【F12】キーを何度か押すようにします。

    5. キーボードの【↓】キーを押して「CD / DVD Drive」や「CD / DVD」などを選択します。

    6. 【Enter】キーを押し、トラブル解決ナビが表示されるまでしばらく待ちます。

    7. 「トラブル解決ナビ」が表示されます。
      「ユーティリティ」タブをクリックします。

      「ユーティリティ」タブをクリック

    8. 「リカバリ領域の削除」をクリックします。

      「リカバリ領域の削除」をクリック

    9. 「実行」ボタンをクリックします。

      「実行」ボタンをクリック

      重要
      以降の作業は、必ずリカバリディスクセットを作成してから実施してください。

    10. 「リカバリ領域の削除を始める前に、必ず以下をよくお読みください。」と表示されます。
      注意事項の内容をよく読み、同意する場合は、「同意する」をクリックします。

      注意事項を読み「同意する」をクリック

      アドバイス
      「同意する」をクリックできない場合は、注意事項の「▼」ボタンをクリックし、スクロールバーを一番下まで移動してから「同意する」をクリックしてください。

      スクロールバーを一番下まで移動してから「同意する」をクリック

    11. 「次へ」ボタンをクリックします。

      「次へ」ボタンをクリック

    12. 「「実行」をクリックすると、リカバリ領域が削除されます!」と表示されます。
      「実行」ボタンをクリックします。

      「実行」ボタンをクリック

    13. リカバリ領域の削除が開始されます。
      完了するまでしばらく待ちます。

    14. 完了すると、「リカバリ領域の削除が完了しました。」と表示されます。
      「OK」ボタンをクリックします。

      「OK」ボタンをクリック

    15. トラブル解決ナビに戻ります。
      「終了」ボタンをクリックします。

      「終了」ボタンをクリック

    16. 「トラブル解決ナビを終了します。」と表示されます。
      「アプリケーションディスク & ユーティリティディスク」または、「アプリケーションディスク2 & ユーティリティディスク」を取り出します。

    17. 「再起動」ボタンをクリックします。

      「再起動」ボタンをクリック

    18. パソコンが再起動します。
      再起動後、ハードディスクの容量が増えたことを確認します。

    ご参考

    リカバリ領域をハードディスク内に再作成する場合は、次のQ&Aをご覧ください。

    Q&A[ハードディスクリカバリ] 削除したリカバリ領域を復元する方法を教えてください。(2009年春モデル〜2009年夏モデル)(新しいウィンドウで表示)

    Q&A[ハードディスクリカバリ] 削除したリカバリ領域を復元する方法を教えてください。(2008年夏モデル〜2008年秋冬モデル)(新しいウィンドウで表示)



    2008年夏モデル


    リカバリ領域を削除する手順は、次のとおりです。

    次の項目を順番に確認してください。

    1. 事前準備
    2. リカバリ領域の削除

    事前準備


    リカバリ領域を復元するときは、事前にいくつかの準備が必要です。

    リカバリディスクセット作成の確認

    ご注意

    リカバリ領域を削除すると、ハードディスクリカバリを実行できなくなります。
    また、リカバリ領域を削除した後にリカバリディスク、またはリカバリディスクセットを作成することもできません。

    そのため、リカバリ領域を削除する前に、必ずリカバリディスク、またはリカバリディスクセットを作成してください。


    作成する手順は、次のQ&Aをご覧ください。

    Q&A[ハードディスクリカバリ] リカバリディスクを作成する方法を教えてください。(2008年夏モデル〜2008年秋冬モデル)(新しいウィンドウで表示)

    添付ディスクの準備

    ご購入時に添付してるディスクを準備します。
    • アプリケーションディスク2 & ユーティリティディスク
    CD/DVDドライブの確認

    CD/DVDドライブ搭載していない機種は、パソコンに装着してください。

    • 次の機種をお使いの場合は、モバイルマルチベイにCD/DVDドライブを装着してください。

      • FMV-BIBLO MGシリーズ

    • 次の機種をお使いの場合は、本体にCD/DVDドライブを接続してください。

      • FMV-BIBLO LOOX P / LOOX Uシリーズのカスタムメイドモデル
        (ご購入時にCD/DVDドライブを選択した場合)

    • 次の機種をお使いの場合は、別途CD/DVDドライブが必要です。

      • FMV-BIBLO LOOX Uシリーズ

      • FMV-BIBLO LOOX R / LOOX P / LOOX Uシリーズのカスタムメイドモデル
        (ご購入時にCD/DVDドライブなしを選択した場合)


    ご参考

    富士通 WEB MARTで当社純正の外付けCD/DVDドライブをご案内しています。

    ショッピングページ富士通ショッピングサイト WEB MART (新しいウィンドウで表示)

    画面右側の「お取扱商品」欄にある「周辺機器」をクリックし、「富士通純正オプション」の「補助記憶装置」の項目をご覧ください。

      リカバリ領域の削除


      次の手順で起動メニューを表示し、トラブル解決ナビを起動します。
      トラブル解決にあるユーティリティを利用して、リカバリ領域を削除します。


      操作手順

      お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

      1. パソコンの電源を切ります。

      2. キーボードの【F12】キーの位置を確認します。

        アドバイス
        一部の機種ではサポート(Support)ボタンを押すと、起動メニューを表示できます。

        サポートボタンについては、次のQ&Aをご覧ください。

        Q&A起動メニューをワンタッチで表示できるボタンの場所を教えてください。(新しいウィンドウで表示)

        ボタンを押した後に、「起動メニュー」が表示されない場合は、電源を切り、次の手順へ進みます。

        「起動メニュー」が表示された場合は、手順4.へ進みます。

      3. パソコンの電源を入れ、「FUJITSU」のロゴ画面の下にメッセージが表示されている間に、【F12】キーを何度か押します。

        「FUJITSU」のロゴ画面

      4. 「起動メニュー」が表示されたら、「アプリケーションディスク2 & ユーティリティディスク」をセットし、10秒ほど待ちます。

        アドバイス
        • 「起動メニュー」が表示されない場合は、電源を切り、もう一度、手順3.からやり直します。

        • 「FUJITSU」のロゴ画面が表示されない場合は、パソコンの電源を入れてからすぐに【F12】キーを何度か押すようにします。

      5. キーボードの【↓】キーを押して「CD / DVD Drive」や「CD / DVD」などを選択します。

      6. 【Enter】キーを押し、トラブル解決ナビが表示されるまでしばらく待ちます。

      7. 「トラブル解決ナビ」が表示されます。
        「ユーティリティ」タブをクリックします。

        「ユーティリティ」タブをクリック

      8. 「リカバリ領域の削除」をクリックします。

        「リカバリ領域の削除」をクリック

      9. 「実行」ボタンをクリックします。

        「実行」ボタンをクリック

        重要
        以降の作業は、必ずリカバリディスクを作成してから実施してください。

      10. 「リカバリ領域のデータから「リカバリディスク」を作成してありますか?」と表示されます。
        「続行」ボタンをクリックします。

        「続行」ボタンをクリック

      11. 「「実行」をクリックすると、リカバリ領域が削除されます!」と表示されます。
        「実行」ボタンをクリックします・

        「実行」ボタンをクリック

      12. リカバリ領域の削除が開始されます。
        完了するまでしばらく待ちます。

      13. 完了すると、「リカバリ領域の削除が完了しました。」と表示されます。
        「OK」ボタンをクリックします。

        「OK」ボタンをクリック

      14. トラブル解決ナビに戻ります。
        「終了」ボタンをクリックします。

        「終了」ボタンをクリック

      15. 「トラブル解決ナビを終了します。」と表示されます。
        「アプリケーションディスク2 & ユーティリティディスク」を取り出します。

      16. 「再起動」ボタンをクリックします。

        「再起動」ボタンをクリック

      17. パソコンが再起動します。
        再起動後、ハードディスクの容量が増えたことを確認します。

      ご参考

      リカバリ領域をハードディスク内に再作成する場合は、次のQ&Aをご覧ください。

      Q&A[ハードディスクリカバリ] 削除したリカバリ領域を復元する方法を教えてください。(2008年夏モデル〜2008年秋冬モデル)(新しいウィンドウで表示)

      アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

      問題は解決しましたか?
      ご意見など(400文字まで)

      【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
      質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

      このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

      Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

      その他の便利なサービス(有料)