このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【2909-3386】更新日:2012年11月27日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

[かんたんバックアップレスキューLight] データを復元する方法を教えてください。(2011年夏モデル〜2012年夏モデル)

対象機種とOS このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 すべて
対象OS
  • Windows 7

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

2011年夏モデル〜2012年夏モデルの、かんたんバックアップレスキューLightで、バックアップしたデータを復元する方法を教えてください。

回答

2011年夏モデル〜2012年夏モデルの機種向けのQ&Aです。
かんたんバックアップレスキューLightは、2011年夏モデル〜2012年夏モデルの全機種に付属しています。
機種の発表時期は、次のQ&Aで確認できます。

Q&Aパソコンの正式な名称(品名/型名)と、発表時期(○○年×モデル)の確認方法を教えてください。(新しいウィンドウで表示)

かんたんバックアップレスキューLightでバックアップしたデータは、保存先のドライブの「PE_BACKUP」フォルダーに保存されます。
この「PE_BACKUP」フォルダーに保存されているデータを、元の場所に個別にコピーし復元します。

復元する方法は、次のとおりです。


ご注意

  • すべてのデータの保存や復元を保証するものではありません。
    また、著作権保護された映像(デジタル放送の録画番組など)や音楽などは、保存や復元できない場合があります。

  • リカバリ、またはマイリカバリを実行した直後に、かんたんバックアップレスキューLightでバックアップしたデータを復元してください。
    メールのメッセージなどが、ローカルディスク(C:)にあると、バックアップしたデータをコピーしたときに上書きされ、データが消去される可能性があります。


「ピクチャ」や「ドキュメント」などを復元する場合

次の手順で、「PE_BACKUP」フォルダー内のデータを、ローカルディスク(C:)の元の場所にコピーし復元します。

ここでは、例として「ピクチャ」を復元します。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. デスクトップの「コンピューター」をクリックします。

    コンピューター

    アドバイス
    リムーバブルディスクや外付けハードディスクに、データをバックアップしている場合は、パソコンに接続します。

  2. バックアップしたデータを保存しているドライブをクリックします。

    ドライブをクリック

  3. 「PE_BACKUP」フォルダーをクリックします。

    「PE_BACKUP」フォルダーをクリック

  4. 「(年)-(月)-(日)-(連番)」フォルダーをクリックします。

    「(年)-(月)-(日)-(連番)」フォルダーをクリック

    アドバイス
    フォルダー名の、(年)、(月)、(日)には、バックアップした日付が表示されます。

  5. 「Users」フォルダーをクリックします。

    「Users」フォルダーをクリック

  6. 「(アカウント名)」フォルダーをクリックします。

    「(アカウント名)」フォルダーをクリック

  7. コピーするフォルダー(例:「Pictures」フォルダー)を右クリックし、表示されるメニューから「コピー」をクリックします。

    「コピー」をクリック

  8. 「×」ボタンをクリックし、「(アカウント名)」フォルダーを閉じます。

  9. デスクトップのユーザーフォルダーをクリックします。

    例:FMV(ユーザー名)

  10. 「整理」ボタン→「貼り付け」の順にクリックします。

    「貼り付け」をクリック

  11. 「フォルダーの上書きの確認」が表示されます。
    「はい」ボタンをクリックします。

    「はい」ボタンをクリック

    アドバイス
    「この場所には同じ名前のファイルが既にあります。」と表示される場合は、次のいずれかの項目をクリックします。

    • コピーして書き換える
      バックアップしたデータを上書き保存します。

    • コピーしない
      バックアップしたデータはコピーされません。

    • コピーするが両方のファイルを保持する
      バックアップしたデータのファイル名に、「(2)」などが追加されて保存されます。

    この場所には同じ名前のファイルが既にあります。

  12. コピー先のフォルダーをクリックし、データが復元されていることを確認します。

    データが復元されていることを確認


Windows Live メールのメッセージを復元する場合

Windows Live メールのメッセージを復元する方法は、次のとおりです。


Windows Live メールの保存場所を表示する

次の手順で、Windows Live メールの保存場所を表示します。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. 「スタート」ボタン→「すべてのプログラム」→「Windows Live メール」の順にクリックします。

    アドバイス
    「Windows Live Essentials 2011」が表示されるときは、「マイクロソフトの使用条件」をよく読み、同意する場合は「承諾」ボタンをクリックします。
    その後、「ユーザーアカウント」が表示されたら、「はい」ボタンをクリックします。

    Windows Live Essentials 2011

  2. Windows Live メールが起動し、「自分の電子メールアカウントを追加する」が表示されます。
    「キャンセル」ボタンをクリックします。

    「キャンセル」ボタンをクリック

  3. 「Windows Live メール」ボタン→「オプション」→「メール」の順にクリックします。

    「メール」をクリック

  4. 「オプション」が表示されます。
    「詳細設定」タブをクリックします。

    「詳細設定」タブをクリック

  5. 「メンテナンス」ボタンをクリックします。

    「メンテナンス」ボタンをクリック

  6. 「メンテナンス」が表示されます。
    「保存フォルダー」ボタンをクリックします。

    「保存フォルダー」ボタンをクリック

  7. 「保存場所」が表示されます。
    入力欄を右クリックし、表示されるメニューから「すべて選択」をクリックします。

    「すべて選択」をクリック

  8. もう一度、入力欄を右クリックし、表示されるメニューから「コピー」をクリックします。

    「コピー」をクリック

  9. 「×」ボタンをクリックし、「保存場所」を閉じます。

  10. 「×」ボタンをクリックし、「メンテナンス」を閉じます。

  11. 「×」ボタンをクリックし、「オプション」を閉じます。

  12. 「×」ボタンをクリックし、Windows Live メールを終了します。

  13. 「スタート」ボタンをクリックします。

  14. 「プログラムとファイルの検索」欄を右クリックし、表示されるメニューから「貼り付け」をクリックします。

    「貼り付け」をクリック

  15. 【Enter】キーを押します。

  16. 「Windows Live Mail」フォルダーが表示されたことを確認します。

    「Windows Live Mail」フォルダーが表示されたことを確認

アドバイス
「Windows Live Mail」フォルダーは表示したままで、次の項目に進んでください。


バックアップしたデータをコピーする

次の手順で、バックアップしたデータをコピーします。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. デスクトップの「コンピューター」をクリックします。

    コンピューター

    アドバイス
    リムーバブルディスクや外付けハードディスクに、データをバックアップしている場合は、パソコンに接続します。

  2. バックアップしたデータを保存しているドライブをクリックします。

    ドライブをクリック

  3. 「PE_BACKUP」フォルダーをクリックします。

    「PE_BACKUP」フォルダーをクリック

  4. 「(年)-(月)-(日)-(連番)」フォルダーをクリックします。

    「(年)-(月)-(日)-(連番)」フォルダーをクリック

    アドバイス
    フォルダー名の、(年)、(月)、(日)には、バックアップした日付が表示されます。

  5. 「Users」フォルダーをクリックします。

    「Users」フォルダーをクリック

  6. 「(アカウント名)」フォルダーをクリックします。

    「(アカウント名)」フォルダーをクリック

  7. 「AppData」フォルダーをクリックします。

    「AppData」フォルダーをクリック

  8. 「Local」フォルダーをクリックします。

    「Local」フォルダーをクリック

  9. 「Microsoft」フォルダーをクリックします。

    「Microsoft」フォルダーをクリック

  10. 「Windows Live Mail」フォルダーをクリックします。

    「Windows Live Mail」フォルダーをクリック

  11. 「整理」ボタン→「すべて選択」の順にクリックします。

    「すべて選択」をクリック

  12. 「整理」ボタン→「コピー」の順にクリックします。

    「コピー」をクリック

  13. 「×」ボタンをクリックし、「Windows Live Mail」フォルダーを閉じます。

    アドバイス
    「Windows Live メールの保存場所を表示する」で表示した「Windows Live Mail」フォルダーは閉じないでください。

Windows Live メールの保存場所に貼り付ける

次の手順で、Windows Live メールの保存場所にバックアップしたデータを貼り付けます。
その後で、Windows Live メールのメッセージが復元されているかどうかを確認します。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. 「Windows Live メールの保存場所を表示する」で表示した「Windows Live Mail」フォルダーに移動します。

  2. 「整理」ボタン→「貼り付け」の順にクリックします。

    「貼り付け」をクリック

  3. 「フォルダーの上書きの確認」が表示されます。
    「同じ処理を現在の項目すべてに適用」をクリックし、チェックを付けます。

    「同じ処理を現在の項目すべてに適用」にチェックを付ける

  4. 「はい」ボタンをクリックします。

    「はい」ボタンをクリック

  5. コピーが終わったら、「×」ボタンをクリックし、「Windows Live Mail」フォルダーを閉じます。

  6. 「スタート」ボタン→「すべてのプログラム」→「Windows Live メール」の順にクリックします。

  7. Windows Live メールが起動します。
    メッセージが復元されたことを確認します。

    メッセージが復元されたことを確認

    アドバイス
    メールアカウントも同時に復元されます。
    ただし、メールパスワードはセキュリティにより復元されないため、パスワードを入力する必要があります。

  8. 「×」ボタンをクリックし、Windows Live メールを終了します。

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)