Q&Aナンバー【2611-0404】更新日:2023年1月24日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

ペンメニュー(Windows Ink ワークスペース)について教えてください。

対象機種とOS
対象機種 すべて
対象OS
  • Windows 11
  • Windows 10

このQ&Aのお役立ち度

集計結果は翌日反映されます。

質問

ペンメニュー(Windows Ink ワークスペース)について教えてください。

回答

ペンメニュー(Windows Ink ワークスペース)は、主にペンで利用するアプリをまとめたものです。



ペンメニュー(Windows Ink ワークスペース)は、Snipping Toolや、Microsoft Whiteboardの機能をまとめたものです。
マウス操作でも使用できますが、タッチパネル搭載のパソコンなどで、ペンやタッチ操作で手書きのメモを書いたり、絵を描いたりする場合に便利です。



1番目の確認項目ペンメニュー(Windows Ink ワークスペース)の起動方法

ペンメニュー(Windows Ink ワークスペース)は、タスクバーの端にペン「ペン」のアイコンを表示してから起動します。
アイコンの表示設定は、機種によって異なります。

お使いの機種の項目をクリックし、確認してください。

[+]すべてを開く [-]すべてを閉じる

Windows 11

手順は、次のとおりです。

操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. タスクバーを右クリックし、表示されるメニューから「タスクバーの設定」をクリックします。

    「タスクバーの設定」をクリック

  2. 「タスクバー」が表示されます。
    システム トレイ アイコンに表示されている「ペン」メニューのスイッチをクリックし、「オン」(青色)にします。

    「ペン」のスイッチをクリック

  3. 「ペン」アイコンが表示されます。
    「ペン」アイコンをクリックします。

    「ペン」アイコンをクリック

  4. 「ペンメニュー」が表示されます。

    「ペンメニュー」が表示

Windows 10

手順は、次のとおりです。

操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. タスクバーの何もない部分を右クリックし、表示されるメニューから「Windows Ink ワークスペースボタンを表示」をクリックします。

    タスクバー右クリック→「Windows Ink ワークスペースボタンを表示」をクリック

    アドバイス

    すでに「Windows Ink ワークスペース」アイコンが表示されている場合は、操作は不要です。
    ペンメニュー(Windows Ink ワークスペース)の機能」に進みます。


  2. タスクバーに「Windows Ink ワークスペース」アイコンが表示されます。
    「Windows Ink ワークスペース」アイコンをクリックします。

    「Windows Ink ワークスペース」アイコンをクリック

  3. 「Windows Ink ワークスペース」が表示されます。
    Windowsのバージョンによって、表示される内容が異なります。

    • 「Whiteboard」や「全画面表示の領...」が表示される場合

      「Whiteboard」や「全画面表示の領...」が表示される場合

    • 「付箋」や「スケッチパッド」などが表示される場合

      「Windows Ink ワークスペース」が表示

[+]すべてを開く [-]すべてを閉じる


2番目の確認項目Windows Ink ワークスペースの機能

ペンメニュー(Windows Ink ワークスペース)から起動できるアプリの使い方は、次の項目をクリックしてご覧ください。


[+]すべてを開く [-]すべてを閉じる

Microsoft Whiteboard

Microsoft Whiteboardは、実際のホワイトボードのように、文字や絵を書くことができるアプリです。
また、インターネットを経由して、Microsoft Whiteboardに記載した内容を、遠方の相手にもリアルタイムに共有できます。

Microsoft Whiteboardの詳しい使い方は、次のQ&Aをご覧ください。

Q&AMicrosoft Whiteboardについて教えてください。

アドバイス

Microsoft Whiteboardの詳しい使い方は、次のマイクロソフト社のホームページをご覧ください。

マイクロソフト社
Microsoft Whiteboard
https://products.office.com/ja-jp/microsoft-whiteboard/digital-whiteboard-app

学習&ホワイトボードのヘルプ


「Snipping Tool」、「切り取り&スケッチ」(全画面表示の領域切り取り)

「Snipping Tool」、または「切り取り&スケッチ」は、パソコンに表示されている画面を、画像として取り込むアプリです。
全画面や特定のウィンドウ、領域を自由に選択するなど、必要な部分を取り込めます。

また、取り込んだ画像にコメントなどを書き込むこともできます。

「Snipping Tool」、または「切り取り&スケッチ」の詳しい使い方は、次のQ&Aをご覧ください。

Q&A[Windows 11] Snipping Toolについて教えてください。

Q&A[Windows 10] 切り取り&スケッチについて教えてください。

付箋(Sticky Notes)

付箋(Sticky Notes)は、メモをデスクトップに貼り付けることができるアプリです。
付箋(Sticky Notes)の詳しい使い方は、次のQ&Aをご覧ください。

Q&A付箋(Sticky Notes)について教えてください。

スケッチパッド

スケッチパッドは自由に絵を描く機能です。
マウス操作か、タッチ操作(タッチ対応機種のみ)で絵を描きます。

スケッチパッドを使用する方法は次の通りです。

操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. Windows Ink ワークスペースから「スケッチパッド」をクリックします。

    「スケッチパッド」をクリック

  2. スケッチパッドが表示されます。
    スケッチパッドの右上にあるツールバーを使って絵を描きます。

    スケッチパッド

    アドバイス

    • スケッチパッドを初めて起動すると、サンプルの画像が表示されます。
      必要ない場合は「すべてクリア」をクリックして削除します。

      すべてクリア

    • スケッチパッドを「×」で閉じても、描いた絵はそのままスケッチパッドの画面に残ります。
      以前に描いていた絵が必要ない場合は「すべてクリア」をクリックして削除します。

    • スケッチパッドには、パソコン内に保存してある画像を読み込む機能はありません。

    • タッチ入力で絵を描く場合は、右上のメニューから「タッチによる手書き」をクリックして、タッチ入力を有効にします。

      タッチによる手書き

  3. 絵が完成したら、画面右上の「名前を付けて保存」をクリックします。

    名前を付けて保存

  4. 「名前を付けて保存」が表示されます。
    画像を保存したいフォルダをクリックします。

    画像を保存したいフォルダをクリック

  5. 「保存」ボタンをクリックします。

    「保存」ボタンをクリック

[+]すべてを開く [-]すべてを閉じる

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記チャットサポートやメールサポートをご利用ください。

【チャットサポート】Webチャット・LINEでパソコンの使い方、お困りごとをご相談いただけます!→

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)

オンライン学習サービスFMVまなびナビ

ページの先頭へ