このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【3008-1777】更新日:2009年12月18日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

[Internet Explorer 8] コンテンツアドバイザーを有効にする方法を教えてください。

対象機種とOS このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 すべて
対象OS
  • Windows 7
  • WindowsVista
  • Windows XP

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

Internet Explorer 8 でコンテンツアドバイザーを有効にする方法を教えてください。

回答

Internet Explorerのコンテンツアドバイザーとは、暴力やアダルトなど、有害なホームページの表示を制限する機能です。

「暴力」や「言葉」など、カテゴリごとに表示可能な規制レベルを設定したり、特定のホームページの表示を制限したりできます。

重要
コンテンツアドバイザーを有効にし、有害なホームページの表示を制限するには、スーパーバイザーパスワードを設定する必要があります。
スーパーバイザーパスワードを忘れてしまうと、リカバリが必要になる可能性があります。

スーパーバイザーパスワードは、忘れないようにご注意ください。


カテゴリごとに規制レベルを設定する


「暴力」や「言葉」など、カテゴリごとに規制レベルを設定し、カテゴリに該当するホームページの表示を制限します。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. Internet Explorerを起動します。

  2. 「ツール」メニュー→「インターネットオプション」の順にクリックします。

    「ツール」メニュー→「インターネットオプション」の順にクリック

  3. 「インターネットオプション」が表示されます。
    「コンテンツ」タブをクリックします。

    「コンテンツ」タブをクリック

  4. 「コンテンツアドバイザー」の項目にある、「有効にする」ボタンをクリックします。

    「有効にする」ボタンをクリック

    アドバイス
    • 「ユーザーアカウント制御」が表示される場合は、「続行」ボタンをクリックします。

    • 「スーパーバイザーパスワードの入力」が表示された場合は、すでに設定されているスーパーパイザーパスワードを入力し、「OK」ボタンをクリックしてください。

      「スーパーバイザーパスワードの入力」

  5. 「コンテンツアドバイザー」が表示されます。
    「規制」タブをクリックします。

    「規制」タブをクリック

  6. 「カテゴリを選択して、規制レベルを表示する」の一覧から、規制レベルを設定したいカテゴリをクリックします。

    規制レベルを設定したいカテゴリをクリック

    アドバイス
    コンテンツアドバイザーでは、次のカテゴリについて規制レベルを設定できます。

    • ギャンブルの描写
    • タバコの使用の描写
    • ヌード
    • ユーザーの生成した内容
    • 飲酒の描写
    • 恐怖、威嚇などの印象を与える内容
    • 言語
    • 差別または危害を助長する内容または描写
    • 性的な内容
    • 武器の使用の描写
    • 暴力
    • 薬物の使用の描写
    • 幼い子供にとって悪い例が設定された内容

  7. 「つまみを左右にドラッグして、ユーザーが表示できるサイトを指定してください」の項目にある、つまみをドラッグして、規制レベルを変更します。

    つまみをドラッグして、規制レベルを変更

    アドバイス
    • 「ドラッグ」とは、マウスのボタンを押したままマウスを動かし、マウスポインタを目的の場所に移動させる操作です。

    • 左端につまみがある状態が最高の規制レベルです。
      なお、設定できるレベルは、カテゴリによって異なります。
      カテゴリやレベルによって規制される内容は、つまみの下にある「説明」欄を確認してください。

  8. 「全般」タブをクリックします。

    「全般」タブをクリック

  9. 「ユーザーオプション」の項目にある、「規制されていないWebサイトを表示する」をクリックし、チェックを付けます。

    「規制されていないWebサイトを表示する」にチェックを付ける

    アドバイス
    「規制されていないWebサイトを表示する」にチェックを付けないと、安全なホームページも表示されなくなる可能性があります。

  10. 「OK」ボタンをクリックします。

    「OK」ボタンをクリック

  11. 「スーパーバイザーパスワードの設定」が表示されます。
    「パスワード」欄にお好みのパスワードを入力します。

    スーパーバイザーパスワードの設定

    アドバイス
    「スーパーバイザーパスワードの設定」が表示されない場合は、手順16. に進んでください。

  12. 確認のため、「パスワードの確認入力」欄に手順11.と同じパスワードを入力します。

    パスワードの確認入力

  13. パスワードを忘れたときのために、「ヒント」欄にパスワードのヒントをお好みで入力します。

    パスワードのヒントを入力

    重要
    スーパーバイザーパスワードは、コンテンツアドバイザーの設定を変更したり、解除したりするときに必要です。
    スーパーバイザーパスワードは、忘れないようにしてください。

    また、パスワードのヒントはパソコンを使うすべてのユーザーが確認できます。
    簡単にパスワードを推測できないヒントを設定してください。

  14. 「OK」ボタンをクリックします。

    「OK」ボタンをクリック

  15. 「コンテンツアドバイザーが、有効になりました。」と表示されます。
    「OK」ボタンをクリックします。

    「コンテンツアドバイザーが、有効になりました。」

  16. 「インターネットオプション」に戻ります。
    「OK」ボタンをクリックします。

    「OK」ボタンをクリック

  17. 「インターネットオプション」が閉じます。
    「×」ボタンをクリックし、Internet Explorerを終了します。

特定のホームページの表示を許可する、または制限する


特定のホームページを次のようにしたい場合は、コンテンツアドバイザーにホームページのアドレス(URL)を登録して、設定します。

  • 規制レベルに関わらず、特定のホームページを非表示にする

  • 規制レベルに該当する特定のホームページを、例外的に表示する

操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. Internet Explorerを起動します。

  2. 「ツール」メニュー→「インターネットオプション」の順にクリックします。

    「ツール」メニュー→「インターネットオプション」の順にクリック

  3. 「インターネットオプション」が表示されます。
    「コンテンツ」タブをクリックします。

    「コンテンツ」タブをクリック

  4. 「コンテンツアドバイザー」の項目にある、「有効にする」ボタンをクリックします。

    「有効にする」ボタンをクリック

    アドバイス
    • 「ユーザーアカウント制御」が表示される場合は、「続行」ボタンをクリックします。

    • 「スーパーバイザーパスワードの入力」が表示された場合は、すでに設定されているスーパーパイザーパスワードを入力し、「OK」ボタンをクリックしてください。

      「スーパーバイザーパスワードの入力」

  5. 「コンテンツアドバイザー」が表示されます。
    「承認したサイト」タブをクリックします。

    「承認したサイト」タブをクリック

  6. 「次のWebサイトを承認する」欄に、表示を許可したいホームページ、または、表示を制限したいホームページのアドレス(URL)を入力します。

    「次のWebサイトを承認する」欄に、ホームページのアドレス(URL)を入力

  7. 目的に応じて、次のボタンをクリックします。

    • ホームページの表示を許可する場合

      「承認する」ボタン

    • ホームページの表示を制限する場合

      「承認しない」ボタン

    「承認する」ボタン、または、「承認しない」ボタンをクリック

  8. 「承認済みおよび未承認のWebサイトの一覧」の中に、手順6.で入力したURLが登録されたことを確認します。

    「承認済みおよび未承認のWebサイトの一覧」を確認

    アドバイス
    • 「承認する」ボタンをクリックした場合、URLの左側に緑のチェックマークが表示されます。

      表示を許可したホームページのURL

    • 「承認しない」ボタンをクリックした場合、URLの左側に赤の禁止マークが表示されます。

      表示を制限したホームページのURL

  9. 手順6.〜手順8.を繰り返して、表示を許可したい、または、表示を制限したいホームページのアドレス(URL)を登録します。
    登録したいホームページがなければ、次の手順へ進みます。

  10. 登録が終わったら、「全般」タブをクリックします。

    「全般」タブをクリック

  11. 「ユーザーオプション」の項目にある、「規制されていないWebサイトを表示する」をクリックし、チェックを付けます。

    「規制されていないWebサイトを表示する」にチェックを付ける

    アドバイス
    「規制されていないWebサイトを表示する」にチェックを付けないと、安全なホームページも表示されなくなる可能性があります。

  12. 「OK」ボタンをクリックします。

    「OK」ボタンをクリック

  13. 「スーパーバイザーパスワードの設定」が表示されます。
    「パスワード」欄にお好みのパスワードを入力します。

    スーパーバイザーパスワードの設定

    アドバイス
    「スーパーバイザーパスワードの設定」が表示されない場合は、手順18. に進んでください。

  14. 確認のため、「パスワードの確認入力」欄に手順13.と同じパスワードを入力します。

    パスワードの確認入力

  15. パスワードを忘れたときのために、「ヒント」欄にパスワードのヒントをお好みで入力します。

    パスワードのヒントを入力

    重要
    スーパーバイザーパスワードは、コンテンツアドバイザーの設定を変更したり、解除したりするときに必要です。
    スーパーバイザーパスワードは、忘れないようにしてください。

    また、パスワードのヒントはパソコンを使うすべてのユーザーが確認できます。
    簡単にパスワードを推測できないヒントを設定してください。

  16. 「OK」ボタンをクリックします。

    「OK」ボタンをクリック

  17. 「コンテンツアドバイザーが、有効になりました。」と表示されます。
    「OK」ボタンをクリックします。

    「コンテンツアドバイザーが、有効になりました。」

  18. 「インターネットオプション」に戻ります。
    「OK」ボタンをクリックします。

    「OK」ボタンをクリック

  19. 「インターネットオプション」が閉じます。
    「×」ボタンをクリックし、Internet Explorerを終了します。

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)